渡米準備~ビザ面接@米国大使館

ビザ申請の大使館面接に米国大使館へ行ってきました。

溜池山王駅を出て米国大使館へ向かうと、そこには重装備の警官が通行人全員に職務質問していました。

ちょっとびびりながら「あ、あめりか大使館へビザ申請の面接に行きます」とちょっと噛みながら答えるとすんなり通してくれました。特に悪いことをしているわけではありませんが、職質を受けるのはあんまり気持ちのいいものじゃないですね。

さて、いきなり度肝を抜かれたわけですが、8時45分からの予約の所、8時に着いたら既に60名近くの人が列をなしていました。

当日は朝から小雨が降りむしむししていましたが、日が当たらない分楽だったのかもしれません。

先頭の人は何時から並んでいたのだろう???


待つこと30分、やっとセキュリティーチェックの入り口に。入口の外で飲食物をクーラーボックスの中に預けた(捨てた)後、携帯電話、iPodなどの電子機器をかごに入れさせられました。その後数人ずつ中に入れられ、セキュリティーチェック。空港と同様に金属探知機でチェックされ、電子機器はここで預けました。

大使館内に入るだけでなかなかの厳重さです。

飲食物は帰るときに回収できるようですが、同じようなペットボトルが並んでいるところから自分のペットボトルを正確に回収するのは難しいかもしれません。

セキュリティーチェックを受けた部屋をでて、大使館の建物沿いに数十メートル歩くと、ビザ申請者用の大使館の入り口があり、ここで必要書類が揃っているかのチェック。書類が閉じられている順番まで細かくチェックされます。ここで整理券が渡されました。

その後、鞄の中身のチェックと金属探知機のゲートをくぐって、やっと大使館内に入れました。

1番の窓口で書類を提出し少し待っていると電光掲示板に番号が表示され、指紋採取。片手ずつ親指以外の4本を採取し、続いて両手の親指の指紋を採取されました。米国の空港での入国検査みたいな感じです。

それが終わるとまたさらに10分くらい待たされ、電光掲示板に自分の番号が表示され、窓口に行きました。

窓口では穴の開いたアクリル板越し面接官と面接をします。

他の窓口では、書類が足りないのか、却下されそうなのかわかりませんが、必死に説明、懇願をしている人もいたりするので、かなりどきどきしながら窓口に向かいました。

しかし幸い、私はあまり問題のない申請者だったのか、質問の内容はいたってシンプルで、「どこのに行くのか?」「何を研究するのか?」「留学期間は?」「今所属している機関はどこか?」「そこでは何をしているのか?」「財政的なサポートは今の会社なのか?」などを聞かれて、ものの数分で終了。

一連の質問が終わると、「よい米国での滞在を」と言われ、一枚の紙を渡されました。

「あなたのビザ申請は、面接が終了し許可されました、ビザが届くまで一週間程度かかります」

という内容が書かれていました。どうやら無事VISAは通ったようです。

さて、次は引越ですね~。賃貸なので渡米時に住居は引払うため、結構大変そうです。

関連記事


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

[2011/07/29 10:27] 留学コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。