リアロケーションとリレー その3

さて、前回、前々回のリアロケーションとリレーをしたと言うお話の続きです。
今回はリレーについてです。

<参考記事>
リアロケーションとリレー その1
リアロケーションとリレー その2

タイミング的にはMSCIコクサイに連動する日興AMのETFが国内取引所に上場したので、おっ!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、今回のリレーでは日興AMのETFをリレー先にはしませんでした。

日興AMのETFはまだ運用を開始したばかりで、NAVとの乖離や流動性、配当にかかる米国課税を回避するために米現物株をほとんど組み入れない運用手法とこの運用手法による運用の継続性に自信が持てないためです。私は最低1年は様子を見ていくつもりです。

そんなことで、今回も海外ETFへのリレーです。
今回のリレー先としたETFは次の3つです。

>>続きを読む

[2010/02/28 05:22] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

リアロケーションとリレー その2

前回のリアロケーションとリレーの続きです。
今回はリアロケーション後のアセットアロケーションについて。です。

<参考記事>
リアロケーションとリレー その1

具体的には、目標アセットアロケーションは次の表のように設定しました。

>>続きを読む

[2010/02/27 07:19] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

リアロケーションとリレー その1

前々回までのエントリーで、現在のアセットアロケーションの居心地の悪さと方向性について書きました。実はその裏で1月末から2月の半ばにかけてひそかにリアロケーションを実行していました。半年程度悩んだ末の決断です。

<参考記事>
金融危機前後で運用スタイルや考え方に変化はあったのか?

実行したのは前回にも書きました次の点です。

>>続きを読む

[2010/02/26 05:16] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

日経マネーさんが個人投資家アンケートを実施しています

マネー月刊誌・日経マネーが、個人投資家を対象に運用実態に関する恒例の「個人投資家・大アンケート」を実施中です。

昨年は1万人以上の投資家がアンケートに参加したとのことで、非常に大規模なサーベイになりつつあります。

募集期間は2月18日~3月1日深夜まで。アンケート結果は4月21日発売の6月号に掲載予定とのことです。

なお、回答者の中から抽選で1名に5万円、5名に1万円、10名に5000円の商品券、50名に500円の図書カードなどのプレゼント特典があります。

また、昨年同様、今回も回答者全員に、アンケート結果データが全部見られる、という特典付です。

今回のアンケートでは日本株の投資以外にも、全般的な資産形成や家計管理についても重点的調査するつもりのようです。

ybも週末参加しようと思います。みなさまも奮ってご参加ください。

回答はこちらのリンクか下のバナーから。

money_m.jpg

[2010/02/19 05:32] その他コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

金融危機前後で運用スタイルや考え方に変化はあったのか?

一昨日の日経の記事で取り上げられた以外で取材のときにお話したこととしては、「最近の運用成績」と「金融危機から1年半が経過して運用スタイルや考え方に変わったところは?」ということでした。

運用成績に関しては、インデックス投資なので市場なりです。昨年末までの運用成績はこちらのエントリーの通りですし、2010年のYTDでは-4%程度となっていると思います。

運用成績は単なる結果なので脇へおいて置いて、「金融危機前後での運用スタイルや考え方の変化」について書くべきことがあるので、少し。

>>続きを読む

[2010/02/17 05:36] 資産運用コメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

インデックス投信 若者が存在感

先のエントリーでybのコメントが日経新聞に掲載されたことをご報告いたしましたが、昼休みに会社の図書館でやっと私も記事を目にすることができました。結構大きな記事でビックリです。

記事では、年初に行われたインデックス投資ナイト!、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2009、ブログでツールや情報を発信するイーノ・ジュンイチさん、rennyさん水瀬ケンイチさんに代表される投信ブロガー、eMAXISブロガーミーティングなど、低コスト・長期分散投資を標榜した個人が中心になって主導する、個人と運用業界の新しい関係・新しいムーブメントについて取り上げてくださっています。

>>続きを読む

[2010/02/16 19:10] Web・ブログコメント(4)トラックバック(0)URLTOP▲

ybのコメントが日経新聞に掲載されました

2月15日の日経新聞朝刊・家計面にybのコメントが掲載されました。
これは、今年のインデックス投資ナイトにもパネリストとして登壇した日経新聞の田村正之氏から、1月下旬に電話にて取材を受けたものです。

といってもまだ紙面を見ていないので、一緒に紙面に登場した「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬ケンイチさんのエントリーから記事の内容を垣間見ることしかできていませんが・・・。

取材では、コメントにも載っている「どうしてインデックス投資をするようになったのか?インデックス投資をする前はどんな運用をしていたのか?」ということの他、「最近の運用成績」、「金融危機から1年半経って運用スタイルや考え方に変化はあったか?」ということについてお話をさせて頂きました。

さて、どんな記事になっているんだろう?昨日の朝刊だから、コンビニとかではもう売ってないだろうなあ。会社の図書館、学術書はたくさんあるけど、日経新聞は置いてあったかなあ??

[2010/02/16 12:14] メディア掲載コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

ほっとひと安心です

気がつけば2月も後半に入っていました。半月もブログの更新をサボってしまいました。

(いるかどうかはわかりませんが)楽しみにしてくださっていた方々、申し訳ありませんでした。

先月の頭に父に腫瘍が見つかり、後半には組織病理の結果、悪性の腫瘍と判明し、2月の頭からMRIやCT、骨シンチグラフィーで腫瘍の大きさや転移の可能性といった精密検査を受けていました。

ybはその間も普通の生活を送っていましたが、やっぱり父のことが気がかりで、なかなかブログ記事を書く気になれなかったのです。

精密検査の結果、腫瘍はごく小さく、転移もしていない可能性が極めて高いという事でした。あくまでも画像診断での結果なので、ひと月後の摘出手術が終わるまでは本当には安心はできませんが、最悪の事態は免れました。

ほっとひと安心です。

[2010/02/15 21:49] Web・ブログコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。