第7回持株会売却

昨日(25日)、第7回目の持株会株式の売却を行いました。

以前のエントリーでも書いたように、持株会という器を使って長期で資産形成を試みることは、勤務先の業績悪化時に給料減少のリスク(もしくは失業のリスク)と株価下落のリスクという2重のリスクを背負っているようなものなので、非常に危険な事だと考えています。
そのため持株会は、従業員の拠出額に対して会社が10%拠出してくれる持株会奨励金を目当に加入していて、単元株がたまり次第売却しています。

株式市場が再び軟調になってきている最近ですが、税(持株会奨励金に対する所得税も含む)や売買コストを差し引いたあとの今回のリターンは

>>続きを読む

[2009/02/26 19:51] 資産運用の実践コメント(2)トラックバック(1)URLTOP▲

iPhone 3Gが本体価格実質0円から!

ソフトバンクモバイルが「iPhone for everybodyキャンペーン」として、iPhone 3Gの本体価格の大幅な値下げを行っています。

iPhone 3Gをよりお買い求めやすくし、本体価格が実質0円から利用可能に


main_overview20080609.jpg

iPhone 3G 8GB 実質23,040円→0円
iPhone 3G 16GB 実質34,560円→11,520円

キャンペーン実施期間:2009年2月27日~2009年5月31日

う~ん、これは実にお買い得ですねえ!!
ちょうど今使っている携帯が2年を経過しようとしているので、かなり惹かれます。

でも買っちゃうと毎月の携帯代が高くなっちゃうんですよね~。

[2009/02/25 22:05] Macコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

確定申告しなくちゃです

今年も確定申告の季節がやってきましたね。
・・・ってちょっと遅い?

うちのかみさんが出張続きで娘の世話やら何やらでゆっくり書類作成するひまがなかったのです・・・(^^)ヾ。

でもそろそろちゃんとしないといけませんね。

2008年は金融危機下で海外ETFへのリレーをざっくり行ったので、譲渡損が大幅に発生しており、今年はこいつの繰越控除の申請のみすることになります。この繰越控除も含め確定申告をする事になります。

<2/23 21:25訂正>
とある方からご指摘がありました。

「ブログトップページを見ればアフィリエイト収入が少しでもあるのは明白で、
確定申告をするなら、それも申告しないと脱税になるとのことでした。

サラリーマンで雑所得が20万円以下の場合、
確定申告をしなくてもいいというルールはありますが、そのかた曰く、
確定申告をする場合に除外していいということではないのだそうです。」

正確には税務署に聞く必要があると思いますが、確かにそうです。
完全に雑所得の件、失念しておりました。
不適切な表現をしてしまった事をお詫び申し上げます。

ご指摘くださった方、ありがとうございました。

確か2009年から上場株式等の配当金・分配金とも損益通算できるように税制が変ったと思うので(繰越分と通算できるか未確認)、今年譲渡損の繰越控除申請をしておくことは大切かもです。

さ、今日会社から帰ってきたらやろっと♪

[2009/02/23 08:17] コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

皆さまのお陰で20万アクセス到達いたしました

2007年1月にブログ開設以来、2年1ヶ月で20万アクセスに到達いたしました。

皆さまのアクセスとコメントがブログを書く原動力となっております。ブログを継続できているのも皆さまのお陰と感謝しております。

ありがとうございました。

今後も私なりにブログを継続させていきたいと思いますので、ブログ「Passiveな投資とActiveな未来」ならびに管理人のybを何卒よろしくお願いいたします。

[2009/02/23 08:05] Web・ブログコメント(4)トラックバック(0)URLTOP▲

マネックス証券も投資信託の移管に対応

マネックス証券も証券保管振替機構を通じた投資信託の移管に対応したそうです。

投資信託の移管ができるようになりました(マネックス証券)

これで3大ネット証券が投信の移管に対応しましたね。
入庫に関しての手数料は無料、出庫に関しては1銘柄につき1,050円だそうです。

SBIは移管サービス直後は出庫も無料だった様な記憶がありますが、最近では1,050円徴収するようになったようですので、3大ネット証券は手数料は横並びです。

移管できる投資信託は移管先で取扱いのある投資信託のみになります。(当然ですが・・・)

ひとつの口座に集約すれば税務負担は軽減されますね~。

少しずつでも利便性を上げていってもらいたいですね。切磋琢磨してがんばって下さい!ネット証券さん♪次は海外ETFの特定口座組入れ?

[2009/02/18 21:30] 証券会社コメント(3)トラックバック(0)URLTOP▲

2月後半の積立

16日、17日に2月後半の積立を実施いたしました。2日に分かれたのは単に16日米国市場が休場だったためということ以外、大きな理由はありません。今回はポートフォリオに占める比率が目標から下がっていた、日本株クラスと不動産クラスを積立てました。今回購入した商品は次の通りです。

・インデックスファンドTSP
(残高が積み上がりましたらETFへリレーする予定です)

・STAMグローバルREITインデックスオープン

今後も愚直に積立てていこうと思います。

>>続きを読む

[2009/02/18 19:02] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

日経マネーさんが個人投資家アンケートを実施しています

今年も日経マネーさんが個人投資家アンケートを実施しています。
アンケート回答者から抽選で最大5万円の商品券がもらえるようです。さっそく私も回答しようと思います。

アンケート結果は4月21日発売の日経マネー6月号「個人投資家白書」に掲載される他、今年はアンケート回答者限定で集計結果を閲覧することができるそうです。誌面も楽しみですが、誌面に出てこない面白い傾向があるのかないのか?回答者限定で見られる集計結果のほうも楽しみです。

個人投資家の方はもちろんのこと、「アンケートそのもの」に興味がある方も?参加してみると面白いんじゃないかなと思います。

アンケートのアドレスはこちら
日経マネー個人投資家アンケート

昨年は回答数が多くかつ全部で何問設問があるのか、およそどれくらいの時間がかかるのかわからないという不親切なアンケートでしたが、今回はその点は改善されて、アンケートトップに設問数とおよその回答時間がかかれています。

設問数は依然多いですが、回答中に永遠に続きそうな感覚は覚えなくて済みそうです^^;

以下告知文です。


>>続きを読む

[2009/02/16 19:04] 資産運用コメント(0)トラックバック(1)URLTOP▲

ハナさん動画公開中!

先日告知しましたチャットdeお金の相談室「投資ブログ「複利の威力」のハナさんが内藤忍に直撃 「長期分散投資 なんでも Q&A」」の動画が2月9日からマネキャン受講者限定動画として公開されています。

当日の様子もハナさんのブログで報告されています。
内藤忍さん直撃コーナー収録してきました(複利の威力)

この動画の中で、「よりコストの低いインデックスファンドに乗換えるタイミングはどう考えればいい?」という質問がありました。
つまり、今までトヨタアセットバンガードで積立てていたが、STAMが出てきてその乗り換えをどう考えればいいか?と言う事ですね。


>>続きを読む

[2009/02/15 08:01] 資産運用コメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

S&P ETFコンファレンス2009報告(まとめ)

長々と6回に渡ってお送りした特定投資家向けコンファレンス「S&P ETFコンファレンス2009 ~明日の金融サービスのために~」の報告も今回が最後になります。

前回までの記事:
S&P ETFコンファレンス2009に参加しました
S&P ETFコンファレンス2009報告(その1)
S&P ETFコンファレンス2009報告(その2)
S&P ETFコンファレンス2009報告(その3)
S&P ETFコンファレンス2009報告(その4)
S&P ETFコンファレンス2009報告(その5)

最後にまとめてみたいと思います。



>>続きを読む

[2009/02/14 16:32] 講演・セミナーコメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

S&P ETFコンファレンス2009報告(その5)

前回からのS&P ETFコンファレンスの続きです。

前回までの記事:
S&P ETFコンファレンス2009に参加しました
S&P ETFコンファレンス2009報告(その1)
S&P ETFコンファレンス2009報告(その2)
S&P ETFコンファレンス2009報告(その3)
S&P ETFコンファレンス2009報告(その4)

今回は最後のセッション、パネルディスカッションと質疑応答です。

パネルディスカッションでは、「我が国の投資家動向に見るETFの隆盛」というタイトルで、S&Pの牧野氏を進行役として、楽天証券 新井氏とゴールドマン・サックス証券 橋本氏がパネラーとして答えておりました。楽天の新井氏はリテール(一般投資家向け)の立場から、GS橋本氏は機関投資家向けの立場からのお話をされていました。

順にトピックに沿ってディスカッションの内容を紹介します。(長文です・・・汗)



>>続きを読む

[2009/02/14 07:23] 講演・セミナーコメント(3)トラックバック(0)URLTOP▲

S&P ETFコンファレンス2009報告(その4)

前回に引き続きS&P ETFコンファレンスの続きです。

前回までの記事:
S&P ETFコンファレンス2009に参加しました
S&P ETFコンファレンス2009報告(その1)
S&P ETFコンファレンス2009報告(その2)
S&P ETFコンファレンス2009報告(その3)

その4の今回はiシェアーズ・セッションです。

こちらもハンドアウトがありましたが、版権の関係で転載することはできませんので、講演の要点を書かせていただきます。

「規制緩和で広がる海外ETFの活用法」として、以下の点に関する講演でした。

1)海外機関投資家のETF利用状況
2)規制緩和で広がる日本での海外ETF活用法
3)日本におけるiシェアーズ

順を追って要点をまとめてみます。

>>続きを読む

[2009/02/13 08:00] 講演・セミナーコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

S&P ETFコンファレンス2009報告(その3)

前回に引き続きS&P ETFコンファレンスの続きです。

前回までの記事:
S&P ETFコンファレンス2009に参加しました
S&P ETFコンファレンス2009報告(その1)
S&P ETFコンファレンス2009報告(その2)

今回はステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・セッションです。

やはり、プレゼン資料が配布されたのですが、版権の関係でそのままブログへ掲載する事はできないので、さらっと要約したいと思います。


>>続きを読む

[2009/02/12 19:27] 講演・セミナーコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

S&P ETFコンファレンス2009報告(その2)

前回に引き続きS&P ETFコンファレンスの続きです。

前回までの記事:
S&P ETFコンファレンス2009に参加しました
S&P ETFコンファレンス2009報告(その1)

今回はスタンダード&プアーズセッションです。

プレゼン資料が配布されたのですが、版権の関係でそのままブログへ掲載する事はできないので、私の気になった点に要点を絞って報告したいと思います。

>>続きを読む

[2009/02/11 21:34] 講演・セミナーコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

S&P ETFコンファレンス2009報告(その1)

先日のスタンダード&プアーズ主催のETFコンファレンスに関する続きです。

前回までの記事:
S&P ETFコンファレンス2009に参加しました

今回は東証・斉藤社長の基調講演に関してメモを元に要約していこうと思います。

私自身、先進国の株価指数(MSCI KOKUSAI)に連動する海外ETFが東証に上場されれば、流動性に関しては未知数ではありますが、為替コストを投資家が負う事なく、(恐らく)低コストな信託報酬率にて外国株式クラスへ投資が可能になり、投資家に取って大きなメリットになりうるのではないかと考えています。またMSCI KOKUSAIに連動するETFが上場する事で、同指数に連動するインデックスファンドの信託報酬の低下も期待できます。

今回、東証のETFの取り組みと今後の方向性についての講演をされるという事で、何かある程度具体的な方向性が見えるのではないかと東証・斉藤社長の講演は注目していました。

その期待に応える講演だったのか否か?
要約にいってみましょう!

※当日取ったメモが頼りなので、細かい部分でスピーチの内容とずれている場合があるかもしれませんが、ご了承ください。もし大きく異なっている部分がありましたら、東証の方もしくはモンチさんコメントください。

>>続きを読む

[2009/02/10 16:10] 講演・セミナーコメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

S&P ETFコンファレンス2009に参加しました

2月6日、東京・日本橋にあるマンダリンオリエンタル東京のグランドボールルームにて、インデックスプロバイダーのスタンダード&プアーズ主催で「スタンダード&プアーズ ETFコンファレンス2009 ~明日の金融サービスのために~」が開催されました。

本コンファレンスは機関投資家などの特定投資家向けのコンファレンスということでしたが、楽天証券・外国株式事業部長の新井氏の取りはからいもあり、幸運なことに参加する機会を得ましたので参加してまいりました。

会場となったマンダリンオリエンタル東京は、6つ星ホテルということで我々のような庶民がなかなか利用することができない高級ホテルです。こんな高級ホテルに足を踏み入れるのは初めてでしたが、接客・内装・調度品に至るまで非常に気持ちがいいホテルだという印象でした。やはり6つ星を取るには理由があるようです。

>>続きを読む

[2009/02/09 19:18] 講演・セミナーコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

日経ヴェリタスにインデックス投資ナイトが取り上げられていました

週末に発売された日経ヴェリタスの記事『投信販売「顧客本位」どこへ』のなかで、今年1月10日にお台場で開催されたインデックス投資ナイト!が20行弱ですが取り上げられていました。

記事の主題はタイトルの通り、顧客を無視し、自らの利益のみを考えて売られている投資信託業界の現状とその背景を解説するというもので、販売会社の営業マンの言いなりになって商品を買ってしまう、もしくは買わされてしまう投資家が多く存在し、訴訟にも発展しているとの事。

それに対し記事の後半で新しいムーブメントとして、独立系投信やセゾングローバルバランスファンド、インデックスファンドといった低コストであったり投資家の方を向いた理念を掲げる投信が一部の投資化に人気を集めていることや、ネット証券に物言う投資家がでてきているとして、インデックス投資ナイトの様子が紹介されています。

ご興味のある方は日経ヴェリタスちょっと値が張りますがどうぞ。

[2009/02/09 08:24] メディア掲載コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

ただ今帰りました

今週末は非常に多忙でした。

金曜日は午後「スタンダード&プアーズ ETF コンファレンス2009~明日の金融サービスのために~」に参加した後、18時過ぎから某マネー紙さんと打ち合わせ、その脚で週末の英会話研修へ向かい、土日と英語漬けになり、少し前に自宅に帰ってきました。

ETFコンファレンスなど沢山書きたい話題があるのですが、もうへろへろです。

今週は水曜日がお休みだったりするので、また後日この辺に関しては書いていこうと思います。

おやすみなさい~zzz。

[2009/02/08 23:17] その他コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

生命保険選んでますか?

このブログを読んでくださっている方々は恐らく”コストにはうるさい”インデックス投資家が多いので^^、あまり該当する方はいらっしゃらないとは思いますが、半数近くの方が生命保険は他者と比べずに加入しているそうです。

Nikkei.netより引用

生命保険、45%が「他社と比べず加入」

 生命保険加入者の45%は他の生命保険と比較検討せずに入った――。世界86カ国・地域の生命保険や金融サービスの営業職員ら約3万9000人が加盟する「Million Dollar Round Table(MDRT)」の日本支部はこんな調査結果をまとめた。特に20代ではその割合が5割に達した。同支部は「肉親や保険会社などの勧める商品をそのまま受け入れる人が多いのでは」と見ている。

 生命保険に加入している人の割合は84%で、男性は87%、女性は82%だった。

 調査は2008年12月下旬、20―60代の既婚男女を対象にインターネットを通じて実施し、520人から回答を得た。

引用ここまで



良く言われる人生の三大支出の内のひとつが生命保険です。その生命保険に約半数の方が他社と比較せずに加入しているんですねえ。もう少し詳しく年齢別の傾向なんかも見てみたいところではありますが、記事中にもあるように、コストにうるさそうな20代でも5割に達しているのですね。20代ではあまり生命保険には興味が無く、入っていても親が進める商品に入っているという現状でしょうか?

比較せずに加入しているということは恐らく、外交員のほぼ言うがままに入ってしまっているケースが多いことが想像できます。結果、日本人の過剰保障傾向に繋がっているのだと思います。

生命保険は、商品自体もコスト構造も会社によって千差万別で、自分にあった保障を提供しているか否か、コストはどうかなどしっかり比較すれば、過剰な保障を省いて保険料を低くすることができ、その分消費や投資に回すことができ、現在のもしくは将来の充実した生活のためにお金を使うことができます。

現在ではライフネット生命のようなネット生保も立ち上がってきており、保険料の格差は広がっているのではないでしょうか?

自分に合った保障内容で充実した安心できる生活を送りたいものですね。

>>続きを読む

[2009/02/03 22:11] その他お金コメント(0)トラックバック(1)URLTOP▲

「月光!マネー学」を読みました

田村正之著「月光!マネー学」を読みました。
先日の日経ヴェリタスの取材の際に本を頂き、本書を読む機会を得ました。(ありがとうございました)



本書は、アクティブ投資のようなぎらぎらした投資スタイルとは対照的なインデックス投資を、月の光の静かなやさしさに喩えて月光投資と呼び、個人投資家の資産形成のためには月光投資が良いのですよと、インデックス投資を推す内容となっています。

非常に平易な言い回しで書かれており、非常にわかりやすく、かつ一般的な個人投資家がインデックス運用を行う上で必要十分な内容が盛り込まれています。また、投資家にとって有利にならない商品(仕組み債、変額年金保険など)や社会保障で役立つ知識などもしっかり解説して下さっており、初心者がまず読んで金融リテラシーを身につけるには非常に良い本だと思います。

但し、本書のタイトルのごとく、やさしくインデックス投資を推す内容となっていて、一部個別株投資における指標の使い方などにもページを割いているところが、ややどっちつかずと言った印象を持つのとともに、日経の社員かつ元日経マネー副編集長だからしょうがないのかという気もしてしまいます。

>>続きを読む

[2009/02/02 22:38] 書籍紹介コメント(3)トラックバック(1)URLTOP▲

2月前半の積立

2月前半の積立を本日実施いたしました。今回積立てた商品は以下の通りです。

・インデックスファンドTSP
・STAMグローバル株式インデックスオープン
(上記二つは十分額が積み上がり次第国内外ETFへリレー予定です)

・STAMグローバル債券インデックスオープン

今後も愚直に積立てていこうと思います。

>>続きを読む

[2009/02/02 18:38] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

ハナさんが内藤さんに突撃!

先日のイベント「インデックス投資ナイト!」にて第3部「投信ブロガーが選ぶFund of the year 2008」のプレゼンターをされたブログ「複利の威力」のハナさんが、今度はマネックス・ユニバーシティーの動画に登場し、内藤忍さんと長期投資にまつわるQ&Aをされるそうです。

マネックス内藤さんに教えてもらぉ☆ハナの動画デビュー(複利の威力)
「投資ブログ「複利の威力」のハナさんが内藤忍に直撃 「長期分散投資 なんでも Q&A」」

インデックス投資や長期投資を志向される方々が日々疑問に思っていることを、ズバズバ聞いてくださるとのことですが、ハナさん自身、インデックスとアクティブの狭間や投資性向と貯蓄性向との狭間で揺れていた時期があったと思いますので、そんな観点からの興味深い質問なんかも飛び出すのではないかと期待しています。

日時が2月4日 17:00~17:30となっており、残念ながら私は就業時間内のためライブでは観ることができませんが、後日マネキャン受講者限定動画としてオンデマンドで配信される予定だそうなので、そちらを観る事とします。

ハナさん!ガンガン攻めの質問をお願いします!!!

以下告知文です。詳しくはこちらから。

2009年2月4日開催〔オンライン〕17時00分~
17時30分まで
「投資ブログ「複利の威力」のハナさんが
内藤忍に直撃 「長期分散投資 なんでも Q&A」」

というお題をいただいて
マネックスの内藤さんにいろいろご質問します。

マネックス・ユニバーシティさんのeラーニングサービス
<マネックス・キャンパス>受講者が見られるようです。
ハナも実は受講生ですが、放送された動画も後日配信されるので
忙しい方でもまとめて自分の好きな時に見られるのでオススメです。

マネックス証券さんに口座がある方は無料でのお申込みが可能、
とHPに書いてありました。
マネックス証券さんに口座がない方は有料みたいですけど
お申し込みはこちらから下記HPをご参照ください。

「投資ブログ「複利の威力」のハナさんが内藤忍に直撃 「長期分散投資 なんでも Q&A」」

[2009/02/02 18:05] 資産運用コメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。