インデックス投資を開始してまもなく10年。FP2級を取って。

2007年夏ごろからはサブプライムローン問題が顕在化してきました。とはいえ、サブプライムローン問題が発端になって2008年の金融危機に発展するとはこの当時予想はしていませんでした。

通勤時間が長くなったのを利用して、FP2級の試験勉強をしたり、マルキールの「ウォール街のランダム・ウォーカー」の英語原著を読んでみたり。



FP2級も2008年の頭の試験で無事合格し、資産運用以外のお金に関する知識も仕入れました。


>>続きを読む

[2015/06/29 11:13] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

インデックス投資を開始してまもなく10年。投資はシンプルに。

2005年末から2007年末頃までかけて徐々に預貯金をポートフォリオに組み入れようと考えていた私は、2007年に入っても予定通り通常の積立に加えて組み入れを行ってきました。

2007年には転勤になり、勤務地が変わりました。転勤になり投資に割ける時間がやや少なくなってしまっていましたが、そのような状況でも大きな手間にならず投資活動を継続できるインデックス投資は私に合った投資法だなと実感し始めたのもこの頃だったように記憶しています。

2006年ごろはまだアクティブファンドや高コスト商品を保有していましたが、2007年ごろからは徐々に整理を始めました。


>>続きを読む

[2015/06/26 17:44] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

インデックス投資を開始してまもなく10年。ブログの効果。

2006年後半ごろからは「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」や「NightWalker’s Investment Blog」、「rennyの備忘録」、「ホンネの資産運用セミナー」、「ある貧乏人の投資信託物語」、「ファンドの海」、「投信で手堅くlay−up!」と言った老舗インデックス投資ブログを読み始め、同じようなことを考え、私より先行している人がいることを知り、自分の知識の補充に大いに利用させていただきました。

同時に、まだまだ非常にマイナーなインデックス投資の投資環境を自分たちで良くしたいと思うようになり、2007年初めに当ブログを立上げ、情報発信を試みはじめました。もちろん私のブログは諸先輩方のブログに比べると小さく、外への影響力も小さいものではありますが・・・。


>>続きを読む

[2015/06/23 20:38] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

ゼロクーポン債売却。2016年税制改正対応と外国債券不要論

本日、外貨建てゼロクーポン債を全て売却しました。

来年から外国債券と外貨MMFなどに関する税制が改正になり、来年以降の売却では税負担が大きく増加することが予想されるためです。

>>続きを読む

[2015/06/22 21:25] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

インデックス投資を開始してまもなく10年。余剰資金の組入れは一括?分割?

積立を開始するとした判断が正しかったか否かは置いておいて、結婚してから徐々に貯まっていた預貯金を2005年末頃より徐々にポートフォリオに組み入れていきました。

一括積立

山崎元さんに言わせれば、機会損失になるので手持ちの資金をポートフォリオに組み入れるなら一括で組み入れた方がよいということになると思いますが、10万円で始めてスタンスも確立していない人間が一括で資金をポートフォリオに組み入れ、下落相場がいきなり訪れたら恐らくマーケットから退場してしまったのではないかと思います。

現に、まださほど大きな投資額になってはいなかった頃に訪れた2006年春のライブドアショックですら、まだ慣れていない私にとっては厳しいものでしたから。


>>続きを読む

[2015/06/20 23:05] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

インデックス投資を開始してまもなく10年。マルキールとエリスとの出会い。

この認識を打ち砕き、目を覚まさせてくれたのが2006年頭から読み始めたチャールズ・エリスの「敗者のゲーム」と2006年春ごろから読み始めたバートン・マルキールの「ウォール街のランダム・ウォーカー」の2冊でした。


この2冊はインデックス投資家にとってのバイブルのような本ですので、あえて解説する必要はないと思いますが、この2冊によって既に内藤さんの本で得ていた「分散の重要性」に加え、

・長期投資の重要性・必要性・威力
・コストの重要性
・インデックスをアウトパフォームするファンドを予め言い当てることの難しさ・無意味さ

を学びました。


>>続きを読む

[2015/06/17 20:04] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

山崎元・水瀬ケンイチ共著「全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」

山崎元・水瀬ケンイチ共著の「全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」を読んだ。



本書は、2010年末に著された「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」を2015年のインデックス運用環境に合わせ全面的に書きなおしたものである。

2010年版も非常にわかりやすく明快にほとんどの個人投資家にとってのよりベターな投資法を提示してくれていたが、今回はそれを更にわかりやすくステップワイズに実践できるよう工夫がされていると思われた。

私も同様の方法で自身の資産を運用しているが、本書での両著者の主張にほぼ賛成だ。

>>続きを読む

[2015/06/15 00:18] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

インデックス投資を開始してまもなく10年。早々に積立開始の判断・・・って正しかったのか?

当時の私はポートフォリオ運用にのめり込み過ぎていたのかもしれません。2005年は小泉純一郎氏が首相となり、小泉郵政相場と呼ばれた相場の良い時期であったにもかかわらず、ひと月程度でポートフォリオ運用について「大丈夫」と結論を出し、翌月末から積立も開始する事にしてしまっていました。

結果的にこの判断は良かったのではないかと現在も思っていますが、のめり込んだり、熱を上げているときにはやはり人は冷静な判断ができないものです。適切に判断するのであればもう数ヶ月は見ておくべきだったかもしれません。


>>続きを読む

[2015/06/14 11:27] 資産運用コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

インデックス投資を開始してまもなく10年。はじめの一歩。

8月19日にはじめの一歩を踏み出した商品はというと・・・

・インデックスファンドTSP
・トヨタアセットバンガード海外株式 (現三井住友・バンガード海外株式)
・日興MMF(米ドル)

の3つでした。

はい。当時内藤氏の本で名前の挙がっていた3つです。


>>続きを読む

[2015/06/12 22:51] 資産運用コメント(0)トラックバック(1)URLTOP▲

インデックス投資を開始してまもなく10年。10年を振り返って。

投資スタイルをインデックス投資に変えて今年の8月で10年が経過します。

10年前(2005年)の今頃は今の投資スタイルにたどり着くきっかけになった本で作業をしていた頃です。以前にも紹介させていただきましたが、内藤忍氏の「お金持ちになる投資成功ノート」です。

*アマゾンでは新品は既に売っていないようです。

>>続きを読む

[2015/06/10 21:23] 資産運用コメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。