Welcome to my blog

ETF

iShares Brand Faces Competition, Study Says

2 0
indexuniverse.comの記事によると、ETFプロバイダ最大手のiSharesがVanguardに追い上げられているようです。

iShares Brand Faces Competition, Study Says (indexuniverse.com)

iSharesは米国で4,265億ドルを運用する最大のETFプロバイダで、3位のVanguard(運用残高1,340億ドル)とは大きく水をあけています。
しかしながら、調査会社によると「風向きは明らかにVanguardに向いている」とのこと。
ファイナンシャルアドバイザー1,500人への調査によると、「最もつながりを感じる運用会社はどこか?」という問いに対して、iSharesと回答した人は32%となり、一年前の35%から低下、一方、Vanguardと答えた人は8%で同4%から増加したそうです。

まだまだ数字の上では大きな差があるように思われますが、調査会社はVanguardの追い上げをVWOとEEMを例に、VWOがEEMを抜き去るのが時間の問題であるというだけでなく、いつVanguardが2位のSSgAのみならず、iSharesを抜き去るかということが囁きだされていると述べています。

iSharesとVanguardはETFに対する基本的なコンセプトが異なり、iSharesは投資家が容易に取れないエクスポージャーを提供する目的でETFを組成しているのに対して、Vanguardは長期投資のコアに近いエクスポージャーを低コストで提供しています。

そのような意味でiSharesの存在意義は大きいのですが、気になるのはVanguardのETFとかぶっている商品が今後どうなっていくのかということ。

現在はパイオニアとして走ってきたIVVやEFA、EEMといった代表的なiSharesのETFが、その流動性の高さから機関投資家には好まれ、資産残高も大きいものになっています。これは流動性のメリットが管理報酬の高さのデメリットに勝っているということでしょう。
しかしこれが仮に、より低コストなVanguardのETFがメジャーになり、流動性も現在のiShares並みになって来た場合、流動性のメリットが失われ、そのコストの相対的な高さから、急速にiSharesのETFがしぼんでいってしまうことが懸念されます。

もちろんiSharesは今やBlackRockの収入を支える大きな柱のひとつになっていますから、BlackRockとしても指をくわえてみているわけはないと思いますが、比較的安泰だと思い、低コストな海外ETFを最終的なリレー先として考えている私のような投資家も、しっかりと業界構造の変化も含めた将来を見据えたETFの銘柄の選択をしなければならないのかもしれません。

杞憂に終わればいいのですが・・・。

って、記事を読んで思ったのですが、考えすぎですかね?^^
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

2 Comments

There are no comments yet.
iShares 対 Vanguard

カン・チュンド  

2010-10-30 18:35

> これは流動性のメリットが管理報酬の高さのデメリットに勝っているということでしょう。

おっしゃる通りだと思います。

トレーダー、機関投資家は
まだまだ iShares を愛好しているようです。

たとえば、iSharesのEEMとVanguardのVWOを比べると、
純資産残高の差に比して、売買高の差が大きいのが特徴です。

仮に純資産残高ベースでEEMとVWOの差がなくなったとしても、売買高ではEEMのほうが大きい状態が続くかもしれませんね。

EDIT  REPLY    

yb  

2010-11-02 15:30

>カン・チュンドさん

コメントありがとうございます。

そうですね。iSharesシリーズは流動性の高さから機関投資家が愛好しているようです。

国内ETF市場にもそのようなことを言える日が来ると個人投資家にとってもメリットが大きいのですがね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply