Welcome to my blog

留学

米国生活の立ち上げ~セットアップ編

2 0
ボストンについてからは、しばらくホテル暮らし。

一泊一室2万円強にも関わらず、全室スイートで簡単なキッチンがついているホテルがあったのでそちらに1週間宿泊しました。まあ、家族3人で泊まるにはリーズナブルかなと思います。

その間に、アパートメントの契約、車の購入、家具のレンタルの契約、生活必需品の買い出し、銀行口座の開設などを行いました。

アパートは渡米前にあらかじめ決めておいたので、到着翌日にアパートのリースオフォスに赴き、契約書にサイン。パスポートと入居時に必要なお金、家賃とセキュリティーデポジットと火災保険、しめて家賃の2.5ヶ月分程度のトラベラーズチェックがあればOKでした。なお、セキュリティーデポジットは敷金に相当するものですが、よっぽどひどい使い方をしない限りは全額返ってくるようで、しかもデポジットしていた期間に応じて金利がついて返ってきます。これはいかにも米国的。
車に関しては、ボストンは冬場は雪が多く降るので、雪の日でも比較的安心して乗れる中古の四駆を選びました。事前にお願いして見つけてもらった車を、Kelly Blue Book (KBB)で価格が妥当か確認して購入を決めました。米国は中古車市場が成熟しているので、日本ほど新車と中古車の価格差はないようです。3年落ちのトヨタRav4を購入しましたが、結構いい値段がしました。まあ、逆に言えば売るときにもあまり値段が落ちないということだと思います。

車も、国際免許証とパスポートを提示した上、トラベラーズチェックで購入することができました。

家具も渡米前に事前にメールベースで打ち合わせをしていて、渡米後そのショールームに行って契約。まあ、写真で見るのと違ったので、契約前に商品を差し替えたりしましたが、こちらもパスポートを提示しクレジットカードで支払っておしまい。ちなみに家具をレンタルしたCortという会社はバフェット氏が経営するバークシャーハザウェーの子会社だそうです。

銀行口座は、会社が早めに給与振込口座を開設してほしいということだったので、実店舗のある銀行へ。日本で送金用にシティバンクでドルを用意しましたが、ボストンはシティバンクはあまり強くなく店舗が少ないため、ボストンならどこにでもある感じがするBank of Americaに口座を開きました。実際、Bank of Americaがボストンのローカル銀行を多く買収したので、ボストンのほとんどの銀行がBank of Americaになってしまったようです。

口座は米国では通常ジョイントアカウントというものを開くということで、妻と私の連名の口座を開きました。こうすることで、一つの口座で夫婦のいずれもがチェックを切れるようになります。

ちなみに、Bank of Americaは来年からデビットカードの支払いに対して月額$5のチャージをすることにしたそうで、Bank of Americaユーザーには衝撃が走ったようです。
なお、ATMには手数料はかかりません。

我が家はデビットは使わず、クレジットか現金払い主義なので、あまり関係がありません。

そのうち、金利の良いネット銀行に口座を開くかもしれませんが、米国も現在は金利は雀の涙程度なので、ネット銀行でもそんなにかわらないため、どうするかはまだわかりません。

うーん、なんかブログに書いちゃうと大したことない気がするけど、これだけの手続きでも結構大変でした。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

2 Comments

There are no comments yet.

株の入門  

2011-10-26 17:24

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

EDIT  REPLY    

yb  

2011-10-27 02:28

>株の入門さん

何かのお役に立てば幸いです。

EDIT  REPLY    

Leave a reply