2011年の家計状況

さて、昨年10月より海外赴任となり、ドル建ての収支が発生していることで億劫になって集計をサボっていた家計簿ですが、5ヶ月を経てやっと集計をしました。

渡米に際しての費用は多くの部分が会社の経費で落ちますが家電製品や車などは落ちないので、昨年の年間支出としては大幅に増加しました。比率にすると49%の増加です。結婚して12年が経過し、結婚した際に購入した家電製品は悪くなってきていたので、この際に買い換えた(新品を変圧器を介して米国で使用しています)のもありますし、妻の米国での通勤に必要なことから中古車を購入しました。

もともとそれほど支出の多くない家計でしたので、十数万円分の家電と150万円程度の車の購入は家計支出を大きく押し上げたというわけです。

ただ、これら臨時支出を除くと支出はそれほど多くなっていないので、3ヶ月の米国生活分を含んでいるにもかかわらず、それなりに支出をコントロールできているのではないかと思っています。このまま上手にコントロールしていけたらと思います。


>>続きを読む

[2012/02/25 08:39] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

ブログ5周年。すっかり忘れていました・・・

なんだか1月中旬頃から忙しくなっていて、すっかり忘れていましたが、ブログ「Passiveな投資とActiveな未来」をスタートしてから今年の1月で5年が経過していました。

思えばブログをスタートした2007年は徐々にサブプライムローン問題がクローズアップされ始め、夏から下落相場入り、翌年秋の金融危機、欧州の債務問題、震災など、金融だけに限らず、よくもまあこんなに起きたものだと思うくらいに沢山の事が起きました。

こんなに沢山の事が起き、金融資産は大きく目減りしたにもかかわらず、平常心でいられるのは、投資とブログを通じて知り合えた方々とのつながりが大きいのではないかと思っています。

本当に貴重な出会いをありがとうございます&これからもよろしくお願いします。

また、多分、しっかりアセットアロケーションしていなかったり、長期の視点で投資を行なっていなかったら、市場からもブログからも退場していたでしょう。

その点では投資への導入段階で読ませていただいた書籍のおかげと思っております。内藤忍さん、山崎元さん、カン・チュンドさん、バートン・マルキールさん、チャールズ・エリスさんに感謝いたします。

さて、せっかく5周年なので、今まで公開していなかったグラフをちょっとだけ公開してみようかと思います。
そのグラフとは・・・

>>続きを読む

[2012/02/24 00:28] Web・ブログコメント(3)トラックバック(0)URLTOP▲

投資を始めようと考えている人へ、ご参考まで

先日、Facebookで十数年(あれ?サバ読んでるかな?20数年かも)ぶりに繋がった高校時代の友人から、投資を始めたいという相談を受けました。

私はこのような相談が来ると、たいていはこう言います。

「まずは、『ほったらかし投資術』山崎元・水瀬ケンイチ著、『忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術』カン・チュンド著、『ウォール街のランダム・ウォーカー』バートン・マルキール著、『敗者のゲーム』チャールズ・エリス著をとりあえず暇な時に図書館ででも借りて読んでみて。」と。

本を読んでもらったあと、インデックス投資に興味があるようだったら、こう続けます。


>>続きを読む

[2012/02/23 00:31] 資産運用コメント(3)トラックバック(0)URLTOP▲

初ボストンスキー

ヨーロッパとは対照的に、本当に"Where is Winter?"と言いたくなる暖かな気候が続いているボストン。暖かさに不安を覚えながらも先日スキーに行って来ました!

IMG_0101.jpg

行ってきたのは、小規模ながらケンブリッジの我が家から来るまで30分強で行けるお手軽スキー場、Nashoba Valley Ski Area。

到着までは雪一つ見当たらないので、運転していて不安になりましたが、ゲレンデは降雪機がほぼ24時間稼働で雪を降らせているのでコンディションは悪くありませんでした。

逆に、春スキーのような暖かさの中、踏めばギュギュギュッと音がするパウダーに近い雪の中を滑ることができるというなかなか有り難い感じでした。

>>続きを読む

[2012/02/22 02:30] 留学コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

日経マネー個人投資家アンケート今年も開催です

日経マネーさんからアンケート告知のお願いです。

私も2007年頃より回答をさせていただいており、現在では1万人を超える大きなアンケートになっています。
また、アンケートの回答が応募者に公開されるのも特徴ですね。誌面に出てこない数字も見れて面白いです。今年も公開あるのかなあ?
締め切りは2月20日深夜までとなっています。

回答者の中から抽選でプレゼントも当たるそうですので、みなさんも張り切って応募してみては?

以下、告知文です。

<5万円の商品券が当たる!日経マネーアンケート募集中>
マネー月刊誌・日経マネーが、個人投資家を対象に運用実態に関するアンケート調査を実施中です。募集期間は2月10日~2月20日深夜まで。回答者の中から抽選で1名に5万円、5名に1万円、10名に5000円の商品券、50名に500円の図書カードなどをプレゼント。ご回答はこちらから。

https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/R015693JN.html

[2012/02/12 00:51] その他コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

Super Bowl Sunday

さて、昨日はSuper Bowlでした。
応援していた地元New England Patriotsは残念ながら負けてしまいましたが、Super BowlといえばCMとハーフタイムショーもまたひとつの楽しみ。

Super BowlのCMは30秒で約$3.5Mととんでもなく高額です。そんな高額なCMを出していたのは主に自動車メーカー、コカコーラやペプシ、バドワイザーと言った飲料メーカー、高級ブランドでしたが、そんな中金融機関でCMをだしていたのが、1st Bankという銀行と証券ブローカーのE*tradeでした。

こんな所に大枚をはたくよりかは手数料を抑えて欲しいと思ってしまうのがインデックスブロガーの性なのでした。

>>続きを読む

[2012/02/07 12:56] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

Bogle氏、金融博物館で賞賛を受ける

1月31日(火)、ウォール街にある金融博物館でJack Bogle氏の功績を称えるイベントが開かれた模様です。

At Bogle Event, Musings on Profit Motive, Fiduciary Responsibility

Bogle氏はPrinceton大に在籍中の1951年に投稿した論文で、高すぎる手数料について触れ、ファンドは投資家のためにあるべきだと主張し、以来、ファンドのコスト削減について真剣に取り組み、Vanguard社創設に結びつけました。

Vanguardから1975年に最初に出されたインデックスファンドは、当初は「Bogleの愚行」と罵られていたと言われています。
何時の世でもいくら正しいことだとしても新しいことを始める際には、なかなか認めてもらえないものですね。

しかし、その困難を乗り越えて数十年後にはVanguard 500 index fund(VFINX)は1,000億ドルの資産残高になっています。Bogleは正にインデックスファンドの生みの親と呼ぶのがふさわしいと思われます。


>>続きを読む

[2012/02/05 13:15] 投資信託コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

渡米前後の収支の変化

渡米してから4ヶ月が経ちました。最初の2ヶ月程は車を買ったり、家具を買ったりと臨時支出が多かったのですが、3ヶ月目からは臨時支出も少なくなり、安定してきました。

安定してきたところで渡米前後の収支を見てみました。(実額は公表しませんのであしからず)
なお、ドル建て収入の計算には当該月の月間高値を、支出の計算には月間安値を用いましたので、収入は少なめに、支出は多めに計算されています。

まずは収入から。私の収入は、赴任前は基本給+裁量労働手当+住宅手当+子ども手当から成っていましたが、海外赴任となり海外赴任手当なるものが追加で支給され、住宅は借り上げ社宅扱いになりましたが、裁量労働手当と住宅手当がなくなりました。これにより差し引き約10%の増加。一方、1月中旬まで妻は休職していたので、その間の給与はゼロ。家計収入としては約3割減と大きく減少しました。

>>続きを読む

[2012/02/03 12:20] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

またまたスケートに。

日曜日は家族ともう一人金沢からボストン大に留学に来られている女性の4人でボストンコモンの中にあるFrog Pond Iceskate Rinkでスケートを楽しみました。

ボストンでは冬のアクティビティとしてアイススケートはとてもポピュラーなようで、いろいろなところにスケートリンクがあります。ハーバード内にもちっちゃなスケートリンクがあったりします。

娘はニューヨークに続いてスケート2回目。どうかな~と見ていると、はじめはまた壁にしがみつきながら一生懸命ひよこ歩きをしていましたが、10分もすると感覚を思い出したのか、ニューヨークでした時の最後くらいになり、その数分後にはどんどん上達し、もちろんまだうまくはありませんが、ひよこ歩きと言うよりは、滑っているという感じになりました。

こうなると本人はとても面白くなって、ポジティブループが回りだし、どんどん滑り、どんどん転び、どんどん上手になっていきました。

今週の木曜日は学校の課外授業でスケートしに行くようですし、きっともっと好きになって帰ってくるでしょうね。

子供は本当に覚えるのが早いです。

再来週に計画しているスキーもいいイントロダクションができるといいのですが・・・。

[2012/02/02 02:05] 留学コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

2012年1月末のポートフォリオ

先程はタイトルだけ入れて本文書かずに誤って公開してしまって申し訳ありません。

さてこちらが本番。2012年1月末時点でのポートフォリオ公開です。
1月末時点では下のようになっていました。




>>続きを読む

[2012/02/01 08:49] ポートフォリオコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。