db x-trackersは世界3位?

先日ドイツ証券の方にdb x-trackersの説明を受けた際、db x-trackersがETF市場で第3位になったとお話していたのが気になったので、BlackRockが出しているETF Landscapeを見てみました。

参照したのは2010年2月末時点でのレポートです。

ETF Landscape, Industry Highlights, End February 2010 (BlackRock)

全世界ではiSharesが本数、残高ともに最も大きく、それぞれ437本、4,719億ドル(47.1%のシェア)となっており、2位がState Street Global Advisors(SSgA)が107本、1,445億ドル(14.4%)、3位が47本、954億ドル(9.5%)でVanguardが続いている。

あれ?db x-trackersどこ行っちゃったのでしょう?
全世界では第4位のLyxorに続いて第5位のようですね。じゃあ、説明の時にあった3位というのは・・・?

>>続きを読む

[2010/03/26 20:47] ETFコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

2009年はアクティブ運用が勝った??

先々週に公表されたStandard & Poor's Indices Versus Active Funds Scorecard(通称SPIVA)によると、2009年は中型株ファンドを除く全てのカテゴリーにおいてアクティブファンドがベンチマークをアウトパフォームしたそうです。(下表)

時価総額ベースの米国株式ファンドの平均パフォーマンス

カテゴリー
1年(%)
3年(%)
5年(%)
S&P 500
26.45
-5.63
0.41
All Large Cap Funds
28.88
-4.78
0.75
S&P Mid Cap 400
37.40
-1.83
3.28
All Mid Cap Funds
38.78
-2.96
2.67
S&P Small Cap 600
25.57
-4.79
1.36
All Small Cap Funds
34.10
-4.08
1.50
S&P Composite 1500
27.23
-5.30
0.69
All Multi Cap Funds
34.31
-3.85
1.93


時価総額ベースの米国債券ファンドの平均的パフォーマンス
カテゴリー
1年(%)
3年(%)
5年(%)
Barclays Long Govt.
-12.8
5.71
5.15
Govt. Long Funds
4.85
6.01
4.67
Barclays 1-3 Yr. Govt.
1.42
5.03
4.18
Govt. Short Funds
8.03
5.58
4.13
Barclays Int. Govt.
-0.33
6.08
4.74
Govt. Int. Funds
5.66
5.74
4.53
Barclays High Yield
58.18
5.97
6.46
High Yield Funds
46.17
3.16
4.51


そして、表を見るとわかるように、株式ファンドでは中型株ファンド以外では2009年単年だけでなく、3年5年リターンでもアクティブファンドの平均がインデックスをアウトパフォームしているようです。

とはいってもこれは平均値の話。

>>続きを読む

[2010/03/24 18:52] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

マルキール氏とエリス氏の共著がダウンロードできます

先日はライフネット生命の岩瀬大輔さんの著書「生命保険のからくり」が無料でダウンロード出来るようになり、国内の各方面で話題になりましたが、米国では昨年末に上梓されたバートン・マルキール氏とチャールズ・エリス氏の共著「The Elements of Investing」が無料でダウンロード出来るようになっています。

<3/26 6:19追記>
コメント欄、矢向さんからの情報です。
現時点で、人気が出てきたのでダウンロードを中止しているようです。今後再開するかは不明です。


An acclaimed new book is yours for free (Vanguard.com)

私も読みましたが、本書は投資の初心者向けに書かれたもので、投資におけるいろはを事細かにいろいろな実例を交えながら解説されています。

投資に興味がある方、英語に興味がある方はダウンロードして読んでみてはいかがでしょうか?

[2010/03/24 06:06] 書籍紹介コメント(4)トラックバック(0)URLTOP▲

日経新聞電子版にインデックス投資記事が

本日よりスタートした日経新聞電子版。初日は私の環境からは非常にサイトが重い状況で、時にタイムアウトになってしまうこともあったり、有料化されて読めない記事があったりですが、そんな中、ライフ・家計面にインデックス投資記事が載りました。

「静かな投資家たち」の台頭 長期分散投資の真実(1)田村正之のマネーエッセイ

年初のインデックス投資ナイト!でもパネラーとして登壇された田村さんの記事です。

基本的には2月15日の日経家計面に載った記事と重複する内容ですが、梅屋敷でのブロガーの交流や、投信裁判の事などが加わっています。

不肖ybも2月15日の日経朝刊同様、記事に登場しています。



>>続きを読む

[2010/03/24 00:23] メディア掲載コメント(1)トラックバック(0)URLTOP▲

シンセティックレプリケーションETFにおける誤解

ETFに詳しい皆さんはご存知かと思いますが、ETFの組成の仕方として、ダイレクト・レプリケーション(株式等の現物拠出による直接複写)とシンセティック・レプリケーション(株式等の現物拠出を伴わない合成複写)の大きく二つがあります。

先日楽天証券から取り扱いが発表されたドイツ証券のdb x-trackersシリーズは、後者のシンセティック・レプリケーション法を取った海外ETFシリーズです。

今まで私は、シンセティック・レプリケーション法で組成されたETFは現物の裏付けが無く、スワップ・カウンターパーティーのクレジットリスクという不必要なリスクを負うので、投資の対象と見てはいませんでした。

しかし、本日、ドイツ証券の方から直接お話を伺うことができ、これは誤解だということが分かりました。

>>続きを読む

[2010/03/24 00:02] ETFコメント(0)トラックバック(1)URLTOP▲

PayPal on iPhoneは電子マネーの新しい広がりか?

iPhoneは海外では、例えばカーシェアリングで借りる車の鍵の役目になるなど、いろいろな用途で使われていて、生活に大分浸透しているようです。そんな中、インターネット決済大手のPayPalのこんな記事がありました。

Nikkei.netより引用

「iPhone」ぶつけて支払い 米ペイパルが新サービス
 全世界で1億5000万人以上の利用者を持つインターネット決済サービスの米ペイパルは16日、アップルの高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」同士を軽くぶつけるだけで、お金のやり取りが可能なサービスを始めたと発表した。アイフォーンをぶつけて情報を交換する技術を手がける米ベンチャー企業と組んだ。

 新サービスで活用したのは米ベンチャーのバンプテクノロジーズ(カリフォルニア州)の技術。アイフォーンの内蔵センサーと位置情報を組み合わせて利用者同士の情報をやりとりする。

 ペイパルの利用者が自分のアイフォーンに送金額を入力し、送金先のアイフォーンと軽くぶつけるだけで、利用者の口座間で送金が完了する。買い物時の支払いやグループで割り勘にする際の集金などに使える。アップルのソフト配信サイト「iチューンズ・ストア」と「アップ・ストア」で、無料アプリの配布を始めた。

引用ここまで

現在電子マネーがこれほど普及している国は、恐らく世界中で香港、シンガポール、そして日本くらいではないかと思います。ヨーロッパなどでも導入はされていますが、これらの国ほど普及していないのが現状のようです。

>>続きを読む

[2010/03/20 05:26] その他コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

保険は最小限でシンプルなものに

先日行ったマネックスのお客様感謝Dayでは、ライフネット生命のブースの前で、社長の出口さんが自ら一生懸命パンフレットを配っているという光景が印象的だった。

それは生命保険会社の所謂「営業活動」とは異なる、何か一種の「社会貢献活動」のように映ったのは私だけではなかったのではないかと思う。

今回、父の入院の件もあり、保険のあり方について考えさせられた。

>>続きを読む

[2010/03/19 05:36] その他お金コメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

ヒヤリ・ハット・・・は通り過ぎてますね(汗)

超ヒヤッとしました。

先週の土曜日は娘の保育園の卒園式。当然一生に一度しかないイベントです、たくさん写真を撮ってきました。
でも、日曜日に私の背後でデジカメをいじっている娘の姿が・・・。

ん???

なんか変?・・・。

>>続きを読む

[2010/03/18 19:34] Macコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

ご心配頂いた方々ありがとうございました

ご心配頂いた方々、ありがとうございました。一昨日、無事に父の手術が終わりました。

術後の経過は良く、昨日から水分の摂取も許可され、ベッドの上にも短時間ですが座われるなど、順調に回復してきています。

このまま順調なら、今日から一般病棟に移って、流動食も始まり、二週間後に退院の予定です。

本当に、皆様ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

[2010/03/18 07:26] その他コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

eMAXIS新興国株式の実質コストは・・・

本日、eMAXISシリーズのブロガーミーティングに参加してきました。

今回のミーティングの議題は、

1.eMAXISのこれまでの振り返りと今後
2.インデックス運用について
3.インデックスファンド・マネージャーの一日

そして

4.運用報告

でした。

いずれも興味深い濃い内容でした。

>>続きを読む

[2010/03/10 23:08] 投資信託コメント(0)トラックバック(2)URLTOP▲

東証のETFが100本に近づいてきました^^;

以前、東証は中期目標としてETFを100本上場させるということを言っていました。

今日、ETFセキュリティーズが運用するコモディティETF群が14本上場承認された事で、随分と数の上では目標に近づいてきました。

3月19日(金)、14種類の商品ETFが新規上場(ETFセキュリティーズ・リミテッド)
~天然ガス、ガソリン、アルミニウム、とうもろこしなどに連動するアジア・太平洋地域初のETF~


東証さんが頑張っているのは分かります。運用会社さんに日参していることも理解しているつもりです。でも、我々個人投資家が欲しいのはもっとコアになるETFであって、個別のコモディティETFじゃないんです・・・。

東証meetsブラックロックって感じで、コラボに期待でしょうか?

[2010/03/09 21:47] ETFコメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

2月VWOへは資金流入、EEMは流出

IndexUniverse.comからです。

February ETF Flows: EEM Bleeds, VWO Exceeds

記事によると、BlackRockに売却されたiShareシリーズのEEMは実に24億ドルの資金流出。一方、競合のVanguardのVWOへは11億ドルの資金流入だったそうです。

依然iShareが運用資産残高ではトップで、その額3,610億ドル。続いてSSgAが1,720億ドルで2位、3位に960億ドルでVanguardが続いています。

現在のEEMの運用資産残高が402億ドルなので、5%強が流出。VWOは残高が339億ドルなので、3%強の流入ですね。この流れは過去1年間続いていますので、このまま行くと間もなく資産残高でVWOがEEMを追い抜くかもしれませんね。

0.27%vs0.72%というコストの差、大きいですからね。

[2010/03/04 22:53] ETFコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

eMAXISシリーズ運用報告

低コストで人気になっているeMAXISシリーズの第一回運用報告が出ました。

同じく低コストで知られるSTAMシリーズでは新興国株式インデックスファンドにおいて、非常にその他の費用が多いという事実が判明し、衝撃が走ったわけですが、eMAXISではどうだったでしょう?

運用報告書はこちらから

>>続きを読む

[2010/03/04 08:38] 投資信託コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

我が家計管理の心得

家計の資産を運用する時に一番重要なことは何だろうと皆さんは考えますか?

私が挙げるとしたら

「家族が笑顔になれる」

こと。これって大切なんじゃないかと思う。

>>続きを読む

[2010/03/02 21:21] その他お金コメント(9)トラックバック(0)URLTOP▲

第13回持株会売却

少し前のことになりますが、2月25日に第13回目の持株会株式売却を行いました。

毎回の事になりますが、二重のリスクを負いたくないので、持株会奨励金目当てで限度額まで掛金を拠出し、単元株がたまり次第、引出して売却というスキームで行っています。

さて、今回のリターンは、

>>続きを読む

[2010/03/02 05:43] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

3月前半の積立

本日、3月前半の積立を行ないました。為替は円高方向に進み、海外の株価も冴えない中、リアロケーション直後ということでポートフォリオ調整の意味合いが強い積立となりました。

今回積立てた商品は次の通りです。

・インデックスファンドTSP
・STAMグローバル株式インデックス
(これらは十分残高が積み上がり次第ETFへリレーする予定です)

・STAMグローバル債券インデックス

今後も愚直に積立てて行きたいと思います。

>>続きを読む

[2010/03/01 18:17] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。