Welcome to my blog

資産運用の実践

7月後半の積立とETF小口化

0 0
すっかり夏休みボケしています。でも休んでいた分仕事が多いです。

さて、7月後半の積立を22日に行いました。今回購入したファンドは次のファンドです。

インデックスファンドTSP
(積み上がり次第1306にリレーします)

さて、既に多くのブログで取り上げられていますが、野村のETFの売買単位が10分の1になるそうです。
1306にいたっては1万3千円程度から購入できることに。
さて、こうなってくるとインデックスファンドで積立ててETFへリレーするのと直接ETFへ積立てていくのでどちらが有利なのか気になります。
リレーする場合、インデックスファンドで毎月定額積立をしていればドルコスト平均法により購入単価が下がります。一方、直接ETFを購入した場合は証券会社によっては低額の約定の場合売買手数料は無料のところもありますので、安い信託報酬で運用できます。

乱数を用いて一年間の(12個の)株価の推移を20セット発生させて、ファンドを定額で買い付けた場合とETFを定量買い付けた場合の平均購入単価を比べてみましたが、私が行った限りでは、その差は0.8%以内でした。現時点ではインデックスファンドTSPと1306の信託報酬の差は約0.45%です。また、リレーを行う場合税金もかかります。ちなみに一番差が大きかったセットでリレー時の税金も考慮した場合、直接ETFへ投資した方が有利でした。

内藤忍さんはご自身のブログでETFへの直接投資のメリットは限定的と仰られています。しかしながら直接ETFへ投資した場合自動的に分配金の再投資はできず、ドルコスト平均法のコスト低減効果を享受できないものの、トータルに考えると直接ETFの方が投資効果が高いのではないかと私個人としては思います。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply