Welcome to my blog

その他

不全の臓器を持った子供は死ぬしかないのでしょうか?

4 0
ちょっとショッキングなタイトルで申し訳ありません。

昼休みに食堂でたまたまついていたテレビで見たのですが、間もなく海外に渡航して臓器移植することができなくなるようです。

生命関連企業に勤めているybですが、全く知りませんでした。

これは世界保健機関(WHO)が"原則他国での臓器移植は禁じる"とした通達に各国が対応したために生じた事態だとのこと。

日本では15歳以下の子供からの臓器移植は禁じられているので、先天的に致命的な機能不全の臓器を持って産まれた子は死ぬしかない状況になってしまいます。

現在、国会では臓器移植法の改正案が議論されようとしています、議員さんは政局にうつつをぬかしていないで、本来あるべき姿(A案:脳死になった本人(未成年者の場合は親権者)の同意で年齢に関わらず移植可能とする)に法案を速やかに改正して下さい。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

4 Comments

There are no comments yet.

吊られた男  

2009-04-17 20:50

禁止理由の「自国の子どもを見殺しにして、他国から金の力で割り込んできた子どもを優先するのはどういうことだ!!」には、それなりに説得力ありますので、日本国内でどうにかせんといかんとなるわけですよね。

ただ、その場合に、個人的には政治だけでなく市民の意識改革も重要と考えています。
「移植する臓器が足りないなんてかわいそう。ひどい。」なんて言いながらも自分の臓器は提供しないという人があまりにも多い気がします。

EDIT  REPLY    

yb  

2009-04-19 00:12

ほんとにどげんかせんといかんというわけですが、法整備が先か、市民の意識改革が先かは、ある山をどちらのルートで登って行くかの違いかと。

結果的に良いところへ落ち着くのが重要です。

EDIT  REPLY    
両方が理想ですね

吊られた男  

2009-04-21 00:07

トップダウンの法整備を静岡側から、ボトムアップの市民の意識改革を山梨側から・・・というように両方から(富士山)アタックできるのが理想ですね。

EDIT  REPLY    

yb  

2009-04-21 12:20

本当は同じ登山口から一緒に登れればいいんですけどね・・・^^;。

EDIT  REPLY    

Leave a reply