Welcome to my blog

講演・セミナー

S&P ETFコンファレンス2009報告(その2)

0 0
前回に引き続きS&P ETFコンファレンスの続きです。

前回までの記事:
S&P ETFコンファレンス2009に参加しました
S&P ETFコンファレンス2009報告(その1)

今回はスタンダード&プアーズセッションです。

プレゼン資料が配布されたのですが、版権の関係でそのままブログへ掲載する事はできないので、私の気になった点に要点を絞って報告したいと思います。
講演のタイトルは「ETFの発展とインデックスのイノベーション」。

前半はスタンダード&プアーズの紹介、パッシブ運用について、ETFについてについての話。後半は、S&Pグローバル・インデックス・シリーズの紹介、指数プロバイダーの新しい役割、指数のイノベーション、そして日本におけるこれからの活動についての発表でした。

この講演全体で最も注目したのが「日本におけるこれからの活動について」で話があった、
外国債券インデックスの話です。
スタンダード&プアーズの日本におけるこれからの活動として現在進行中の案件について紹介があったのですが、昨年暮れに米国で発表した先進国の国債を対象としたS&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックスの日本人向けバージョンを作成する予定との事です。

さらに、外国債券投資ツールとしてETFでの利用を前提に開発を検討中とのこと。具体的なETF開発協力の話はありませんでしたが、今後、日本人向けの外国債券ETFが登場する可能性が高そうです。


その他講演で興味深かった点をいくつか挙げてみます。

1)機関投資家は実はETFにあまり馴染みがない?
今回のコンファレンスは機関投資家向けのものという事だったので、パッシブ運用とETFの基礎は理解している方がたが参加していて、理解している事を前提としての講演がされるのだと思っていました。
でも実際は非常に基礎の基礎からパッシブ運用とETFに関して解説がされていました。もしかすると機関投資家でもパッシブ運用やETFに関心があって知識がある方は限られているのかもしれません。

この辺も一部のメジャーな指数に連動する国内ETF以外流動性が低い理由のひとつかもしれませんね。

2)銘柄数とリスク分散と効率的な運用について
銘柄数とリスク分散効果について、ポートフォリオへの組み込み銘柄数の増加に伴って個別リスクは相殺され、市場リスクのみが残るというよく目にするグラフでしたが、ここで一点気づかされたのは、100銘柄程度組み込んだ時点でほぼ市場リスクのみが残り、それ以上組み込んでもリスクの低減には繋がらない。むしろ流動性の低い銘柄を組み込んでしまう可能性が高くなるので、コストが(恐らくBid-Askスプレッドコスト)高くなってしまって、運用の効率性を欠く事になってしまうという点。

インデックスファンドやETFのコストすら節約する目的で個別銘柄に分散投資を行っていらっしゃる方も少なからずいると思いますが、むやみやたらと銘柄数を増やしていけばいいのかというと必ずしもそうとは限らないということのようです。
また、ある程度銘柄数をしぼる事で、ガバナンス的に問題のある会社などを除く事が可能になるメリットもあるそうです。

3)インデックス対アクティブの統計の存在
スタンダード&プアーズでは年2回SPIVAというスタディーを実施・公開しているとのこと。
SPIVAはStandard & Poor's Indices Versus Active Funds Scorecardの略で、インデックス対アクティブ分析において、昔から業界で言われている歪められた結果を、事実に基づいて訂正する目的で、適切なインデックスに対するファンドパフォーマンスを正確に同じ土俵で比較した統計とのこと。また、この統計は生存者バイアスが発生しないように測定期間中に存在した全てのファンドを対象にしているそうです。

SPIVAは下のページから入手可能です。

Standard & Poor's Indices Versus Active (SPIVA)

私はこのように継続的な統計結果が個人投資家もアクセスできる形で公表されているとは知りませんでした。このコンファレンスに参加して得た収穫のひとつです。

それにしても、米国市場での調査ですが、アクティブファンドの過半数はインデックスに勝っていないのですねえ・・・。

4)S&Pが提供するインデックスに関して
日本株式に関しては、大型株150銘柄から構成されたS&P/TOPIX150、中型株100銘柄から構成されたS&P Japan MidCap100、小型株250銘柄から構成されるS&P Japan SmallCap250の各銘柄から構成されるS&P Japan500が提供している。
S&P Japan500とTOPIXとの相関度は0.99。

日本株に関してはS&P日本新興株100指数を提供している。2001年からのS&P Japan500との相関度は0.529。

0.529ですと、日本株と外国株との相関係数より低いですね。こちらの指数に連動するETFは2008年3月から日興AMにより東証に上場されています。


セッション全体を通して、基本的な話が多かったものの、今まで知らなかったSPIVAの存在や、日本人向け外国債券インデックスの開発をはじめ、その他新指数を開発し、2009年以降S&P指数を使ったETFが登場する予定という話を聞く事ができ、私としては有意義なセッションでした。

近々に外国債券ETFが日本で購入できるようになる事を期待してこのエントリーを閉じたいと思います。

(つづく・・・)
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply