スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

[--/--/-- --:--] スポンサー広告URLTOP▲

東証にてETFに関する意見交換会に参加しました

昨晩は東証にて行われた、ETFに関する意見交換会によばれて行って来ました。

はじめ、ブログに設置しているメールフォーム経由で東証の方から「ご連絡差し上げたいことがあるので、メールください」という旨のメールを頂いたときには、何かブログ記事で東証の逆鱗に触れることを書いてしまったかと冷や汗をかいたのですが、ふたを開けてみると昨夜のETFに関する意見交換会のお誘いでした。

今回は、メディアとして

日本経済新聞社、「しぶとい分散投資術」でもおなじみの田村正之さん
日経マネー編集部の本間健司さん

FPおよびアドバイザーとして

晋陽FPオフィス、「ETF投資入門」を最近上梓されたカン・チュンドさん「カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け!」
ファイナンシャルジャーナリストの竹川美奈子さん「About Money, Today
経済評論家の木村佳子さん「木村佳子のマネープラン
ベーシック・インカム研究所代表の新田ヒカルさん「新田ヒカル公式ブログ

ブロガー代表として

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬ケンイチさん
投資信託のブログ|ファンドの海」のイーノ・ジュンイチさん
乙川乙彦の投資日記」の乙川乙彦さん
そして私。

東証から上場部推進室長の小沼泰之さんのほか6名
日興アセットマネジメントから今井幸英さん、小島雄介さんほか数名

が参加しました。

ブロガーとメディア、FPのカンさん、竹川さんはインデックス投資ナイトなどでもおなじみのメンバーでしたが、今回経済評論家でCFPでもある木村さん、個人投資家へのアドバイザリーもしている新田さんが加わり、かなり白熱した議論が交わされました。


内容的にはETFの認知度を上げていくためにはどうしたらいいか?機関投資家へは?個人投資家へは?などです。
最終的に結論らしいものを得るには至りませんでしたが、このお二方が加わったことで、比較的理想論に近くなりがちなインデックス投資ブロガー同士での議論をいい具合にディストラクションしてくれたような気もしています。

ETFもトレーダーによる出来高を増やさないと流動性が出てこないという文脈で、「個人投資家に人気のFXは一日のトレードの中にドラマがある。ETFも各銘柄に強くキャラクタライゼーションをして投資家がワクワクしてドラマを感じられるような商品のアピールはできないか」という意見には、あーなるほどなーと感心していました。

ただ、日興AMの今井さんがお話されている途中から議論が始まってしまったので、もう少し今井さんのお話をじっくり聞きたかったかなとも思いました。途中で終わってしまったのですが、今井さんのお話は、本当にETFをまじめに作っていて、ETFを普及したいという気持ちがひしひしと伝わってくるものでした。

また今度機会が作れればお話を伺いたいものです。

関連記事


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

[2010/11/05 17:42] 講演・セミナーコメント(2)トラックバック(2)URLTOP▲

コメント

新田ヒカル

新田ヒカルの印象はどうでしたか?
2chで騒がれているように単なるペテン師でしたか?

2010/11/13(土)20:50| URL | ぺこぽん #- [ 編集]

>ぺこぽんさん

コメントありがとうございます。

私2chは見ないのでどのように騒がれているかはわかりませんが、この会で私が受けた印象は、アントレプレナーシップを持つビジネスマンです。

建設的な意見を発信し、かつ周りの意見も引出そうとしているバランス感覚の良い方だという印象です。

2010/11/15(月)08:01| URL | yb #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://pension.blog88.fc2.com/tb.php/517-684012c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ETFについて日興、東証、ブロガーさんとお話ししました。

今日は、東証さんにて、ETFとその普及について以下の方々とお話ししてきました。 幹事 東京証券取引所 日興アセットマネジメント 専門家 木村佳子さん 竹川美奈子さん カン・チュンドさん ブロガー 水瀬 ケンイチさん 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー ...

2010/11/05(金)23:07│新田ヒカル公式ブログ

東京証券取引所意見交換会に参加

昨日、東京証券取引所の意見交換会に参加してきました。 ここ1~2年、ブロガーが証券会社や運用会社と意見交換をする機会が増えてきましたが、証券取引所からお声がかかって驚きました。 主催者が東京証券取引所、説明者は日興アセットマネジメント、そして有識者とし...

2010/11/05(金)23:21│梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。