インデックス投資ナイト!!その2

1月10日に行われたインデックス投資ナイト!第3部の「投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2008」で第一位を獲得した住信AMを代表してマーケティング部の橋本部長がスピーチをされました。

住信AMの高い志を他の運用会社さんにも見習って欲しいと思いますので、スピーチの要約を掲載いたします。
一部ybが補足的に付け加えている部分があります。付け加えた部分は()でくくってあります。
何か問題がございましたらご連絡ください。


スピーチ要約

初めまして住信AMマーケティング部長の橋本でございます。

今はSTAMインデックスシリーズの販売促進のほうに移っているのですが、そもそもこのファンドを企画したのは2007年5月頃の話で、SBIファンドバンクの植村社長からこういうのをやってみないかと言う持ちかけがありました。
その当時は、先程の山崎さんの話は耳が痛かったのですが、リーズナブルな信託報酬で引き受けているので1.3%くらいには抑えてはいたものの、ボーナス分配型のファンドオブファンズ型バランスファンドばかり売っていました。
しかし、なんとなく相場もそろそろ危ないし、「俺達本当にこんなことやってていいのかな?」と・・・。
私は2,3年前まで年金運用を担当していたのですが、やっぱり原点に戻って資産形成層の方に(コストの)安いいい商品を提供するべきではないか、手数料で儲けるのではなくてコストの安いいいものを作って、お客さんとWin-Winの関係でやっていけたらと言う志を持ち、STAMインデックスシリーズを作る運びになった訳です。
とはいってもいろいろ社内を説得するのになかなか時間がかかり、実際はちょうど丸一年前の1月9日が設定日で、ちょうど2年目に入ったというところです。
この受賞を機にさらに皆さんに買っていただいて、口が滑って「残高が伸びたら手数料を下げます」と以前言ってしまった事を何とかしたいなと考えています。

先ほどのバランスファンドの事なのですが、某証券でちょうど一年前にバランスファンドを作ったのですが、非常に反省していて、アセットアロケーションに対する委託報酬を取るのを今年から止めました。と言うのは、先ほどイーノさんから「(リスクリターンを計算するのは)非常に金融工学と言うか数学が入って難しいのですよ」というお話があったのですが、実は運用会社というのは当然システム投資で開発していますので、私のような算数しかできない人間でも、30分あれば長期の基本ポートフォリオを組めちゃうんです。我々もバランスファンドに関しては資産配分に関する報酬を取らないように変えて行きたいなと考えております。
そのような意味で、「自分で考えるのはどうかな?」と言う人にはバランスファンド(をお勧めしてもいいのかなと思う)。

私自身も当然確定拠出年金は全部インデックス運用になっており、皆さんと同じ気持ちでいますし、STAMインデックスシリーズは自分の子供みたいなものですので、私も8ファンド中6ファンド持っています。持ってない2ファンドが何であるかというのは問題がありますが、第一位に表彰していただいたもの(STAMグローバル株式インデックスオープン)はかなり完成度が高くなっております。残りの7本に関しても大半は完成度が高いのですが、完成度がいまいちのものもあり、これらはできれば半年以内には完成度が高い形に変えたいと思っています。

皆さんのご支援を頂いて、(残高を)今の100倍くらいの6,400億円にしたいと思っています。(残高を?裾野を?STAMの輪を?)広げていきたいなと思っていますし、広げていく段階でコストを下げていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。


ここまで


住信AMに負けないよう、他社さんもがんばって良い商品を戦わせてくださいね!!!
関連記事


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

[2009/01/14 19:32] 交流コメント(3)トラックバック(2)URLTOP▲

コメント

こんばんは。

すごく熱いメッセージですね(^^ゞ。STAMシリーズが人気がある秘訣が垣間見えるスピーチでした。

>手数料で儲けるのではなくてコストの安いいいものを作って、お客さんとWin-Winの関係でやっていけたらと言う志を持ち

このような考え方ができるなんてほんと素敵です(^^)。他社さんもこの姿勢はぜひ見習ってほしいですね。

2009/01/14(水)23:22| URL | 田舎のKen #- [ 編集]

ありがとうございます

このスピーチ内容、ようやくたどり着けました。

最初のきっかけは外部からというのがちょっと
アレですが、そういうところ含めて正直に
語っていただけているのは印象が良いですし、
それをきっかけとして社内を動かして実現に
もって行けたのは、きっと大変な熱意のなせる
業だと思います。また今後についても思いが
伝わって来ます。ますますSTAMシリーズが
好きになりました。

ybさん、掲載頂いたことに重ねて感謝いたします。
ありがとうございました。

2009/01/15(木)22:29| URL | たかき #- [ 編集]

>田舎のKenさん

コメントありがとうございます。

ブログ上ではわからないと思いますが、橋本さんのスピーチは腰が低い感じで、実直な語り口だったので余計に好感が持てましたよ。たぶん正確も素朴な真直ぐな方なのではないでしょうか?^^


>たかきさん

コメントありがとうございます。

社内を説得するのって大変ですからね~^^

お役に立てば幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

2009/01/16(金)12:14| URL | yb #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://pension.blog88.fc2.com/tb.php/205-246d4b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

決定!投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2008

JUGEMテーマ:ビジネス 昨日お台場で開催された"インデックス投資ナイト"にご参加の皆様は結果を既に御存知なのですが(ボクは参加できませんでした。。。)、 「投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2008」の結果を発表したいと思います。 ちなみに、今回が2度目で?...

2009/01/16(金)07:32│rennyの備忘録

STAMから日経225連動のインデックスファンド登場。コストに注目

住信アセットが、「STAM 日経225インデックス・オープン」を7月30日に設定するとのこと。 ロイター 2010/06/30 住信アセット、「STAM 日経22...

2010/06/30(水)18:01│梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。