東証 the IR Day

土曜日は東証the IR Dayに行ってきました。

インデックス投資家がなぜIRに?と思われるかもしれませんが、今回のテーマはズバリ

「外国ETF」!

このイベント、東証の方も運用会社の方も沢山きているはずですので、個人インデックス投資家たちの意見を伝えない手はありません。

一般的なETFに関するテーマでの講演は、ファイナンシャルジャーナリストの竹川美奈子さんの「失敗しないETF選び5つのポイント」のみ。でも竹川さんの講演なら人は集まりそうだし、個人投資家の意見をアピールするには絶好かという下心を持って、こちらに参加して参りました。


>>続きを読む

[2008/11/24 08:25] ETFコメント(5)トラックバック(0)URLTOP▲

日経マネーに掲載されました

更新が途絶えていました。読みに来てくださっていた方がた申し訳ありませんでした。かみさんと娘が二人そろってノロかロタウィルスに感染し、家庭は戦場と化していた為大変でした。

さて、今月号から紙面が大幅に刷新された日経マネー1月号の巻頭特集「株安の今、始める 自分(セルフ)年金1億円マニュアル」という仰々しいタイトルの特集にybの実践している家計管理がちょこっとだけ掲載されました。



私の記事は資産運用とは違うお話ですが、ご興味のある方は是非ご覧になってみてください。

また、今月号の特集は家計のスリム化も含め役立つ情報が多いのではないかという印象です。

>>続きを読む

[2008/11/24 07:24] メディア掲載コメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

11月後半の積立

11月後半の積立を行ないました。海外の株式市場もドルもスルスルと値を下げ、相対的に外国株の比率が低下しておりましたので、今回は外国株式クラスの商品のみ購入いたしました。

今回購入した商品は以下のものです。

>>続きを読む

[2008/11/19 21:27] 資産運用の実践コメント(5)トラックバック(0)URLTOP▲

テクニカル分析熱?

個別株投資をしている一部の個人投資家にテクニカル分析を尊ぶ潮流が出て来ているようです。

日経ヴェリタスonloneより引用

個人投資家、テクニカルで巻き返しの機運(08/11/12)

 株式投資の手法の一つである「テクニカル分析」に着目する個人投資家が増えている。企業業績や財務指標から割安と判断して投資した銘柄も歴史的な下げ相場のなかで含み損を抱えているだけに、銘柄選別の考え方を見直したいという機運がにわかに生まれているようだ。証券会社が主催するテクニカル分析セミナーは盛況で、投資手法を一から勉強し直そうという意欲もうかがえる。


テクニカル分析を用いた株式ゲームに集中する個人投資家=8日、大和証券の大和コンファレンスホール

 「買っては下がって損が出る。自分の性格が表れている」――。8日午後、大和証券が開いたテクニカル分析ツールを用いた株式投資ゲームに参加した60代の女性はこう感想を漏らした。保有株が株価の急落で“塩漬け”状態になっているというこの女性は、「テクニカルは難しいけど、本格的に勉強しようと思っている」と足を運んだ動機を話す。

 同証券がテクニカル分析のゲーム大会を併せたセミナーを開いたのは初めて。パソコン上のシミュレーションで売買して資産の増加を競った。さまざまなテクニカル指標の特徴や現物取引と信用取引の違いを体感できる。チャートは実在する過去のデータを使用しているが、ゲームが終わるまでは業種やPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)しかわからない。1回のゲームは1年間(250日)で、ゲームは8分強で終わる。

 大会では持ち高1000万円から始め、データ終了時の金額を競った。1500万円に増やしたという50代の男性は「自分のお金が痛まないからある程度大胆に投資もできた。実際の投資ではテクニカル分析は使い切れていないので、うまく活用して投資成績を持ち直せれば」と期待を示した。

 ゲーム大会を企画したダイレクト企画部推進企画課の長谷川理・上席課長代理は「顧客の投資状況をみると、なんでこの銘柄をこんなタイミングで投資するのかと思わざるを得ない人も散見されるだけに、ゲームを通じてテクニカル分析を身近に感じてもらえれば」と語った。個人の意欲を映し、会場は150人の席が満席となった。

 一方、インターネット上で個人投資家にチャート分析ツールなどを提供するケン・ミレニアム(東京・中央、森田謙一社長)は、7日から31日まで無料体験サービスを始めた。申し込みから30日間、テクニカル指標や過去のチャート実績からみて売買シグナルが出ている銘柄を抽出するソフトが使える。過去の売買履歴を入力するとテクニカル分析上、投資が適正だったかどうかのコンサルティングも受けられるという。

 ケンミレでは、世界大恐慌以来80年ぶりに訪れた歴史的な投資チャンスにあるとみており、速水千秋副社長は「来春に予定していた無料体験期間を急きょ前倒しし、より多くの方にテクニカル分析を体験してもらうことにした」と話す。4日間で5000人を超える申し込みがあり、延べ20万人の参加を見込む。

 株式投資でテクニカル指標への過信は禁物とはいえ、先行き不透明の市場環境だけに、投資の道しるべの一つになりそうだ。




>>続きを読む

[2008/11/13 07:11] 資産運用コメント(4)トラックバック(0)URLTOP▲

定額給付金

麻生さんが追加景気対策として打ち出してしまった、定額給付金という政策。

政策自体の実効性は?ではありますが、言ってしまった以上、引っ込めてしまっては景気にはよりマイナスでしょう。

>>続きを読む

[2008/11/07 18:17] その他お金コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

【余談】こんなファンドあったら・・・

日経 家計プロジェクトの一環でウェブ上で行われているマネー力トレーニングの問題を見ていたら、こんな問題がありました。

●問3[金融]
最近ネット証券会社で投資信託を始めた姉。「ノーロード」の投資信託を見つけた
けど、「ノーロード」ってどういう意味?

1:投資信託を購入するときの手数料(販売手数料)が無料ということ
2:投資信託を保有しているときの費用(信託報酬)が無料ということ



う~ん、2番みたいなファンドあったら嬉しいなあ・・・^^;。

[2008/11/07 18:03] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

楽天証券:外国為替の取引拡大!外貨6通貨と外貨建てMMF4種類の追加&外貨受取サービス開始

既に幾つかのブログで取り上げられていますが、楽天証券が外国為替の取引を11月下旬より拡大するようです。


引用ここから

外国為替の取扱拡大!外貨6通貨と外貨建てMMF4種類の追加&外貨受取サービス開始 (楽天証券)

 

楽天証券では、11月下旬(予定)より外国為替の取扱を拡大し、従来の米ドルに加え、新たに6通貨が定時為替としてお取引可能になります。
また、併せて外貨建てMMFに「ユーロ建てMMF」「カナダドル建てMMF」「オーストラリアドル建てMMF」「ニュージーランドドル建てMMF」を追加いたします。 


通貨外貨預り金 外貨建てMMF外貨入出金
米ドル
ユーロ
オーストラリアドル
ニュージーランドドル
カナダドル
南アフリカランド
トルコリラ


これにより、当社が販売をおこなってきた外国債券の起債通貨のうち以下の4通貨については、利金・償還金の受取りに円貨、外貨預り金、または外貨MMFを指定することが可能となります。

オーストラリアドル(MMFでの受取りも可能)
ニュージーランドドル(MMFでの受取りも可能)
南アフリカランド
トルコリラ

また、外国為替の取扱拡大を記念して手数料割引キャンペーンを実施いたします。詳細は11月下旬(予定)に公開いたします。

引用ここまで



>>続きを読む

[2008/11/07 07:41] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

最終形

1)国内取引所へのMSCIコクサイなど外国株式インデックスに連動するベーシックなETFの上場

もしくは

2)MSCIコクサイなど外国株式インデックスに連動するインデックスファンドの信託報酬がETF並みに下がること

これらがやはり、個人投資家にとってメリットのある外国株式クラス商品の最終的なゴールでしょう。

>>続きを読む

[2008/11/05 19:19] 資産運用コメント(3)トラックバック(0)URLTOP▲

11月前半の積立

歴史に残るであろう2008年10月も終わり、11月に突入しました。ということで、早速11月前半の積立を行ないました。

結局波乱の10月を通過してもアセットアロケーションは大きく目標からずれることはありませんでした。要するにほとんど全ての資産クラスが似たような動きをしたということでしょう。

ということで今回積立てたのは以下のファンドです。

>>続きを読む

[2008/11/04 19:09] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

3連休♪

3連休は皆さまどちらに行かれましたか?

(投資とは全く関係ない話題です)

>>続きを読む

[2008/11/04 18:00] その他コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

今週のワークアウト

今週のワークアウトのメモです。

28日(火)ベンチプレス、腹筋、背筋 各3セット
29日(水)ショルダープレス(フロント、バック)、腹筋 各3セット
30日(木)ベンチプレス、腹筋、背筋 各3セット
31日(土)ランニング(3.57 km、21'26"、5'59" /km)

土曜日の朝はさすがにかなり飲んだ翌日という事で、あまり走れませんでした。

そして土曜日はなぜか酷い下痢に見舞われ、今日もトレーニングはなし。飲み過ぎただけなのか?、何かにあたってしまったのか?ご一緒させて頂いた他の方々は大丈夫だったでしょうか?ちょっと心配だったりします。

[2008/11/02 12:08] ワークアウトコメント(3)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。