投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2010に投票しました

今日、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2010への投票を済ませました。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010

もう4回目になるのですね。早いものです。

今回は、あのファンドとあのファンドとあのETFの3つに投票しました。

今から結果が楽しみです。

投票をお忘れの投信ブロガーの方はお早めに。投票は11月30日までですよ。

[2010/11/26 12:20] 投資信託コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

インドの退職後資金事情

日本と比べて、米国や欧州などの多くの先進国では退職後の資金を準備するための制度が整っているように思われます。では新興国ではどうなのでしょう?
2週間ほど会社のデスクの背中越しにインド人が座っていたので、仕事とは全く関係ないけれど、インド人がどんな風に退職後の資金を準備しているのか聞いてみました。

要点をまとめるとこんな感じのようです。
(私のつたない英語での会話なので誤解があるかもしれませんがご了承ください)

>>続きを読む

[2010/11/25 18:47] その他お金コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

11月後半の積立

昨日、11月後半の積立を実施しました。
ここ数日は株式は調整ムードとなっていますが、それまでの上昇で株式の比率は相対的に高くなっていましたので、今回は債券クラスに積立を行いました。

今回積み立てた商品は次のとおりです。

・MHAM MMF
(こちらは十分に残高が積み上がりましたら、個人向け国債か定期預金にリレーします)

・STAMグローバル債券インデックスOP

今後も愚直に積み立てていこうと思います。

>>続きを読む

[2010/11/16 05:26] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

東証にてETFに関する意見交換会に参加しました

昨晩は東証にて行われた、ETFに関する意見交換会によばれて行って来ました。

はじめ、ブログに設置しているメールフォーム経由で東証の方から「ご連絡差し上げたいことがあるので、メールください」という旨のメールを頂いたときには、何かブログ記事で東証の逆鱗に触れることを書いてしまったかと冷や汗をかいたのですが、ふたを開けてみると昨夜のETFに関する意見交換会のお誘いでした。

今回は、メディアとして

日本経済新聞社、「しぶとい分散投資術」でもおなじみの田村正之さん
日経マネー編集部の本間健司さん

FPおよびアドバイザーとして

晋陽FPオフィス、「ETF投資入門」を最近上梓されたカン・チュンドさん「カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け!」
ファイナンシャルジャーナリストの竹川美奈子さん「About Money, Today
経済評論家の木村佳子さん「木村佳子のマネープラン
ベーシック・インカム研究所代表の新田ヒカルさん「新田ヒカル公式ブログ

ブロガー代表として

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬ケンイチさん
投資信託のブログ|ファンドの海」のイーノ・ジュンイチさん
乙川乙彦の投資日記」の乙川乙彦さん
そして私。

東証から上場部推進室長の小沼泰之さんのほか6名
日興アセットマネジメントから今井幸英さん、小島雄介さんほか数名

が参加しました。

ブロガーとメディア、FPのカンさん、竹川さんはインデックス投資ナイトなどでもおなじみのメンバーでしたが、今回経済評論家でCFPでもある木村さん、個人投資家へのアドバイザリーもしている新田さんが加わり、かなり白熱した議論が交わされました。

>>続きを読む

[2010/11/05 17:42] 講演・セミナーコメント(2)トラックバック(2)URLTOP▲

リバランスは重要ですね

モーニングスターからです。

分散投資におけるリバランスの効果(モーニングスター)


リバランスがリスクリターンを改善するということは長期国際分散投資家には広まっている知識ですが、その方法については定率乖離をトリガーとした定率リバランスと時間をトリガーとした定時リバランスの二種類あり、その乖離率や時間についても選択肢は無限にあり、どれを採用していいかは難しいところ。

本モーニングスターの記事は、過去のデータに基いて計算されていますので、未来を保証するものではありませんし、またリバランスに伴うコスト(売買コスト、税コストなど)を考慮に入れていないので、特に定時リバランスについてはその頻度について慎重に考える必要はあると思いますが、一定の指標にはなると思います。

なお、本記事では、「コストを考えると、1年ないしは3年に一度の頻度で、また10%以上の乖離があった際にはリバランスをするのがよろしい。」と結論しています。

>>続きを読む

[2010/11/04 17:47] 資産運用コメント(0)トラックバック(1)URLTOP▲

カン・チュンド著「ETF投資入門」

カン・チュンド著の「ETF投資入門」(日経文庫)を読みました。



タイトルに「入門」という言葉が入っていますが、本書は「インデックスとは?」といった基礎的なところから、様々なETFの詳しい仕組みまでしっかりと解説されており、入門者のみならず中級者でも十分に読み応えのある一冊となっていると思います。

私も何点か気づかされたことがありました^^

>>続きを読む

[2010/11/04 17:35] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

11月前半の積立

11月前半の積立を昨日実施しました。国内株式がパッとしない中、日本株クラスを中心に、外国株式クラス、外国債券クラスに積立を実施しました。

今回積立てた商品は次の通りです。

・インデックスファンドTSP
・STAMグローバル株式インデックスOP
(これらは十分残高が積み上がりましたらETFへリレーする予定です)

・STAMグローバル債券インデックスOP

今後も愚直に積立てていきたいと思います。

>>続きを読む

[2010/11/02 17:44] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。