Drobo FS

ついに買っちゃいました。Drobo FS。

日本にいた時から気になっていて、欲しいなーと思っていたのですが、日本では少し高かったのでちょっと手が出ませんでした。



我が家は娘のデジタルビデオのデータや写真などが2TB程度あり、今までは外付けのHDDケースにHDDを4台入れてバックアップも含めて合計5TBで運用していたのですが、やっぱりデータの保全を考えると大容量でセキュアなストレージが欲しかったのです。

そして最近そのHDDの1台が時々認識しなくなり、たまに変な音がするようになって来ました。
これは大変ということで、米アマゾンでDrobo FSが$480(4万円弱)で売っていたので、ポチッとな。2TBのHDD(Seagate Barracuda ST2000DM001 2TB 7200rpm)を4台購入し、使用可能容量が5.4TBで昨日から運用を開始しました。


本当はWesternDigitalの2TB 7200rpmが欲しかったのですが、タイの洪水の影響からか僕が渡米前にアキバで見た価格よりかは大分高くなってしまっていたので、少し信頼性は落ちますが、Seagateで手を打ちました。

DroboシリーズにはUSB3.0接続などに対応したDrobo Sなどもありますが、このDrobo FSはLAN接続のHDDで、いわゆるNASというカテゴリーになります。我が家は複数台のMacを使用しているので、全てから共有できるNASという選択になりました。

Droboシリーズの何が優れているかというと、非常に簡単にRAID5もしくはRAID6が組める点です。

もちろんRAIDに対応したHDDケースとHDDを買ってくればRAID自体は容易に組めますが、例えばひとつHDDが故障してしまった場合、通常のRAIDでは同じメーカーの同じ容量の同じ型番の商品と入れ替えなければなりません。HDDもモデルチェンジしていきますので、運用開始から数年経ってからHDDが故障した場合、同じ物を入手するのが困難になります。

一方DroboはRAIDですが、独自のBeyond RAIDテクノロジーを採用することで、RAIDを構成するHDDへの制限をなくしています。つまり、その時に一番コストパフォーマンスの高いHDDをメーカーや容量を気にすることなく選択できるということです。これは大きなアドバンテージです。

更に、RAID自体の容量が足りなくなってきてしまった場合、通常のRAIDでは容量の追加などもやはり面倒なのですが、Droboの場合、新しい大容量のHDDを買ってきて、その時点で刺さっているHDDの内、一番小さい容量のものと差し替えるだけで、容易に容量を増やすことが可能です。この差し替えもホットスワップに対応しているので、電源を切ったり特別な作業を必要とせず、ただHDDを抜き差しするだけです。

また、DroboはRAID5もしくはRAID6相当なので、RAID5相当の場合、1台のHDDが、RAID6相当の際は2台のHDDはが同時に故障してもデータは保全されます。これは大容量のデータを保有するユーザーにとっては大きな安心です。

現在はRAID5相当で運用しているので、1台分のHDDこ故障にしか対応していませんが、旧HDDからのデータの移行が終わったら、旧HDDの1台をDroboに移して合計5台のHDD(ドライブベイが全て埋まった状態)、RAID6相当(デュアルディスク冗長性モード)にして、セキュアな運用に切り替えたいと思います。
RAIDを組んだ後にRAIDのモードを自由に切り替えられるのもDroboの大きなメリットの一つですね。

メリットばかり書きましたが、デメリットと言うと、独自のテクノロジーを使用しているのでデータの転送速度が若干遅いこと、本体が他のHDDケースよりも高価だということですかね。

現在データ移行していますが、2TB程度のデータを全部移行するのにまる1日掛かりそうです・・・(汗)
でもDroboに移行してしまえばデータの保全性がグッと高まりますので安心して運用できます。

なお、僕がポチッとした3日後、Droboの新製品が発表されました。
Drobo 5DとDrobo miniです。これらはUSB3.0接続などに対応したDrobo Sの上位機種で、昨年AppleがIntelとともに発表したThunderbolt接続に対応し、また内蔵するドライブとしてHDDだけではなくSSDも選択できるようにすることで転送速度がより高速になったモデルです。5Dは5台のドライブを載せることができ、miniは4台を載せることができるようです。

なお、現時点でまだ価格は発表になっていません。

Drobo 5D紹介ページ(英語)

我が家のMacの多くはまだThunderboltに対応していないので、そのうちMacが全てThunderboltに対応したら、プライマリーの外付けHDDとして購入を検討しようかな。

関連記事


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

[2012/06/23 23:38] Macコメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。