スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

[--/--/-- --:--] スポンサー広告URLTOP▲

6月前半の積み立て

昨日と本日の二日間で6月前半の積立を実施しました。ギリシャの財政不安や東日本大震災、米雇用統計の悪化などを受け、円高、米国安、日本株安が進行していました。そんな中、私のポートフォリオも国内外の株式の比率が相対的に低下していましたので、国内外の株式を中心に積立を実施しました。

今回購入した商品は次の通りです。

・インデックスファンドTSP
・STAMグローバル株式インデックスOP
・eMAXIS新興国株式
(これらは十分に残高が積み上がりましたらETFへリレーする予定です)

・MHAM MMF
(こちらはころあいを見計らって個人向け国債やネット銀行の定期預金にスイッチする予定です)

今後も愚直に積立てていきたいと思います。


このところビザの申請に必要な書類を留学先の大学に請求したり、米国の小学校が夏休みに入ってしまう前に小学校の情報を得るためにいろいろと問合せのメールを書いたりとさらにジワリと忙しくなってきた感じです。ここが一つ目の山かもしれません。これが落ち着くとしばらく暇になり、また船便の荷出し近くなるとぐっと慌しくなりそうです。

楽しみですが、大変で~す。

関連記事


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

[2011/06/07 21:07] 資産運用の実践コメント(5)トラックバック(0)URLTOP▲

コメント

ヘッジファンドの積み立て投資

Ybさん、いつも楽しく読ませて頂いております。

私も常々、コツコツと積立投資に励んでいる親父です。
主な目的は子どもの学資とリタイア後の準備。
ドルコスト平均法を最大限に生かしているつもりですが、
実際には山あり谷あり、常に絶好調とはまいりません。

ところで最近読んだ「みんなの海外投資」
http://www.minkaigai.com/archives/category/nyuumon
というサイトで、高嶺の花かと思っていた海外のオフショアファンドに、
意外と定額から積み立てができることを知りました。
http://www.minkaigai.com/archives/category/kaigaifund/jisseki

手数料は高そうですが、年率10%で回るのなら、
多少のコストは覚悟で始めてみてもいいのではと思い始めています。

ちなみにybさんは、すでにヘッジファンドをポートフォリオに加えていらっしゃいますか? これからもいろいろと教えてください。

2011/06/10(金)10:44| URL | ヘッジファンド序の口 #mc96pJ3E [ 編集]

海外投資 インデックス?

インデックス積み立てるより海外ファンド積み立てる方がいいということ?YBさんの意見が知りたい。

2011/06/13(月)19:12| URL | とおりすがり #QIeUj5Zs [ 編集]

>ヘッジファンド序の口さん

コメントありがとうございます。

まずはご質問の件ですが、私のポートフォリオには3月末時点で約0.4%だけオルタナティブ資産が含まれています。

ただし、これは積極的に取り込んでいるわけではなく、それは昔、私がまだ分散投資を始めた頃、分散効果が高まるのではないかという考えだけでコストを無視して購入してしまったもので、現在は塩漬けにしています。

あくまでも私見ですが、ポートフォリオに含まれる商品はシンプルであることが大切であると考えています。そのシンプルさの尺度として自分自身に対して、その商品の仕組みや値動きについて一定の解説ができるかということ。

私はオフショア・オンショアに関わらず、ヘッジファンドの仕組み(どのような仕掛けで利益を出しているかなど)を解説できるほどの頭脳は残念ながら持っていません。

説明できない商品は、益が出ていても損が出ていてもその理由がわかりませんし、これからそのような状態が拡大するのか反転するのか、そのままなのかもわからず、売りどきも把握できないと思っています。

そのような理由から私はヘッジファンドに代表されるオルタナティブ資産を持たない方針でいます。

また、ヘッジファンド序の口さんがお幾つで、お子様がお幾つか存じ上げません。また、ヘッジファンド序の口さんのリスク許容度が如何ほどか存じ上げませんが、私の立場であるとしたら、比較的短期的に必要となる資金について高いリスクに晒すことは私でしたらしないのではないかと思います。

こんな考えています。
もちろん投資は自己責任です。ご自身で納得しているのなら自分が正しいと思う方法を取られるのが一番だと思います。

>とおりすがりさん

ヘッジファンド序の口さんへのコメントでお答えになっていますか?

2011/06/13(月)22:52| URL | yb #- [ 編集]

積立実践中

皆様の議論、興味深く拝見しています。

海外ファンド積立か、インデックス積立か?という点では
アクティブVSパッシブの論争となるので人それぞれとは思います。

一方で、では具体的にどの「商品」で?という話になると
このような議論もありました。

YBさんはどう思われますか?ぜひご意見きかせてください。

http://invest.letstalk.jp/thread/47/
-----------------------------------------------------

海外積立投資は最近ブームと聞きますが、
実際はどのくらいの人が本質を分かっているのでしょうか。

実際に何に積立投資をするのかが一番大事、という本質は
巷であまり語られておりません。

もちろん、巷の積立本ではそれなりに役に立ちます。
例えばこれは小生が読んだ本で良かった本です。

■忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (カン・チュンド)
■ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド 山崎元 (朝日新書)
■あなたにも5000万円貯まる信じられない... 積立投資のすすめ 上地 明徳
■半値になっても儲かる「つみたて投資」 (講談社プラスアルファ新書) 星野 泰平
■年金ゼロでも貯金1億円の資産運用術 新 邦昭
■あなたにも5000万円貯まる信じられない... 積立投資のすすめ 上地 明徳

たしかにドルコストを利用した長期投資が
一番合理的に資産を作る方法だと思われます。

ところが

★『それで結局、どの商品を積み立てればいいの?』

という問いに対する答え・実践が本にも証券会社にも無いのです。
そんな積立だったら1億円達成も理論は正しい「机上の空論」に過ぎません。

これらの本では結局、
市販されているセゾン投信やSBI証券でETFや投資信託で積立しよう!
というのがオチであるに過ぎません。

では、ためしに積立対象ファンドを証券会社のサイトで検索してみてください。
過去3年リターンを見てください。
どれも運用成績がマイナスのファンドばかりです。
実際に積立に値するリターンの良いファンドが無いのが問題なのです。

単に投資信託の購入コストが安いだけ、
ノーロードだけでは自分の資産は安全に増えません。
運用成績がマイナスのファンドを毎月買って一体どうするのでしょうか?!

------------------------------------------
引用終わり
お忙しいところ恐縮ですがどうぞよろしくお願いします

2011/06/24(金)20:28| URL | 積立中年 #8iCOsRG2 [ 編集]

>積立中年さん

確かに「商品」選択は重要だと思います。

長期投資に適さない商品を選択しないとか、不要なコストを払わなくてよい商品を選択するとか、そういう意味でですが。

コストは確実、リターンは不確実ですからね。

また、ローリスク・ハイリターンの商品は存在しません。あるとすれば詐欺商品でしょう。

さらに、過去は未来を保証しません。将来どのファンドがインデックスを上回るリターンを達成するのかは事前にはわかりません。

2011/06/25(土)06:56| URL | yb #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。