Welcome to my blog

投資信託

eMAXISシリーズ運用報告

0 0
低コストで人気になっているeMAXISシリーズの第一回運用報告が出ました。

同じく低コストで知られるSTAMシリーズでは新興国株式インデックスファンドにおいて、非常にその他の費用が多いという事実が判明し、衝撃が走ったわけですが、eMAXISではどうだったでしょう?

運用報告書はこちらから
費用の内訳STAMeMAXIS
信託報酬

104

15

(運用会社)

(47)

(6)

(販売会社)

(49)

(7)

(受託会社)

(8)

(2)

委託手数料

33

29

有取税

5

6

保管管理

37

51

費用合計

  179

    101

 


ということです。

とりあえず運用報告書から引っ張ってきた数字を掲載しましたが、eMAXISの方は設定から3ヶ月間の費用の内訳ということなので、信託報酬等は年率換算されていません。信託報酬は4倍すれば年換算になりますが、その他の費用は4倍はかからないと思われます。

仮に信託報酬のみを年率換算した場合、費用の合計は1万口当たり146円となります。

かなり隠れコストが大きいことがわかりますね。

これが今後も続くのか、それとも設定時に必然的にかかってしまうもので、2期以降減少するのか、見守りたいと思います。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply