日本版401kはインデックスファンド普及の起爆剤になるのだろうか?

「良いファンドはコストが低いファンドである」

Vanguardの創設者J. C. Bogleはそう考え、インデックスファンドを世に送り出したそうです。しかも、コストを下げる為に広告費を抑え、さらに直販にこだわったそう。

しかし当初、販売側の理論でファンドが売られていた当時の米国では見向きもされず、長い間売れない時が続きました。そのような状況におかれてもBogleは正論を吐き続けました。

転機が訪れたのはしばらく経って米国に401kが導入されてから。

401kが導入される事で、加入者への説明責任から、地道に正論を説いてきたBogleの意見は見直され、Vanguardのインデックスファンドの認知が上がり、売れるきっかけになったそうです。

これは、マルキール教授のセミナーでVanguard Investment Japanの加藤氏がしてくださったお話し。

日本でも日本版401kが導入されて久しいですが、日本でも同じ様な構図が近々見られるようになるでしょうか?


そう願いますが、現時点では残念ながら私はそう思えません。

最も大きな原因は、企業側が加入者への説明責任を果たそうとしていない事だと思います。

確定拠出年金が導入される際に、加入者に対して導入教育という教育がされますが、この導入教育が形だけのもの、あまりにお粗末な内容なのです。あの教育で制度を理解し、投資理論を理解し、商品を理解するのは到底不可能と思われます。

そんな説明責任の果たし方しかしていない現状なのです。

これは私が勤務先で体験した事でもあり、確定拠出年金が導入されている勤務先以外の方に聞いた話であり、経済評論家の山崎元さんが仰っていた事。

恐らく多くの企業型確定拠出年金に加入されている方はそう感じていらっしゃるのではないでしょうか?

こんな状況では低コストなインデックスファンドの優位性、効率性を認知させる事は到底難しいでしょう。

これって国民性なのかもしれませんね。

米国では責任の所在を明確にする。片や日本では責任の所在は不明瞭で、個々人が責任を負っている。

このそれぞれの国民性がいい方向に向かう場合と悪い方向に向かう場合があるので、一概にどちらの国民性が優れているとかそういう問題ではないのですが、このインデックスファンドの普及という点に関しては、米国の責任の所在を明確にするという国民性が功を奏したという感じです。

今回マルキール教授に個別にお会いできる予定だった(と自分で思い込んでいるだけかも?でも一応メールでやり取りはしておいたのです・・・)ので、この辺についてお聞きしようと思っていたのですが、お疲れという事で面会は実現しなかったので、ここでストップ!と言う事になってしまいました。

関連記事


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




[2009/05/19 22:46] 資産運用コメント(4)トラックバック(0)URLTOP▲

コメント

そう悲観的にならずとも・・・

>そう願いますが、現時点では残念ながら私はそう思えません。

水瀬さんのブログネタ、中小企業向け東京海上総合型401Kで大暴走、連続コメント、アンケート調査提案、解決策の提示までやって見えてきたこと。

1.アンケート調査から判ったことは、どうやら企業型(単独型、総合型)、個人型を問わず、2003年頃導入された401Kは不利なものが多いが、07年頃を境に最近導入されたものに低信託報酬ファンドの増加が見られたこと。

2.勿論、規模(従業員数、加入者数)の論理もあり数万人規模の大企業だとバランスファンドまで含めて全て0.1%台・・・、これも最近(07年導入)の事例。

3.東京海上総合型401Kの悲劇も、中小企業の人事、総務担当者が「金融機関によりパッケージ商品(総合型)の内容が千差万別」ということを知っていれば防げたとも言える。従業員数10人程度の零細企業だってあの札幌商工会議所の総合型(野村、大和プラン)に加入できる。日本株(0.19%台)、日本債(0.16%台)、外国株(0.23%台)、外債(0.22%台)。ybさんの勤務先(万人単位)と比べて圧倒的不利の零細企業でも条件はそれ以上。改善はされてますよ、時間と共に。あの日経記事(07年)「401K用投信、信託報酬手数料の値下げ競争激化」と明らかに関連ある。今まで圧倒的に不利だった個人型でも時期を同じくして鹿児島銀行・個人型DC(0.2~0.3%台、インデックスファンド4本)が出現。

4.札幌の中小企業だけじゃなく、全国、どこでも使えそうな野村、大和の直販、総合型も発掘。札商とほぼ同じ商品内容。企業型(特に総合型)でも、個人型でも、

「知らなければ”泣きを見る”」

が共通ですよ。少しずつ改善されています。だいたい、あのエゲツない、ボッタくり商品を販売している野村、大和でもマトモな401Kを売ることがあるということ事体、驚きですよ。それに、ここ(↓)読んでください。

http://www.nomura-am.co.jp/fund/funddetail.php?fundcd=400026

(抜粋)ファンドの純資産総額に年0.5985%(税抜年0.57%)以内(平成21年2月3日現在年0.1995%(税抜年0.19%))の率を乗じて得た額とします(抜粋終わり)。

あのボッタくり、悪徳商法の野村がですよ。ゼゾンGBF、STAMインデックス、独立系投信に先んじて、信託報酬手数料値下げやったということです。401K用投信の世界に限定ですが・・・。

そんなに悲観的にならずとも(笑)。

2009/05/23(土)00:58| URL | Werder Bremen #- [ 編集]

>Werder Bremenさん

コメントありがとうございます。

コメント下さっている通り、徐々に・・・ではありますね。

もう少しスピード感が欲しい所ですが、悲観的になりすぎですかね?

2009/05/25(月)07:57| URL | yb #- [ 編集]

言ってた矢先に・・・

401K用低信託報酬ファンド(日経225、0.2625%)、一般販売じゃないですか(笑)。

2009/05/27(水)09:58| URL | Werder Bremen #- [ 編集]

ははは・・・(笑)
本当ですね^^

2009/05/27(水)17:54| URL | yb #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。