毎月分配型投信に異変

Nikkei.netからの記事です。グロソブも分配金の削減を検討しているそうです。


Nikkei.netから引用

毎月分配型投信、分配金の減額相次ぐ

 分配金を投資家に毎月支払うタイプの投資信託の間で分配金を引き下げる動きが相次いでいる。各国の金融緩和で外国債券などの利回りが低下し、原資となる運用収益が細っているからだ。足元の急速な円高で環境は一段と悪化している。運用各社は分配金を抑制することで資金の流出を食い止め、長期的な安定運用を優先する。
 分配金は運用の成果を投資家に現金で配分するもので、株式でいえば配当に相当する。分配金の支払いを毎月にすることで、定期的な現金収入を求める高齢者など個人投資家の人気を集めてきた。投資信託協会によると毎月分配型投信の純資産残高は11月末で23兆円と公募株式投信の56.8%を占める。
 日本より金利の高い外国債券で運用するファンドの人気が高かったが、毎月の利息収入が細り、分配金の余力が低下。ニッセイアセットマネジメントは10月に「高金利国債券ファンド」の分配金(1万口当たり)を20円減らし、月60円にした。野村アセットマネジメントの「世界高金利通貨投信」も11月までの2カ月にわたって5円ずつ引き下げ、月60円にした。住信アセットマネジメントの「毎月分配パッケージファンド」も11月に60円と10円下げた。
 純資産が4兆5000億円と国内最大の投信「グローバル・ソブリン・オープン(グロソブ)」(国際投信投資顧問)も格付けの高い先進国の国債などで運用しているが、欧州中央銀行(ECB)の利下げなどを背景に債券からの利息収入が減っている。11月末時点の平均利回りは2.83%と1年前に比べて1ポイント低下。円高で基準価格も6000円台前半と1年前に比べて2割程度低い水準に落ち込んでいる。
 グロソブは2001年1月以降、月40円の分配金を投資家に支払っており、低金利のなかで年金生活者向けに販売が伸びてきていた。分配金の形での外部流出を続ければ基準価格が低下する要因にもなる。国際投信は、将来の運用資産を確保するため、分配金の削減を含めて見直しの検討に入った。

引用ここまで



毎月分配型投信を保有されている方の多くはきっと自分の口座に入金されてくる分配金が少なくなって初めてことの重大さに気がつくのではないかと思います。そしてよくよくみてみると「基準価格も大きく下がっている!どうなっているんだ??」と。
そうなると解約は加速され、ファンドは運用を継続できなくなり、償還されるファンドも出てくるのかもしれません。

投資家もしっかり勉強をして、商品を選択する眼を養っていかなければなりません。

毎月分配型投信で痛い目にあった方々、投資商品がみんな粗悪なものな訳ではありません。しっかり勉強をして投資を継続していきましょうね。

でも、かく言う私の母も、金融リテラシーは無い様で、先日実家に遊びにいった際、毎月分配型投信を持っていることが判明。
しかも彼女は自分でも何に投資しているのか説明できないファンドをさらに数本持っていて、挙句の果てには仕組債まで持っていました・・・。
どれも証券会社のためにはなっても投資家のためにはならないと思われる商品だらけです。

あいたたた・・・・です。

どうもT海T京証券の営業マンの言いなりになっていたようです。

解約できるものは解約すること、その証券会社とは縁を切ることを勧め、アセットアロケーションを決めて投資することの重要性など、一通り説明して、最後に「今後何か新しい商品を買うことがあったら声かけて」と言っておいたのでした。
関連記事


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




[2008/12/16 18:12] 資産運用コメント(2)トラックバック(1)URLTOP▲

コメント

お疲れさまです。分配金での生活を考えていた人はお気の毒ですが、グロソブは、円安・高金利通貨が安定している間にしか通用しない投資方法かな。。どうなるのだろう。。なんって思っていました。

2008/12/21(日)22:05| URL | silencejoker #Ji7woxQg [ 編集]

>silencejokerさん

コメントありがとうございます。

このようなリスクがあることは様々なブログ等で警告されていたにもかかわらず、グロソブ派の方々は聞く耳持たない感じでしたね。

もう少しすると、分配金減額後の純資産残高なども公表されてくるので、どうなっていそうなのか想像できますね。

2008/12/24(水)07:59| URL | yb #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://pension.blog88.fc2.com/tb.php/189-21671e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グロソブの分配金が危ないらしい

相互リンク先の「Passiveな投資とActiveな未来」の「毎月分配型投信に異変」よりますと、 有名度でも、純資産高でも、批判にされる頻度(汗)でも、日本を代表する「グロソブ」こと、「グローバルソブリンオープン」の分配金の維持が難しくなっているみたいです。 そ?...

2008/12/23(火)00:13│小金持ち父さんの資産設計塾(?)

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。