Welcome to my blog

資産運用の実践

円債クラスリレーその他

3 0
本日、日本債券クラスの商品を変更しました。現在、日本債券クラスは主に個人向け国債(10年変動)、円MMFおよび円定期預金で運用されていますが、円MMFの部分を定期預金にリレーしました。

具体的には、直近の運用利回りが0.1%前後と低いMHAM MMFの部分を住信SBIネット銀行の円定期預金(1年満期、キャンペーン金利0.5%)へのリレーです。
あくまでも私の個人的な相場観ですが、この低金利は少なくとも1年は続くだろうと考えていますので、円MMFの利回りも現在の水準からはそれほど動かないのではないかと思っています。それならば、微々たるものではありますが、若干リターンの良い円定期預金のほうが、若干の流動性は低くなるものの、良い運用先ではないかと考えての結果です。

またこれと合わせて、生活防衛資金において新生銀行の2週間満期定期預金に預けておいた資金も、住信SBIネット銀行の円定期預金(1年満期、キャンペーン金利0.5%)へと振替えました。

今年の始めごろ、約2年分確保している生活防衛資金をしっかりストックとフローに分け、フローは流動性の高い普通預貯金やMRFに、ストックは比較的短期(1年未満)の元本保証の金融商品にて運用することを決めていました。

<参考記事>
1月後半の積立

元々ストックの大部分を円定期で運用することを決めていましたが、全てを同一の満期にしてしまうともしもの際に中途解約をせざるを得ない可能性があるので、満期を半年ずらせば中途解約なしにもしもに備えられると考えていました。
2週間満期定期から1年定期に振替えたのは、半年満期をずらす資金の半年間のつなぎとして利用していた2週間定期を1年定期へと振替えを行ったという訳です。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

3 Comments

There are no comments yet.
こういう記事好きですw

虫とり小僧  

2010-09-28 10:30

生活防衛資金に手をつけるような状況がやってくる可能性は高くはないでしょうが、一応色々なことを想定して、ストックとフローに分けたり、満期を半年ずらしたりしておく。。こういうの好きです。僕も色々考えて同じような小細工をしてます(笑)

あんまり細かいことにこだわりすぎても面倒だし、疲れたりもしますが、自分のトータルな資産における生活防衛資金(円債クラス)って、けっこうな割合を占めていますもんね。
しかも、その中でも本当に流動性を確保しておくべき金額はそれほど多くないので、リスク資産の信託報酬にこだわるように円金利にある程度のこだわりを持つことは、トータルな運用コストの低減と解釈することもできるし、けっこう合理的な行動だと思っています。

これからも、私生活や仕事に悪影響を及ぼさない範囲で、色々考えつつ楽しみたいですね!(別に楽しかないか!?苦笑)

EDIT  REPLY    
住信SBIは使えますね

ぷれでた  

2010-09-29 00:15

>住信SBIネット銀行の円定期預金(1年満期、キャンペーン金利0.5%)へのリレーです。

私も住信のキャンペーンには預けてます。
個人向け10年変動も持ってますけど、最近はこちらの方が金利は高いですね。

>あくまでも私の個人的な相場観ですが、この低金利は少なくとも1年は続くだろうと考えていますので

私も当分続くような気がしてます。
長期金利が上がっても2%がいい所でしょう。
(長期金利はまた1%割れてます。安すぎる)

EDIT  REPLY    

yb  

2010-09-30 17:34

>虫とり小僧さん

コメントありがとうございます。

生活防衛資金、手をつけるような状況は来て欲しくはありませんが、来てしまった時にはちゃんと機能してくれるように整備しておかなければなりませんよね。かつ2年分の生活費とかになると結構な額なので平常時には有効に運用しておくことも必要なので小細工したくなりますよね(笑)

>リスク資産の信託報酬にこだわるように円金利にある程度のこだわりを持つことは、トータルな運用コストの低減と解釈することもできるし、けっこう合理的な行動だと

その通りですね。
色々考えて楽しみながらやっていきましょう^^

>プレデタさん

各資金を目的に合わせた形で保有する努力は惜しみたくないですよね。
今後も臨機応変に状況に合わせて適当な商品を選択していきたいと思います。

EDIT  REPLY    

Leave a reply