4月後半の積み立て

4月後半の積立を行ないました。株式が戻してきているので、今回も半分弱で外国株式クラスと外国債券クラスを積立て、残りの半分強は流動性資産に残しました。
また同時に、今月中旬に入ってきたIVVの分配金をインデックスファンドへ再投資しました。

今回購入した商品は次の通りです。

・STAMグローバル株式インデックス
(こちらは十分に残高が積み上がりましたらETFへリレー予定です)

・STAMグローバル債券インデックス

今後も愚直に積み立てて行きたいと思います。

>>続きを読む

[2009/04/20 19:41] 資産運用の実践コメント(4)トラックバック(0)URLTOP▲

再び梅屋敷で。

最近「しぶとい分散投資術」を出版された日経新聞社の田村正之さんとの気軽なメールのやり取りがきっかけで、

「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬さん
「NightWalker's Investment Blog」のNightWalkerさん
「rennyの備忘録」のrennyさん
「ファンドの海」のイーノ・ジュンイチさん
「ホンネの資産運用セミナー」のゆうきさん
「ある貧乏人の投資信託物語」のFundStoryさん
「小金持ち父さんの資産設計塾(?)」のモンチさん
「カウンターゲーム」のとよぴ~さん
「しぶとい分散投資術」を出版された日経新聞・田村正之さん

そして

経済評論家・山崎元さん!!

という非常に豪華なメンバーと梅屋敷のとあるお店で集まる機会を持つ事ができました。

この金融危機で恐らく皆さんがマイナスの運用成績の中、いろいろな話題で大いに盛り上がり、非常に盛り上がった会となりました。

若干飲み過ぎて、今はうまく書けませんが、話題は多岐に渡り、

・ドルコストは有利なの?不利なの?
・生命保険
などというまじめな話題から、
・インデクス投資家は家庭円満が多い?
というくだけた話題まで、話は尽きないうちに閉店の時間となってしまいました。

遠くから来て下さった、とよぴ~さん、モンチさん、本当にありがとうございました。

今日は風呂に入ってもう寝ます~zzz。

[2009/04/19 00:13] 交流コメント(5)トラックバック(6)URLTOP▲

南ア・ランド債って本当にお得なの?

ある証券会社のサイトを見ていたら、南ア・ランド建ての外国債券が売られていました。

ちゃんと商品を理解して購入していれば全く問題ないのですが、高金利にのみ目が行っていたり、為替手数料について理解せずに購入してしまう方も多い様なので、簡単に記しておこうと思います。
(無論このブログを読んでいる方は、理解しているとは思いますが・・・)

かく言うybの母親も、この証券会社からではありませんが、為替手数料について全く理解せず(というか対面販売の営業マンから十分な説明を受けなかったようです)購入してしまっていました。

さてこの南ア・ランド債の条件ですが、

通貨:南ア・ランド
期間:2年
利率:6.60%(税引前)
為替手数料:購入時20銭、利払い・償還時30銭

となっています。

この債券、税引前6.60%と全世界的に金利が低下している状況では魅力的に感じますね。
では本当に魅力的でしょうか?

>>続きを読む

[2009/04/17 19:06] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

不全の臓器を持った子供は死ぬしかないのでしょうか?

ちょっとショッキングなタイトルで申し訳ありません。

昼休みに食堂でたまたまついていたテレビで見たのですが、間もなく海外に渡航して臓器移植することができなくなるようです。

生命関連企業に勤めているybですが、全く知りませんでした。

これは世界保健機関(WHO)が"原則他国での臓器移植は禁じる"とした通達に各国が対応したために生じた事態だとのこと。

日本では15歳以下の子供からの臓器移植は禁じられているので、先天的に致命的な機能不全の臓器を持って産まれた子は死ぬしかない状況になってしまいます。

現在、国会では臓器移植法の改正案が議論されようとしています、議員さんは政局にうつつをぬかしていないで、本来あるべき姿(A案:脳死になった本人(未成年者の場合は親権者)の同意で年齢に関わらず移植可能とする)に法案を速やかに改正して下さい。

[2009/04/16 22:28] その他コメント(4)トラックバック(0)URLTOP▲

1Qは米国ETF15億ドル流出超

米国ETFの2009年第1四半期は15億ドルの流出だったようです。

U.S. ETFs Produce $1.5 Billion Outflows In Q1

2008年は金融危機による相場環境の悪化、さらにインデックスも超割安と思われる水準に下がっていたので、ETFが見直され1,760億ドルと大きな資金流入になっていたわけですが、 少しずつ環境が変わってきたということでしょうかね?

ちなみに3月単月では、株式ETFと債券ETFともに流入超だったとの事。

この統計を出した会社は、全世界でETFの資産残高は2年以内に1兆ドルに達すると見ているようです。なお、2009年2月末で全世界のETFの残高は5,930億ドルだそうです。

[2009/04/15 18:14] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

キャッシュで運用??

日経のWagaMagaにこんな記事がありました。

「キャッシュで運用」という逆説(WagaMaga)

要約すると、相場は悪いし、デフレ懸念もあるし、当面は現金保有がいいですよ。地合が変わってきたら株や債券に再び投資しては?とアセットローテーション戦略を勧める内容。

確率論的数字に近い人数がこの戦略で成功するかもしれませんが、なかなか難しいでしょうね~。
記事を読むに、著者には”分散”という概念がないのかもしれないな~と感じました。

もちろん、物事は多角的に見る必要があって、逆説的に考える事も必要ではありますが・・・これは

なんだかな~。

>>続きを読む

[2009/04/14 20:54] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

REIT個人投資家アンケート結果

JAPAN-REIT.COMが個人投資家アンケートの結果を発表していました。

J-REIT個人投資家アンケート調査結果(2009年4月)(JAPAN-REIT.COM)

このアンケートは2008年末から2009年初にかけてJAPAN-REIT.COMがウェブサイト上で個人投資家向けに行ったもので、今回で3回目になります。

サブプライム問題をきっかけとした不動産市場、REIT市場の冷え込みにもかかわらず、今年のアンケート回答者数は昨年の約1.8倍の609人と激増しています。昨年はREIT指数に連動するETFが上場されたり、REIT価格の下落による予想分配利回りが高くなっているなどの理由から、個人投資家がREITに関心を持ってきているのかもしれません。

>>続きを読む

[2009/04/14 18:53] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

iShares Kranefuss CEO インタビュー

PEファンドのCVCへ売却が決まったiSharesですが、Indexuniverse.comにiShares CEOのKranefuss氏のインタビューが掲載されていました。

Kranefuss: We're Ready To Stand Alone (Indexuniverse.com 英語)



>>続きを読む

[2009/04/13 21:29] ETFコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

家族でお花見。

週末は家族で家の近くにある大井埠頭中央海浜公園へお花見に行ってきました。

CIMG1246_1.jpg
CIMG1254_1.jpg

>>続きを読む

[2009/04/07 17:57] その他コメント(0)トラックバック(1)URLTOP▲

4月前半の積立

本日、4月前半の積立を実施いたしました。株式の上昇と円安が進行したため、今回の積立額のうち半分弱を流動性資産のMRFにプールし、残りを各資産クラスに割り振りました。出遅れているREITを厚めに積立てています。

今回積立てた商品は以下の通りです。

・インデックスファンドTSP
・STAMグローバル株式インデックス
(これら2ファンドは十分に残高が積み上がり次第ETFへリレーする予定です)

・STAMグローバル債券インデックス
・STAMグローバルREITインデックス

今後も愚直に積立てていこうと思います。

>>続きを読む

[2009/04/06 19:01] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

2009年の1Q末のポートフォリオ

娘が今シーズン2度目のインフルエンザに罹ったり、旅行に行ったりとしばらく更新をお休みしてしまいました。

そうこうしているうちに、2009年の1Qが終わってしまいました。と言う事で、3ヵ月毎にやっているモニタリング&ポートフォリオ公開です。

春なので桜色のグラフにしてみました^^




>>続きを読む

[2009/04/01 21:59] ポートフォリオコメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。