Welcome to my blog

Mac

GoogleChromeOSはubuntuの二の舞にならないか?

0 0
各種Webアプリケーションを提供し、昨年Webブラウザ「GoogleChrome」をリリースしたGoogleが、PC用OSをリリースする予定のようです。

Nikkei.netより引用

パソコンOS、グーグルが参入 低価格ノート用、無償提供 
【シリコンバレー=田中暁人】インターネット検索最大手の米グーグルは7日、パソコン用の基本ソフト(OS)を開発、パソコンメーカーに無償提供すると発表した。新OSを搭載する新端末は2010年後半に発売される見通し。パソコン用OSではマイクロソフト(MS)が圧倒的なシェアを握る。グーグルの参入で競争が加速、パソコンの低価格化につながる公算が大きい。

 新OSの名称は「グーグル・クロームOS」。数秒で起動しネットに接続可能にするなど、従来のOSに比べて使い勝手を高める。まず「ネットブック」と呼ばれる小型・低価格ノートパソコンに搭載される。グーグルは新興国などを含めてネットを手軽に利用できる環境を整え、ネット広告事業の拡大を狙う。(07:00)



無償のPC用OSで初心者でも容易に導入できるものとしては、Linux系のUbuntuがありました。OSとしては非常に軽く、Pentium4くらいでも結構快適に動いてくれていました。また、多言語対応するなど、無料OSとしては非常に優れたものだと思っています。
米国では一部のDELL製PCに搭載され、比較的人気があったようですが、最近はあまり聞かなくなってしまいました。

Ubuntuと今回のGoogle Chrome OSとはLinux系で共に軽いOSという共通点はあるものの、GoogleChromeOSはアプリケーションはWebアプリケーションが中心で、ネットブックをターゲットにするなど、少しコンセプトが違うものです。
果たしてどうなるでしょう?Googleがやると違うのかもしれませんね。

Windowsのライセンスがなくなる分、ネットブックが少々安くなるかもしれませんが、個人的には公衆無線LAN契約もしくはイーモバイルなどのデータ通信サービスに加え、携帯電話の機種代+携帯電話の利用料金を支払うくらいなら、iPhone 3G Sのような携帯端末に一本化したほうが、(もちろん利用状況にもよると思いますが)料金的にもリーズナブルでいいような気がしています。

参考までに、当ブログへアクセスして下さっている皆さまのWebブラウザとしては、IEが約75%、FireFoxが20%、残りの5%をSafari、GoogleChrome、Operaその他で分け合う感じです。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply