Welcome to my blog

留学

渡米準備~クレジットカード

0 0
米国ではクレジットカードかデビットカードでの支払が主流。デビットカードは銀行口座を開けば作成できますが、米ドル決済のクレジットカードは米国でのクレジットヒストリーのない私のような者には作れません。

かといって、円決済のクレジットカードでは為替手数料がバカになりません。ということでやはり米ドル決済のクレジットカードが欲しいわけです。

現時点で日本国内から渡米前に申し込みができる米ドル決済クレジットカードは次のものがあります。
ANA USA Card 
年会費70ドル、ショッピング1ドルにつき1マイル加算。
米国居住者のみ作成可能。

JAL USA Card 
年会費20ドル、ショッピング2ドルにつき1マイル加算もしくは年会費70ドル、ショッピング1ドルにつき1マイル加算。
フライトマイル10%加算。
米国居住者のみ作成可能。

プレミオカード 
年会費無料、ショッピングマイルは貯まらない。
米国居住者のみ作成可能。

ソニーカード 
年会費5,250円。
2通貨決済対応(ソニー銀行を引落口座に指定している場合のみ)。
ソニー銀行内のFXを使うと為替手数料は節約できる。
国内住所のみ作成可能。

SBIカード 
年会費無料。
多通貨決済対応(住信SBIネット銀行を引落口座に指定している場合のみ)。
住信SBIネット銀行内のFXを使うと為替手数料は節約できる。
国内住所のみ作成可能。

海外赴任者は通常税制的に日本の非居住者となる場合が多いと思いますので、ソニーカードとSBIカードは実質的につかえません。主に短期の海外旅行者向けという感じでしょうか。

ANA USA Card、JAL USA Card、プレミオカードの場合、渡米前に申込をして、米国内住所が決定後、カード会社に連絡し、米国内住所に郵送してもらう手順になるそうです。

まあ、ソニーカードもSBIカードも住所変更をしなければ持てることは持てるのですが、特に海外の場合不正使用を防ぐため、ネットでは請求書の住所と商品の届け先が異なると買い物ができないことがよくあり、特に、飛行機のチケット、コンサートチケットなど換金しやすいものは買えないそうです。
また、ガソリンスタンドでも、現地のZip Codeを入れなければならないところが多く、日本のクレジットカードが使えないことが良くあるため、やはり現地住所のドル決済クレジットカードが必要です。

ということで、マイルにこだわらなければ、プレミオカード。マイルを貯めたいのなら、航空会社系のカードで、赴任時に使うアライアンスのカードを作成することになりますね。

我家は、会社指定のANAで飛ぶ予定なので、ANA USA Cardに加入しようと思っています。住居費と教育費を除いた現在の年間基本生活費約3百万円の内、7割をクレジットカードで払ったとして、2.1百万円。約1万6千ドル=1万6千マイルになるのでなかなかバカになりませんからね。

なお、ANA USA Card、JAL USA Card、プレミオカードのいずれでも、米国でのクレジットヒストリーの構築ができるそうです。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply