マネックスの貸株サービス

先週末ですがマネックス証券からメールが来ました。

「貸株金利 4月は1.0%」

!?何で?と思いましたが、よくみるとジャスダック、マザーズ、ヘラクレス上場銘柄のみ。その他は0.3%でした。
3月は0.55%でしたので、私のようにETFしか持っていない個人投資家には実質的には金利は低下です。

3月は決算期ということもあり、貸株市場に流通する株数が少なくなるため金利が高くなるものと理解していましたので、4月に元に戻るのは当然かもしれませんね。しかも先月はカブコムへの対抗という意味もありましたし・・・。

さて、現物株式(正確にはETF)のリスクに加えマネックス証券へのリスクをさらに負うことで、ETFの信託報酬分を賄い、さらにおつりが来るなど便利に利用させていただいているマネックス証券の貸株サービスですが、個人的な理由で少し再考の必要が出てきました。


>>続きを読む

[2008/03/27 07:54] 資産運用コメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

東証中期経営計画

今朝のモーサテを観ていたら、東証の中期経営計画がニュースになっていました。

なんでも、「東証上場株式の時価総額を2.5倍にすることを目指すほか、ETFの上場数100本を目指す。」とか。

中期的には多少日本の株価があがるということかな?
元のリリース等を見ていないのでわかりませんが、ETF100本の内、海外のインデックスに連動する商品がどの程度上場されるのかも非常に気になるところです。それにしてもETFの拡充は中期的な目標なのですね・・・もっと早期に実現してもらいたいものです。

さて、昨日は業種別ETFの上場日でしたね。
でも取引は非常に閑散としていたようです。あまり取引が少ないと上場廃止になってしまいそうで、そうすると「日本国内ではETFは売れない、だからやめよう」という議論になりかねません。本当に必要とされているETFであれば(例えばTOKやIVV、EEMなど)こんなことは無いのでしょうが・・・。

[2008/03/26 08:10] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

5万アクセス達成

当ブログを書き始めて1年3ヶ月。
昨日延べ5万アクセスを超えました。

はじめは一日十数アクセスで、一時は更新頻度も低くなってしまいブログ継続すら危ぶまれていましたが、次第にアクセス数も上がりここ最近では一日約200アクセスしていただいているようです。それに伴い更新頻度も上がってまいりました。これもひとえにアクセスしてくださっている皆様のおかげと感謝しております。

ありがとうございます。

今後とも自分なりに当ブログを継続して行きたいと思いますので、今後とも皆さま何卒よろしくお願いいたします。

[2008/03/25 08:04] Web・ブログコメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

大人の投資入門を読みました

北村慶氏の「大人の投資入門」を読みました。非常に良い本ですね。



本書の内容を大雑把に言うと、
「老後において公的年金では足りない2,500万円のお金を、私的年金を作ることで賄いましょう。」
というもの。(本当に大雑把過ぎ?)

そして、その私的年金の考え方(公的年金もポートフォリオの一部と考え、私的年金のアセットアロケーションを決める)、決めた各アセットクラス内の商品の選び方(インデックス運用商品VSアクティブ運用商品)、具体的な実行法(毎月の積立と年一回のリバランス)を非常にわかり易く解説して下さっており、インデックス投資初心者にも読みやすい内容となっていると思います。

実際に読んだのは少し前になりますが、本書を読んで踏ん切りがついて最近実行したことがあります。
それは、


>>続きを読む

[2008/03/21 18:01] 書籍紹介コメント(3)トラックバック(1)URLTOP▲

3月後半の積立実行

3月後半の定時積立を実行しました。
今回も購入したのは

インデックスファンドTSP
(積み上がったらETFへリレーします)

トヨタアセットバンガード海外株式
(後々海外ETFへリレーします)

の2本です。

毎月愚直に積み立てていきたいと思います。


>>続きを読む

[2008/03/17 17:47] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

気のせい?

なんか、Nikkei.netトップページのトップ記事の見出し、日経平均12,000円割れ、円急伸一時96円台という見出しからフォントが大きくなってません?

まあ、確かにニュースのインパクトは大きいとは思いますが・・・。

[2008/03/17 12:22] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

STAM グローバルREITインデックスFマネックスでも取扱開始

マネックス証券でも本日3月14日よりSTAM グローバルREITインデックスファンドを取り扱うことがアナウンスされていました。住信さんSTAMシリーズの拡販に本当に精力的ですね。

でもマネックスはグローバルREITだけをつまみ食いしたのですね。
確かにマネックスでは国内株式にはインデックスファンドTSP、外国株にはトヨタアセットバンガード、外国債券には年金積立インデックスF海外債券、国内REITにはMIHAM J-REITインデックスが既にあるので、当然の成り行きなのかもしれませんが、同じインデックスに連動するインデックスファンドにもやはりそれぞれ個性があると思われるので、各アセットクラスに1本ずつというのはどうかと思います。

まあマネックスの姿勢同様、個人投資家としても各証券会社のいいところをつまみ食いしていけばいいのですけどね。

[2008/03/14 12:01] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

ヘッジ目的でお遊びをしてみました-続報

昨日うまくはまったと書いたFXですが、昨日会社から帰ってみるとドル・円のストップロスが約定。更に朝起きてみるとユーロ・円のストップロスが約定と結局は2,000円程度のリターンでポジションクローズとなってしまいました。

今回はロスは出ませんでしたが、展開を全く読めていないと言うことなので再び挑戦することはしないことにします。・・・^^;。

[2008/03/13 12:12] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

ヘッジ目的でお遊びをしてみました

外債の代わりにはならないと言う考えから昨年ポジションを全てクローズしたFXですが、昨日またポジションを持ってしまいました。
昨日買いポジションを持ったのは、ドル・円とユーロ・円の2通貨ペア。それぞれ最小単位の1,000通貨単位です。

なぜポジションを開いたかと言うと、昨日起きたら円高が急激に進んでいたから。・・・だけではなくて、少し先ですが出張でユーロ圏のオーストリアと米国に行くことになったため、為替をヘッジする目的です。それと我が家の資産運用はガマンの相場が最近続いているため、ちょっとストレス発散もしたくて自分のお小遣いを保証金に入れてポジションを持ちました。

起きぬけの朝5時過ぎに101.47円/ドルと155.97円/ユーロに指値を入れて、連続注文で50銭下にストップロス注文を入れておきました。約定後更に円高方向に行ってもこれならまあ1,200円出してちょっと遊んだと言う程度で許せる損失です。

結果はうまくはまって、7時過ぎに両通貨ペアとも約定。ストップロス注文までは円高は進まず、反発。今朝ストップロスのレベルを買レートより上に引き上げて来ました。

たまにはこんなことをしても良いですよね。

[2008/03/12 08:22] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

マネーはこう動くを読みました

藤巻健史氏の「マネーはこう動く」を読みました。



出版されたのはサブプライム問題がくすぶり始めたころ。藤巻さんはやはり持論であります「強いアメリカ株・インフレ誘導を目的とした更なる円安・低金利下、インフレ誘導下での借り入れによる不動産購入のメリット」を展開されており、ご自身もその信念に従って米国株、不動産を買いまくっているようでしたので、藤巻さんが現在どうされているか少し心配ではありますが、長期的に観れば藤巻さんが仰られているような展開もありなのかなあと感じています。(ちなみに最近藤巻氏は新刊「マネーはこう掴む」を出版されています。きっとこの中でその後の展開についてはいろいろと書かれていることでしょう)


>>続きを読む

[2008/03/11 12:07] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

3月前半の積立

2008年3月前半の積立を本日行いました。

定時の買い付けにしては日本株大幅安+円高で良いタイミングで買いを入れられたのではないかと思います。今回購入したファンドは次の二つです。

・インデックスファンドTSP
(100万円程度たまり次第ETF(1306)へリレーします)
・トヨタアセットバンガード海外株式オープン
(そのうち海外ETFへリレー予定)

上げても下げても毎月こつこつと地道に積立てていこうと思います。

[2008/03/03 17:44] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

REIT商品変更

リスク分散のために私はポートフォリオの約2.5%を不動産に投資しています。不動産といってももちろん実物ではなく証券化商品ですが・・・。
今までは不動産に連動する良いファンドが無かったので仕方なくREITの個別銘柄を3銘柄ほど保有していました。しかし、最近STAMシリーズが登場し、内外のREITに連動するインデックスファンドへそれぞれ投資できるようになってきたので、しばらく純資産の推移等を見ていたのですが、今回フィディリティ証券・ジョインベスト証券でも取り扱いが開始されるなど、更に純資産が増加すると思われる環境が整ってきたため、J-REIT個別銘柄への投資分をJ-REITインデックスとグローバルREITインデックスへ振り分けることにし、実行しました。


>>続きを読む

[2008/03/03 12:04] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。