FC2ブログ

Welcome to my blog

Passiveな投資とActiveな未来

ヘッジファンドのリターンはもう上がらない?

告白します。実は私、国際分散投資をはじめた当初の2006年頃からの数年間、オルタナティブアセットクラスとして、ヘッジファンドを少額ながら保有していました。(正確にはファンドオブヘッジファンズ、昔からの読者さんは知っている方もいるかもしれませんね)当時はまだ勉強が足りず、ヘッジファンドという「絶対収益をあげることを目標に運用する」ファンドに対し幻想を抱いていたわけです。当時、海外年金基金がヘッジファンド...

投資信託は頻繁に売り買いする物ではありません

先日「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」で、投資信託の平均保有年数の短縮化が顕著だという記事がありました。他の投資家の投資スタイルをとやかくいうつもりはありませんが、「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」でも指摘しているように、投資信託は短期間の保有に向いた商品ではありません。これを裏付けるひとつのデータとして、投資家が実際に受け取るリターンである投資家リターンと、ファンドそのものが上げているリ...

優良なファンドを事前に見分けることは難しいです

株式市場にしても債券市場にしても、市場は当然ながら市場参加者によって形成されています。参加者は個人もいますし、ファンドのような投資家も含まれます。TOPIXや日経平均といった市場平均(インデックス)は市場参加者の平均ですので、インデックスを上回るリターンをあげられる市場参加者もいれば下回ってしまう参加者もいます。まあこれは当然ですね。インデックスを上回る成績をおさめられるファンドを買えば、インデックス...

2013年1月末のポートフォリオ

2013年1月末のポートフォリオ公開です。昨年末から株高・円安が続いた1月でしたが、私のポートフォリオはこのようになっております。by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー...

外国債券クラスは必要?不要?私は・・・

私は海外赴任前から外国債券クラス不要論に傾いていますが、決め手が無いためにスタンスが固まっておらず、外国債券クラスの商品を未だに保有しています。ここに来て、相互リンク先の水瀬ケンイチさんやNightWalkerさんが外国債券クラスは不要との立場を明確にされていたりしますが、私自身はこの海外赴任期間中に外国債券クラスに対するスタンスを固めようと思っておりました。さて私は、経済評論家の山崎元さんが主張されている...