Welcome to my blog

留学

渡米準備~生活立ち上げ費用

0 0
10月の渡米を控えてビザ申請、引越準備、語学学習とてんやわんやのyb家ですが、お金については生活の立ち上げ費用として3万ドル強を準備しようと動いています。

楽天証券で米ドルをMMFで用意し、それを比較的低コストにシティバンクへ送金、それをシティバンクの外貨キャッシュカードで引出すか、米国で開いた銀行口座に送金しようと考えています。

これにかかるコストは、米ドルMMF購入時(1ドル当たり25銭)、楽天証券→シティバンクへの送金時(25ドル-1,000円)、外貨キャッシュカード(2ドル/1回)、シティバンクからの海外送金(2,500円~4,000円/回)となっています。

海外ATMは一回の引出し限度額が数百ドル、一日の引出し限度も3,000ドル程度に設定されているため、外貨キャッシュカードで3万ドル引出そうとした場合、トータルのATM手数料がバカにならないものになってしまいそうなので、渡米直後、銀行口座開設前は外貨キャッシュカードで引き出し、口座開設後はシティバンクから送金して利用しようと思っています。

現在までに約2万ドルを準備していて、平均購入単価は約80.70円/ドルです。今のレート、79円台前半に比べると若干高く買ってしまいましたね。震災やFRBのQE3をほのめかす発言を予想することはできませんでした。

あと1万ドルですが、これに関しては確定はしていませんが、以前から保有していたApple Inc.株を売却して充てようと考えています。
2005年初めごろ、iPhoneが誕生する前、iPodが携帯音楽プレーヤーの分野で市場を独占し始め、まだ社名に"Computer"が入っていた頃、以前から好きだったAppleとCEOのSteve Jobsを株主として支えるため、たった40株でしたが平均購入単価40ドルで購入していました。

その後、途中金融危機で株価が大きく下落する場面もありましたが、iTune Storeの成功、iPhoneの発売、iPadの発売、AppStoreの成功と飛ぶ鳥を落とす勢いで成長をしていき、それに伴い株価も40ドルから376ドル後半までぐんぐんと上昇を続けました。(7/20現在)

実にドルベースで9.4倍になった計算です。(円ベースでは6倍強)

先日の決算発表でも過去最高益を更新し、まだ伸びしろがありそうな雰囲気です。

しかし、ここ数年病気療養が多いSteve Jobsもそろそろ一線からは退きそうですし、Appleはほんとうに大きな会社に成長しました。それに伴い、私もAppleの株主からは退いても良いかという心境になりつつありました。

今後このAppleの成長から享受した利益は、私のキャリアアップのための投資(といっても主に米国での生活立ち上げに使われるのですが)に使おうと思います。

ちょうど心境と実需がマッチングした感じですかね。

「ありがとうApple」です。

あ、でもApple株購入当初の目標だったリターンでMacを買うというのも実行しますよ。(いいよね、奥様?)
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply