Welcome to my blog

資産運用

楽天證券投信の取り扱い一層充実?

0 1
楽天證券が国内のほぼ全ての投信の販売を行なう計画のようです。

楽天証券、投信の品ぞろえ拡充
 楽天証券は投資信託の品ぞろえを強化する。特定の販売会社用の専用投信などを除く公募投信を原則としてすべて取り扱う方針で、実現すれば1000本強に上るとみられ、取扱本数では国内最大となる。品ぞろえを大幅に拡充することで投資家の選択肢を広げる。

 楽天証券は現在190本程度の投信を取り扱っている。このうち運用会社が特定の金融機関が販売するために設定したり、ラップ口座専用に設定されたものなどを除く投信をすべて取り扱う。来年度中には600本以上に増やし、その後も順次追加する計画。現在最も取扱本数が多いのは日興コーディアルグループ系の投信スーパーセンターの600本程度。(09:14NIKEI.NETより引用)


もちろんノーロードの投信がどれくらいになるか?とうとうまだよくわからないですが、この投信取り扱い計画といい、海外ETFの充実度といい、こうなると殆どのインデックス投資家は楽天證券一本で事足りてしまいそうです。

ただ、こんなことしようとして、販管費が経営を圧迫してしまうことなどはないのか心配です。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  楽天証券のニュースに思う
  • JUGEMテーマ:ビジネス 既に幾つかのブログでも伝えられていますが、楽天証券が投信の取り扱いをかなり大掛かりに拡充するようです。 NIKKEI NETより 楽天証券、投信の品ぞろえ拡充  楽天証券は投資信託の品ぞろえを強化する。特定の販売会社用の専用投信な?...
  • 2007.11.26 (Mon) 20:10 | rennyの備忘録