2015年家計チェック

さて、次は家計編です。

世帯可処分所得は2014年に比べて1.9%の増加、支出は6.4%の増加と支出の増加が収入の増加を大きく上回ってしまっています。

世帯収支

2015年は娘が小学6年生ということもあり、教育費(学校外教育費)が大きく増加したのが原因と思われます。
2016年も教育関連費は減りそうにはありませんので、しばらく(大学卒業まで?)はこの水準かもしれません。

その他の費目はあまり変化はありませんでしたね。

なお、世帯可処分所得に占める支出の割合は41%で、残りの59%についてはその殆どが資産運用の積み立てに回っています。

>>続きを読む

[2016/01/02 13:08] その他お金コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

Winter Bonus!!

昨日冬のボーナスが出ました。

143ac0dc855ce816db6ea5113f7f0fd9_s.jpg


今年のボーナスは使いみちは決定済み。使いきりどころか足りないくらいの支出が待ち受けています。おそろしや。

>>続きを読む

[2015/12/05 17:51] その他お金コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

「下流老人」・「老後破産」

「下流老人」や「老後破産」といったフレーズが流行している。

聞くとドキっとするキャッチーなフレーズだし、金融機関などにとっても顧客や潜在顧客に危機感を煽ることができるので使われやすいのだろうと思う。

もちろん晩婚化や住宅・教育の問題、年金の問題などもあり、のほほんとただ暮らしているだけでは「下流老人」「老後破産」のリスクは高いだろうと思う。ただ、われわれ一般市民としては金融機関に煽られて踊らされることなく、冷静に物事に対処すべきだろう。決して金融機関に進められるがまま不用意に投資を開始する必要はないだろうし、ましてや彼らの手数料稼ぎに手を貸してあげる必要もない。

必要なのは冷静さだ。

>>続きを読む

[2015/11/20 20:43] その他お金コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

2014年の家計管理その2

我が家は家計資産を大きく3つに分けています。

ひとつは運用資産。
こちらはリタイア後の資金としてインデックスファンドを用いた国際分散投資によって運用を行っている資産です。

ふたつ目が生活防衛資金。
こちらはフロートしての生活費も含んでいますが、病気や怪我等による休職や失業などの不測の事態の備えとして、また、急な金融市場の下落時の精神的な安定を得るために年間支出の約2年分を目安に確保している資金です。

3つ目が妻名義資金。
こちらは妻が結婚前に貯めたお金で、基本私はアンタッチャブル。定期預金や個人向け国債で保有していて、満期時の次の預け先などのアドバイスのみしている資金です。

>>続きを読む

[2015/01/07 21:44] その他お金コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

2014年の家計管理

yb家の家計管理基本方針は非常にざっくりしていて、

1. 身の丈にあった支出
2. 共働きの間は少ない方の可処分所得の範囲内の支出

の2点を主に心がけています。

2014年のyb家の家計はどうだったでしょうか?

>>続きを読む

[2015/01/05 22:30] その他お金コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

MoneyFowardが良い仕事しています

アカウント・アグリゲーションサービスを展開しているMoney Forward。
私も利用しています。

はじめは新生銀行に複数ある2週間定期預金が正しく取得できなかったり、当然のことながら外国株式には対応していなかったりしていましたが、こまめに問題点の報告と要望を繰り返し、2週間定期はかなり前に、そしてマネックス証券の外国株式にも先週から対応してくださいました!

これで手入力をしなければならないのはBank of Americaの口座くらいになりました。

めっちゃ楽ちんです。

後はもう少し細分化した口座残高の表示があるといいですね〜。
例えばシティバンクなどでは普通預金と外貨預金の合算しか円建てで表示されないですよね。

でももうちょっとです。
応援していますので頑張ってください!Money Forwardさん。

[2013/06/17 20:11] その他お金コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

クレカ

帰国して2週間が経過し、だいぶ落ち着いて来ました。

とは言え、新生銀行、シティバンク以外の銀行を閉め、マネックス証券以外の証券会社を閉め、年会費無料で使わせてもらえているDCのゴールドカード以外の円決裁のクレジットカードを解約して出国しましたので、なかなかこちらも大変です。

銀行は以前のように住信SBIネット銀行を開き、証券会社は楽天証券、SBI証券を開設する予定です。

さて、クレジットカードは・・・

>>続きを読む

[2013/04/15 23:43] その他お金コメント(1)トラックバック(0)URLTOP▲

ボーナスが出ました♪

私の勤務先でも昨日冬のボーナスが支給されました。海外留学中で会社の仕事をしていないのに頂けるのは本当にありがたいことです。

今回から非組合員のボーナスでした。「非組合員になるとボーナス安いよ〜」とずっと脅されていたので覚悟していたのですが、現在は住民税を引かれていないためむしろ少し増えていました。住民税を引かれていたらトントンか微増くらいかなと思います。まあ、業績連動賞与なので業績によって支給額は毎年変わってしまうのですが。

米国はサンクスギビングデー明けの金曜日からがブラックフライデーと呼ばれて、一年で一番のセールを行います。また、ネット通販は翌月曜日からサイバーマンデーセールを行います。

>>続きを読む

[2012/12/07 02:57] その他お金コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

クレジットスコア上がってきたのかな?

現在は渡米直後に申し込んだANA Card USAを使用していますが、米国生活6ヶ月目を過ぎた頃からようやく他のクレジットカード会社からオファーが来るようになって来ました。

まずは新興系クレジットカードのCapitalOneから。こちらは年会費は無料のカードです。こちらやAmazonカードなどはクレジットスコアが低くても作れるカードですね。

次に来たのがCitiのゴールドカード。米シティバンクが発行しているクレジットカードで、それなりの年会費を取ります。

そして最近来たのがAmerican Expressのブルーカード。ご存知の通り信用度はグッと上がりますが、年会費もブルーカードで普通のゴールドカード並み。
もちろんバカ高い年会費を払ってまでステータスを買う気はありませんが、AMEXからオファーが来ると少し自分のクレジットスコアが上がってきたのかなと実感することができますね。

>>続きを読む

[2012/07/08 05:01] その他お金コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

渡米準備(1)

10月から海外留学に行くわけですが、およそ5ヶ月前となり、そろそろ準備を本格的に始めないといけません。

一部はじめているところからご紹介。

・渡米後の生活立ち上げのための資金の手当

>>続きを読む

[2011/04/27 19:05] その他お金コメント(3)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。