梅屋敷ああ梅屋敷

本日、梅屋敷商店街のランダムウォーカーの水瀬ケンイチさんのお誘いで、インデックス投資家の集いに参加してきました。

今回集まったのは、

NightWalker's Inestment BlogのNightWalkerさん
吊られた男の投資ブログの吊ら男さん
Twitter界の有名人、虫取り小僧さん
我らがインデックス投資の師匠、内藤忍さん
主催者の梅屋敷商店街のランダムウォーカーの水瀬ケンイチさん
そして私

というメンバーでした。

>>続きを読む

[2010/04/25 01:55] 交流コメント(2)トラックバック(1)URLTOP▲

4月後半の積立

本日、4月後半の積立を実施いたしました。

GSのSECによる訴追報道をきっかけに株安が進行したこともあり、一時の株式の過熱感が冷め、ポートフォリオも理想に近くなっていたので、今回は各資産クラスにまんべんなく積立を行ないました。

今回積立てた商品は次の通りです。

・インデックスファンドTSP
・STAMグローバル株式オープン
・STAMグローバル債券オープン
・MHAM MMF

今後も愚直に積立てていきたいと思います。

>>続きを読む

[2010/04/19 18:05] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

長期分散投資の真実(3)

日経新聞電子版・ライフ面に田村正之さんのマネーエッセイの連載3回目が掲載されています。

今回は「金融危機と若手医師の夢 長期分散投資の真実(3)」として、ある若手医師のケースを題材に、分散の効果について前回までと同様にイボットソンのデータを使いながら解説してくださっています。

分散の効果に関しては、データを使って解説してくださっている通りだと思います。
金融危機で一時的に各資産クラスの相関は高まりましたが、分散の効果は死んではいなかったと思いますし、今後も生き続ける可能性が非常に高いと思っています。

>>続きを読む

[2010/04/12 17:55] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

4月前半の積立

本日4月前半の積立を実施いたしました。3月末からの円安・株高により、相対的に日本債券クラスと外国債券クラスの比率が低下していましたので、これら両クラスに積立を行ないました。今回積立てた商品は次の通りです。

・MHAM MMF
・STAMグローバル債券インデックス

ここのところ株式クラスがぐいぐいと上がっています。それはそれで嬉しいのですが、安く買えないなとちょっぴり寂しくもあります。贅沢な悩みなのですけどね・・・。
今後このまま上がっていくのか、それともまた下がってしまうのか。こればっかりは良くわからないので、今後もただ愚直に積立てていこうと思います。

>>続きを読む

[2010/04/05 18:54] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

2010年1Qのポートフォリオ

早いもので2010年も1/4が過ぎてしまいました。
個人的には年始から会社の組織改変に伴う自身の異動などでバタバタしていたため、あっという間だったという感覚です。

1Qはいくつかのブロガーミーティングに参加させていただき、いろいろ勉強させて頂きましたが、それ以外はなかなか投資とブログに時間を割くことが出来ませんでした。ただ、そんな中でも長期分散投資なら必要十分な投資活動をすることができるのがありがたい事です。

さて、1Qも終わったということで、1Q末のポートフォリオを公開いたします。




>>続きを読む

[2010/04/02 20:15] ポートフォリオコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

田村さんのマネーエッセイ二回目が掲載されています

先日のエントリーで紹介しました日経電子版・ライフ-家計欄に掲載されている「点検個人マネー・長期分散投資の真実」の続編がアップされています。

「オンリー・イエスタディ」、米大恐慌の時代 長期分散投資の真実2(上)

本エッセイでは、1929年に起こった米国の大恐慌をサンプルに、配当再投資によって得られる複利効果、分散の効果、ドルコスト平均法の効果をイボットソンのデータを用いて検証しています。

大恐慌時は、これら3つが非常に効果的に効いていて、早期に元本回復できています。
過去によって未来を予測することは危険ではありますが、私はこれらの効果は今後も生き続けるのではないかと思っています。

本記事と同様の内容は、田村正之さんの著書「しぶとい分散投資術」でも紹介されています。
ご興味のある方はこちらもご覧になってみてください。

電子版だと興味のある方しか読んでくれなさそうなのが残念です。
こういう良記事が電子版だけでなく、紙面の方にも掲載されるともう少し資産クラスの分散を意識した投資家が増えてきてくれそうなのに、ちょっと勿体無いかなと思いますね~。

[2010/04/02 06:38] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。