ファイザーさんまたですか

The Wall Street Journalからです。

The Wall Street Journalから引用

Pfizer Plans to Lay Off Up to 800 Researchers

Pfizer Inc. is laying off as many as 800 researchers in a tacit admission that its laboratories have failed to live up to the tens of billions of dollars it has poured into them in recent years.

The world's largest pharmaceutical company by sales Tuesday told scientists and technicians at its labs around the world that it is eliminating their jobs, according to a person familiar with the matter. By year end, the New York drug maker expects to have laid off 5% to 8% of its 10,000 research employees, according to Martin Mackay, who heads Pfizer's research and development.


引用ここまで


2年前に日本を含むいくつかの研究所を閉鎖し、多くの研究員が職を失いましたが、再度研究員の首を切るようです。


最近では親会社のMerckの方針で万有製薬の研究所が閉鎖されたり、研究員を対象としたリストラも世界的には広がってきています。

確かにメガファーマと呼ばれるファイザー、GSK、メルクなどは研究所も含めて図体が大きくなりすぎた感があり、日本国内の製薬会社とは状況が違ってはいますが、私も薬業の研究員として将来に不安を感じざるを得ません。

関連記事


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

[2009/01/14 08:01] その他コメント(6)トラックバック(0)URLTOP▲

コメント

私も朝からこのニュースにガックリしました。
自身で研究開発を行わずに他社から買ってくるという最近流行のビジネスモデルは、一時はしのげても、長い目で見て空洞化してしまっては・・・

2009/01/14(水)20:41| URL | じゅん@ #mQop/nM. [ 編集]

おつです。ライブドアとなんとなく似たビジネスモデルだと感じてしまいました。。

2009/01/14(水)23:11| URL | 矢向 #Ji7woxQg [ 編集]

全産業・全世界で世界第一位の研究開発費を投じているらしいんですね。

しかし、Wikipediaにも「年9000億円近い研究開発費をつぎ込んでいるものの、ファイザー本体からの新薬は1998年のバイアグラ以来登場しておらず」と書かれてしまっているように、投資効果が上がっていないようで、Lay Offの対象になるのでしょう。


私が言うな・・・と言う気もしますが、Lay Off怖い^^;

2009/01/15(木)20:33| URL | 吊られた男 #zdvXpt9s [ 編集]

>じゅん@さん

コメントありがとうございます。

自社オリジンの新薬を上市することはハイリターンであるがハイリスクであるのも事実で、それを補完する意味でも外部リソースの活用は会社の安定した経営と言う観点からは必要と言うのもあるのですが、偏重し過ぎている感がありますね。

新薬の開発と言うのは運任せだったり確率論的なところも大きいので、積極的な投資がアウトプットを生めるかどうかは、他の産業に比べて見えにくいと言うことはあるのですが、投資なきところにはリターンもないですからね。

研究員を切らないでくださ~い。(研究員やれることが少ないですしねぇ)


>矢向さん

コメントありがとうございます。

ライブドア。買収と”ホリエモンのキャラ”で大きくなったのですものね。確かに似てはいますが、ライブドアの場合は会社を買ってきて看板付け替えてそれでお仕舞でしたが、製薬業の場合、会社もしくは開発候補品を買ってきて、そこから薬へと育てる必要がある点が大きく違う点ではないかと思います。


>吊られた男さん

コメントありがとうございます。
このエントリーに吊られた男さんからコメントが付くとは思いませんでした(笑)。

じゅん@さんのコメントのレスにも書きましたが、運任せだったり、確率論的なところが大きいですし、メガファーマに限らず国内の大手製薬メーカーを見ても、自社品だけで魅力的なパイプラインを構成している会社は残念ながらないですよね。
Druggableなターゲットを探すのも年々難しくなってきていますし、権利化可能な化学構造の余地も狭いですし、安全性に対するハードルもどんどん高くなっていっていますからなかなか厳しい状況ではあります。

2009/01/16(金)12:15| URL | yb #- [ 編集]

コメントせな・・・と思いまして

自社研究のこだわるのはリスクをとりすぎですし、外部からの買収だけに頼るのもリーディングカンパニーとしては恥ずべき行為ですよね。

とはいえ、ブロックバスター候補が枯渇しつつある現在、製薬業界はどうなるんでしょう。そんな逆風な中で、さらにジェネリック旋風が巻き起こると厳しいですよね・・・

2009/01/20(火)00:27| URL | 吊られた男 #zdvXpt9s [ 編集]

>吊られた男さん

研究がなかなか進まない時などは、製薬業界って斜陽産業かもなんて思ってしまうときがあります・・・TT。

2009/01/23(金)12:11| URL | yb #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。