Welcome to my blog

ETF

東証は・・・

0 1
東証は一体どういう方向に向かおうとしているのか・・・?

Nikkei.netより引用

損失肩代わり商品のETF、東証が上場検討 英社と提携

 東京証券取引所は来年度中に、企業倒産などで将来資金が焦げ付いた場合に損失を肩代わりする商品(CDS)の指数を作り、投資信託として上場する検討に入った。企業の信用リスクに応じて価格が上下する分かりやすい仕組みにして、市場の健全な発展につなげる狙い。
 損失肩代わり商品は「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」と呼ばれる。本来、企業の倒産に備えた保険のような役割を持つが、ここ数年、投資商品としての側面も強まり、世界で取引規模が急速に拡大した。
 東証は損失肩代わり商品の代表的な指数を作っている英金融情報会社のマークイット・グループと提携し、日本市場向けの新たな指数を開発する。信用力の相対的に高い日本の大手製造業の倒産リスクを束ねた指数など、一般の投資家にも分かりやすい商品となる見通しだ。その指数を基にした上場投資信託(ETF)を上場し、個人や機関投資家に売買してもらう。
 ETFは企業の倒産リスクが低くなると価格が上がる仕組みになるという。世界的な金融危機を受け企業の倒産リスクは現在、全般に高止まりしている。今後、倒産リスクが低下するとみる個人がETFを買い、将来想定通りになれば、この投資家はETFの値上がり益を得られる。

引用ここまで

私の東証のETFのラインナップに対する評価もインデックス投資ナイトでも山崎さんが言及されていた評価と同じなのでそのまま引用させてもらいますが、

山崎氏
「東証には、業種別とか金とか、何も買う気がしないようなろくでもないようなものばかりで、外国株のインデックス運用でローコストなものなど信託報酬の高い不真面目な商品と競合するようなものを出してきていない。」

全くその通りです。でも、先日東証のIRにいった際、東証の方は運用会社にも日参していると仰っていました。となると、やりたくないのは運用会社ということになるのかな。

山崎さんはこう続けていました。

山崎氏
「(外国株のインデックス運用でローコストなものをさして)必要なのがそういうものだということははっきりしているのだから、そこを取りに行くことのできるとか、自分のビジネスをある程度捨ててでもそこを取りに行くことができるという会社が、要するに、トップを取れれば、規模が大きくなるというようなことで、例えば米国のETFの残高を見ててもありますよね。極一握りの、ひとつまみぐらいのファンドだけが大きな残高になって、あれはたぶん儲かってるなという状態になるわけです。運用会社の方は早く取りにいったらよいのではないか。」

確かに、BGIなどがパイオニアとしてがんばって米国のETFを普及させ、現在でもBGIのiSharesシリーズは大きな残高を持っているわけです。もちろん日本で外国株のETFを出して、どれくらいの市場性が見込めるかなど不透明な部分も大きいことは大きいのですが、是非そういうリスクをとって勝ちに行く、そして顧客と運用会社がWin-Winの関係になれるようなところが出てくることを期待します。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply