Welcome to my blog

資産運用の実践

第15回持株会売却

0 0
持株会の第15回目の売却を実施しました。

また一段と円高が進み、日本株自体もあまり振るわない状況ですが、機械的に淡々と積立・引出し・売却を実施しています。

さて、今回のリターンは

+12.8%

となりました。
これにより、持株会への加入開始(2007年6月)からのリターンは

+4.0%

となっています。

今後も機械的に実施して行こうと思います。
最近のツイッターのタイムラインでも持株会に関する話題が上がっていましたが、私は持株会に加入しています。

持株会は勤務先のリスクを株式と自身の給与・雇用という二重でリスクを背負うことになりますので、持株会で資産形成をしようとすることは恐らく合理的でない場合が多いと思います。

但し、私の勤務先も含め持株会には持株奨励金というプレミアムが付く場合が多く、このプレミアムと非合理性のバランスで、持株会を利用するか利用しないかを判断することになると思います。

私の場合は、持株会特有の二重のリスクをできるだけ負わないように、単元株が貯まり次第売却というスキームを取り、最大でも単元の2.5倍までの積立になっています。この程度の額ですと、我家の金融資産に占める割合は、現在の株価で最大でも0.5%以下となり、この程度であれば持株会のプレミアムを積極的に取りに行ってもいいかなという判断で、持株会に加入しています。

現在の勤務先の株価だと、上限ギリギリまで拠出した場合、単元株が貯まるまでに約4ヶ月、ボーナス時の拠出でもうひと単元という感じで貯まっていく感じです。

勤務先の社内規程にもよると思いますが、私の勤務先の場合、単元株が貯まってから引出し、会社への売却申請、売却というプロセスに通常1ヶ月程度かかります。

この程度のタイムスパンでの売却ということになりますので、あまりボラティリティの高い会社の株式の場合、だいぶリスクが大きくなると思われますが、私の勤務先の場合ディフェンシブと呼ばれる銘柄なため、それほどリスクは高くないのではないかという判断もあります。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply