Welcome to my blog

資産運用の実践

yb家の家計管理(観?)

2 0
yb家ではリスクヘッジも兼ねて、夫婦のうち少ない方の年収で生活できるように生活のサイズを決めています。

決めていますというと息苦しい感じに聞こえるかもしれませんが、爪に灯を点すような生活をしているわけではなく、締めるところはしっかり締めて、使うところではしっかり使う、メリハリのある消費を心がけ、また効率的にお金を管理しようと心がけています。

そんなyb家ではお財布はひとつになっています。

夫婦それぞれが稼いだお金は、便宜上それぞれの名義がついた金融機関の口座に入っているものの、全てyb家の資産としてひとつにまとめて共有して管理しています。

やっぱり、生活費をそれぞれ拠出して、残りを別々に貯蓄・・・といった財布を分けた家計管理は無駄が生じやすいと思います。
全てひとまとめにして、夫婦のお小遣い、生活費、その他もろもろ必要なものを必要なだけそこから引出す方が効率的だと思っています。
また、レシートは全て取っておき、月に二回程度少しだけ時間をとって、エクセルに記入し、それを半月に一度夫婦で共有して、次の半月をどうしたらよいかという確認を取っています。
費目を分けて本当に大雑把に記入しているだけですが、こうすることで大まかに何にどれくらい使っているかが見え、安定的な支出を可能にしているだけではなく、定期的に見えるようにすることで、特別家計の締め付けを行っているわけではありませんが、無駄遣いをなくそうという精神的なブレーキにもなっていると思います。

現在では、少ない方の可処分所得で生活してまだお釣りが来るようになっています。

あと2、3年すると今小1の娘にも教育費が多くかかってき始めると思われます。また、いつまで共働きでいられるかもわかりません。であればそれまでにできる限り資産を大きくしておいて、一馬力になっても、リタイアしたあとも、金銭的にゆとりのある生活を送りたいと考えているわけです。

でも、こんな風に夫婦で協力していくためには大前提がありますね。

それは「夫婦のコンセンサス」です。

yb家では比較的お金に対する価値観が近かったのでそれほどコンセンサスを得るのに苦労はありませんでしたが、大きな違いがある場合には、コンセンサスを得ないままちぐはぐな家計管理、資産運用をしてしまうと、上手くいかないばかりか夫婦間に亀裂すら生んでしまう可能性があります。

しっかり話し合って、妥協点を見つけ、その妥協点の辺りで、お互いの行動を確認・尊重しながら協力していくことが大切かと思います。

決して独りよがりな家計管理、資産運用はしてはならないと思います。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

2 Comments

There are no comments yet.
夫婦の「ホウレンソウ」継続

オーク X32  

2010-08-20 08:50

初めてコメントします。

我が家も「エクセル家計簿」です。ほぼ同じ考え方に基づいて、家計管理しています。家計把握を継続して記録に残す作業は、支出のコントロールに繋げる有効な手段だと思います。継続すると途中で投げ出せなくなります。

何より大事なのは「夫婦のホウレンソウ」だと思います。
ホウ=報告 レン=連絡 ソウ=相談 価値観が近い夫婦であっても、「相手は理解しているハズ」が度重なると思わぬ亀裂になったりするかも知れません。定年の間直で早期退職した私ですが、夫婦の「ホウレンソウ」は心がけています。

EDIT  REPLY    

yb  

2010-08-20 12:06

>オーク X32さん

はじめまして、コメントありがとうございました。

「ホウレンソウ」大切ですよね。
我家でも半月に一度の家計簿確認、4半期に一度の運用報告、そして半年に一度の資産チェックの際に、しっかり話し合い、確認しあうことを心がけています。

早期リタイアをされた方からのお言葉、しっかりと心に留めておきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

EDIT  REPLY    

Leave a reply