Welcome to my blog

講演・セミナー

S&P ETFコンファレンス2009に参加しました

0 0
2月6日、東京・日本橋にあるマンダリンオリエンタル東京のグランドボールルームにて、インデックスプロバイダーのスタンダード&プアーズ主催で「スタンダード&プアーズ ETFコンファレンス2009 ~明日の金融サービスのために~」が開催されました。

本コンファレンスは機関投資家などの特定投資家向けのコンファレンスということでしたが、楽天証券・外国株式事業部長の新井氏の取りはからいもあり、幸運なことに参加する機会を得ましたので参加してまいりました。

会場となったマンダリンオリエンタル東京は、6つ星ホテルということで我々のような庶民がなかなか利用することができない高級ホテルです。こんな高級ホテルに足を踏み入れるのは初めてでしたが、接客・内装・調度品に至るまで非常に気持ちがいいホテルだという印象でした。やはり6つ星を取るには理由があるようです。
それはさておき、場所的に兜町に近いということもあるのでしょうが、このような高級ホテルの大会議室を半日借りてコンファレンスを行うということは、きっとかなりお金がかかっているのではないかと推察されます。これは金融機関が依然としてそれなりに儲かっているということなのか、それともETFの普及に力を入れている表れなのか・・・?

約300名の参加者は、胸の社章などから判断すると、大手銀行、生損保、証券会社の方々が大多数であるようでした。中には「小金持ち父さんの資産設計塾(?)」のモンチさんや「投資信託にだまされるな!」の竹川美奈子さんの姿も。

コンファレンスのアジェンダは次の通りでした。

1)基調講演
東京証券取引所 代表取締役社長 斉藤 惇

2)インデックスセッション
「ETFの発展とインデックスイノベーション」
S&P バイスプレジデント 内 誠一郎

3)SPDRセッション
「ETF利用者のための商品開発」
SSgA 証券営業本部長 ディビット・コリンズ

4)iシェアーズセッション
「規制緩和で広がる海外ETFの活用法」
BGI iシェアーズ営業総責任者、証券営業部長 関塚 健太郎

5)パネルディスカッション
「我が国の投資家動向に見るETFの隆盛」
楽天証券 新井 党
ゴールドマンサックス証券 橋本 憲


既にモンチさんが当日の内容に関して記事を書かれていますので重複する部分も多いかもしれませんが、それぞれのセッションの内容に関して当日のメモに基づいて、私見なども織り交ぜながら順次アップしていこうと思います。

関連リンク:
「S&P ETFコンファレンス2009 に参加」(小金持ち父さんの資産設計塾(?))
「日本の取引所に海外ETFが重複上場されない理由」(小金持ち父さんの資産設計塾(?))
「アクティブファンドがインデックスを上回る確率」(小金持ち父さんの資産設計塾(?))

(つづく・・・)
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply