Save the date! - Indexing Night 2018 ( #インデックス投資ナイト )! (July 7, 2018)

Indexing Night 2018, the longest-running indexing event in Japan, will be held in Tokyo Culture-Culture, Shibuya on July 7, 2018!

インデックス投資ナイト2018ロゴ

This hand-made event run by volunteer committee members is a kind of festival for index investor with fascinating talk and drinks.
I am a member of the committee in this year, too! We are now planning some kind of fun event.

Details such as event contents and ticketing will be announced at the official website. Stay tuned!

*1 This event wii be run by in Japanese.

[2018/04/08 22:33] 講演・セミナーコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

2018年3月末のポートフォリオ

早いもので2018年も3ヶ月が経ちましたね。

順調だった2016年後半からの相場も2018年に入ってから少し変調が見られていますね。当然相場は一本調子で上げ続けることはないでしょう。逆に言えば、下げ続ける相場もないでしょうね。

そんな調整を迎えた相場の私のポートフォリオの公開です。

2018年3月末のポートフォリオは下のようになっています。




>>続きを読む

[2018/04/01 16:02] ポートフォリオコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

SPY25〜米国でのETFの誕生から四半世紀

2018年1月28日、米国ではじめてのETF(上場投資信託)であるSPY(SPDR S&P500 ETF)がアメリカン証券取引所に上場されてから25周年を迎えました。

おめでとうございます!

DSC_0165.jpg


>>続きを読む

[2018/02/18 17:30] ETFコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

2つの視点とぶれないスタンス

2月、立春をすぎてからマーケットが少し騒がしくなってきているみたいですね。

ニュースなどでは「史上最大の下げ幅」「暴落」なんて文字が踊っていますが、実際的には下げ率では5%程度ですし、直近の高値からは10%程度下落している程度なんですよね。

「実額」と「率」。この2つの視点を持っていないと不必要にジタバタしてしまいます。

このあとどういう展開になっていくのかはわかりませんが、短期的にも長期的にもどっしりと構えているのが結果的に良い結果を得られる賢明な投資家なのではないかなと思います。

どんな展開になっても大丈夫なように、一応ポートフォリオを確認しておきたいと思います。

>>続きを読む

[2018/02/12 10:57] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

つみたてNISA設定しました

タイミング投資がイヤという理由であまりうまく使えていなかったNISA。

20d593e5dc1184522fe3839edcb680d7_s_201801051722521d6.jpg

今年からはつみたてNISAがはじまり、タイミング投資の要素が薄れたので受け入れることができました。

>>続きを読む

[2018/01/05 17:29] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

2017年末のyb家の家計チェック

yb家では7月頭と12月末の年2回、家計の棚卸しをしています。

124f1e8ed05f8cd73f9cee5191175064_s.jpg

実額は出しませんが、比率や前年からの変化を見ていきますね。

>>続きを読む

[2018/01/04 13:45] その他お金コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

2017年末のポートフォリオ

2017年はマーケットは順調でしたね。2017年は年央に一度臨時リバランスを実施しましたが、年末のポートフォリオはどうなっているのでしょうか?
見ていきたいと思います。

年末のポートフォリオは以下の通りでした。




>>続きを読む

[2018/01/03 10:53] ポートフォリオコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もブログ「Passiveな投資とActiveな未来」をよろしくお願いいたします。

DSC_0148.jpg

昨年はトランプ問題や、北朝鮮問題などがありましたが、マーケットは気持ちが悪いほど順調な一年でした。
こんな時ほど気を引き締めていかないといけないなと新年のはじめに自分に言い聞かせておきたいと思います。

とは言え、インデックス投資家ができるのは、アセットアロケーションに従ってポートフォリオを保有し続ける事だけですけどね。

>>続きを読む

[2018/01/03 00:04] 交流コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

水瀬ケンイチ著「お金は寝かせて増やしなさい」でインデックス投資に対する心構えを腹落ちさせよう

「心・技・体」

武道などではよく使われる言葉ですよね。

心(精神力)、技(技術)、体(体力)を一つのものと捉えて、鍛えていくものであるというのが元々の意味だと思います。



これって投資でも言えるのではないかなと思っていて、小手先の売り買いのテクニックやリバランスと言った技術だけでも、安定した収入があって余剰分を投資に振り向ける仕組みが作られているという基本的な体力の部分だけでも長期投資はうまくいかず、精神面も整っていないとうまくはいかないんじゃないかと思います。


>>続きを読む

[2017/12/09 11:39] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

つみたてNISAを選択

来年から始まるつみたてNISAを選択するか、現行NISAを選択するか、迷うところですよね。

20d593e5dc1184522fe3839edcb680d7_s.jpg

現行NISAは毎年120万円まで非課税で投資できるものの非課税期間が5年間と比較的短期間である一方、つみたてNISAは毎年40万円まで非課税であるものの非課税期間は20年と長く、一長一短です。

でも、選ばなければなりません。

yb家は結局、来年からつみたてNISAを選択することにしました。

>>続きを読む

[2017/11/29 22:57] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
45歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。