傷口は大きいですな

昨日今日こそ相場は上昇しましたが、株式市場は世界的に大きく下落しボラティリティの大きな不安定な動きを続けています。私のポートフォリオも”現時点では”大きく傷み、傷口は広く深いものになっているという状態です。マイナスのリターンは投資をはじめる前に想定したリスク許容度を大きく超え、その1.5倍程度になっています。

もしかすると、私が本で仕入れただけの知識や経済ニュースの情報のみをもって長期分散投資をしていたら、今ごろ評価損額を見て投資から逃げ出してしまっていたかもしれません。

でも実際にはそうはせず、毎月の積み立てを着実に実行し、9月末には臨時リバランスを行うなど、比較的冷静に投資と向き合えているのではないかと思います。(もちろんまったく不安など抱えていないといえばウソになりますが^^)

では、最初に想定したリスク許容度を大きく割り込んでいるにもかかわらず、なぜこんな心境でいられるのでしょう?いくつか理由を考えてみました。


1.木村剛氏が著書で述べられている”生活防衛資金”を生活費の1.5~2年分確保できている。
2.幸い現時点では夫婦ともども雇用上の不安が少ない。
3.夫婦の収入のうち、少ない方の収入の範囲内で生活できている。
4.家計のバランスシートは健全(無借金)である。
5.過去の暴落において、各種メディアにおいて「株式は死んだ」などと書かれていてもその後株価がどうなたのかを知っている。
6.今後も資本主義経済は存続し、その本質は”人間の欲”であり、自己拡大的であると依然信じている。
7.ブログ。

もちろんこまごまとした理由はまだいくつも考えられますが、大きな所ではこんな感じなのではないかと思われます。
この中でも最近特にメンタル面での支えになっていると感じているのが7番のブログの存在。

あまりコメントの付かない、アクセス数もそれほど多くない、あまり有用な記事も多くないブログではありますが、ブログに書くことで頭を整理し、気持ちを発散させ、自分を律することができていると思います。

また、ブログを書くことで、先日のようにマネー誌の取材を受けたり、同じような志向のインデックスブロガーさんとリアルでお会いする機会も持つことができ、会社とも家族とも、学校時代のの友達とも違う、人のネットワークができつつある事が、メンタル面での支えに―とても強い支えになっていると感じます。そして同時に、とても嬉しく感じています。

今後もこのブログを、そしてこのブログを見て下さっている方々との関係を大切にしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

(あれ?最初はこんなセンチメンタルなことを書くつもりじゃなかったのになぁ・・・^^ゞ)

今週末も何人かのインデックスブロガーさん達にお会いする機会があります。今の相場環境をどう考えているのか?いろいろご意見をお聞きしたいと思っています。今から非常に楽しみです^^。また、同時にブログを書いててよかったなとも思っています。

関連記事


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




[2008/10/29 19:11] 資産運用の実践コメント(5)トラックバック(0)URLTOP▲

コメント

こんばんは。

本当に今月は厳しい投資環境でした(汗)。わたしも「7番のブログの存在」がなければ、市場から退場していた可能性が高いです。
考えを整理できて冷静な行動が取れるようになるブログは他の方にもお薦めしたいですね。(で、みんなで投資環境を盛り上げたいです(^^;)

2008/10/29(水)23:51| URL | モンチ #- [ 編集]

お久しぶりです。先日はご迷惑をおかけしまして、すいませんでした。
先月から今月にかけて、色々な意味でメモリアルな期間だっと思います。まだ、景気の先行きは分かりませんが、粛々と、積み立てを行って行きたいですね!

また、ゆっくりと話したいです。これからも、宜しくお願いします。

2008/10/30(木)21:13| URL | issei #- [ 編集]

>モンチさん

コメントありがとうございます。

厳しい投資環境ですよね。市場参加者がみんなインデックス投資家になってはいけないですが、冷静な投資行動ができるように盛り上げていきたいですね。

>isseiさん

コメントありがとうございます。

ご迷惑では、ないですね。大丈夫ですよ~^^
粛々と積立を行っていけば良い事がおこる可能性が高いかなと思います。

また機会があったときにはゆっくりお話ししましょうね。

こちらこそよろしくお願いいたします。

2008/10/31(金)23:02| URL | yb #- [ 編集]

ぼーっと、株価を眺めてはハラハラしていますが、まだまだ売らなくても全然生活していけてますのでまぁいいかなと思っています。

逆に、アメリカの株式は、今長期投資家が、買いあさってくれている、特に、年金系やバリュー投資家、長期とううしかが買いあさってくれていると思っていますのでぼーっとしています。

ボーグルやバフェットが出動してくれています。同様の投資家が今買い出動しているそうです。

2008/11/02(日)02:27| URL | silencejoker #Ji7woxQg [ 編集]

>silencejokerさん

コメントありがとうございます。

そうですね、投資をしていて評価額は大きくマイナスですので当事者ではあるのですが、生活資金で投資を行っている訳ではありませんので、傍観者的な感覚のほうが強いかもしれません。

日本でもネット証券の口座開設数が伸びていると言われています、投資家の層が厚くなってくれると良いですね。

2008/11/02(日)12:17| URL | yb #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。