渡米準備~口座整理

金融機関、特にネット専業の金融機関では海外赴任などで非居住者になる場合に口座を閉じなければならない所が多いと以前のエントリーで書きました。

やはり個人で行くわけではなく、会社から派遣される者としては、コンプライアンス遵守で行かなければなりません。

ということで現在口座の整理をしています。

まず行っているのがSBI系金融機関。

>>続きを読む

[2011/07/30 18:50] 留学コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

渡米準備~ビザ面接@米国大使館

ビザ申請の大使館面接に米国大使館へ行ってきました。

溜池山王駅を出て米国大使館へ向かうと、そこには重装備の警官が通行人全員に職務質問していました。

ちょっとびびりながら「あ、あめりか大使館へビザ申請の面接に行きます」とちょっと噛みながら答えるとすんなり通してくれました。特に悪いことをしているわけではありませんが、職質を受けるのはあんまり気持ちのいいものじゃないですね。

さて、いきなり度肝を抜かれたわけですが、8時45分からの予約の所、8時に着いたら既に60名近くの人が列をなしていました。

当日は朝から小雨が降りむしむししていましたが、日が当たらない分楽だったのかもしれません。

先頭の人は何時から並んでいたのだろう???

>>続きを読む

[2011/07/29 10:27] 留学コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

渡米準備~携帯電話

国内の携帯電話はソフトバンクが低価格攻勢を仕掛けたことで大変安い水準になっています。実際、我家の携帯代は夫婦ふたりで月2,600円程度で済んでいます。

一方、米国は日本に比べて携帯電話料金が高く、1回線あたり月30~40ドル程度かかるようです。また、この基本料で契約できるプランは契約期間の縛りがあるようで、更新月以外での解約は多額の違約金を徴収されるキャリアが多いようです。契約期間の縛りがないプランは当然のように基本料はより高額になります。

>>続きを読む

[2011/07/28 18:25] 留学コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

渡米準備~クレジットカード

米国ではクレジットカードかデビットカードでの支払が主流。デビットカードは銀行口座を開けば作成できますが、米ドル決済のクレジットカードは米国でのクレジットヒストリーのない私のような者には作れません。

かといって、円決済のクレジットカードでは為替手数料がバカになりません。ということでやはり米ドル決済のクレジットカードが欲しいわけです。

現時点で日本国内から渡米前に申し込みができる米ドル決済クレジットカードは次のものがあります。

>>続きを読む

[2011/07/27 19:35] 留学コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

渡米準備~生活立ち上げ費用

10月の渡米を控えてビザ申請、引越準備、語学学習とてんやわんやのyb家ですが、お金については生活の立ち上げ費用として3万ドル強を準備しようと動いています。

楽天証券で米ドルをMMFで用意し、それを比較的低コストにシティバンクへ送金、それをシティバンクの外貨キャッシュカードで引出すか、米国で開いた銀行口座に送金しようと考えています。

これにかかるコストは、米ドルMMF購入時(1ドル当たり25銭)、楽天証券→シティバンクへの送金時(25ドル-1,000円)、外貨キャッシュカード(2ドル/1回)、シティバンクからの海外送金(2,500円~4,000円/回)となっています。

海外ATMは一回の引出し限度額が数百ドル、一日の引出し限度も3,000ドル程度に設定されているため、外貨キャッシュカードで3万ドル引出そうとした場合、トータルのATM手数料がバカにならないものになってしまいそうなので、渡米直後、銀行口座開設前は外貨キャッシュカードで引き出し、口座開設後はシティバンクから送金して利用しようと思っています。

現在までに約2万ドルを準備していて、平均購入単価は約80.70円/ドルです。今のレート、79円台前半に比べると若干高く買ってしまいましたね。震災やFRBのQE3をほのめかす発言を予想することはできませんでした。

あと1万ドルですが、これに関しては確定はしていませんが、以前から保有していたApple Inc.株を売却して充てようと考えています。


>>続きを読む

[2011/07/23 00:05] 留学コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

Physical Checkup

先日、渡航前健診を兼ねて、人間ドックを受診してきました。

自宅から近いこともあり、選んだのは2年前と同じ東芝病院。今回は前日まで米国に出張していたので、疲れや何かで数値がおかしくなるのでは?と少し不安ななか受診してきました。

比較的きれいで、受信後の昼食も美味しいですし、割と予約が取りやすいので気に入っています。
(きれい(何が?建物が?ナースが?)という噂の聖路加病院などは胃カメラを付けると数ヶ月待ちになります)

>>続きを読む

[2011/07/20 22:59] 留学コメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

7月後半の積立

本日、7月後半の積立を実施しました。
欧米の財政不安を背景に、円高、海外株安が進みました。それに伴い、私のポートフォリオの外国株式の比率が大きく低下しましたので、今回は外国株式クラスに積立を行ないました。

今回購入した商品は次の通りです。

・STAMグローバル株式インデックスOP
・eMAXIS新興国株式
(これらは十分に残高が積み上がりましたらETFへリレーする予定です)

今後も愚直に積立てていきたいと思います。

>>続きを読む

[2011/07/19 19:09] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

7月前半の積み立て

7月4日と5日の二日で、7月前半の積立を実施しました。二日に分けたのは7月4日が米国独立記念日で取引不可日のファンドがあったためで、大きな理由はありません。

欧州の信用不安はまだ根強く残っているものの、6月後半から国内外ともに株式相場は堅調でした。そんな中、私のポートフォリオの株式比率も高まっていましたので、今回は債券クラスを中心に積立を実施しました。

今回購入した商品は次の通りです。

・MHAM MMF
(こちらは十分に残高が積み上がりましたら個人向け国債(10年変動)に切り替える予定です)

・STAMグローバル債券インデックスOP

・STAMグローバルREITインデックス

・STAM J-REITインデックスOP

今後も愚直に積立てていきたいと思います。

>>続きを読む

[2011/07/07 12:54] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

6月末のポートフォリオ

少し遅くなってしまいましたが、6月末の(正確には7月1日)のポートフォリオです。




目標アセットアロケーションがこの様になっています。

>>続きを読む

[2011/07/07 07:42] ポートフォリオコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。