Welcome to my blog

資産運用

ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?

2 0
ドルコスト平均法と言えば、「一定間隔毎に、一定金額で、同じ投資対象を購入する」ことで、よく投資の入門書や持株会などのフライヤーなどにはこのメリットがよく書かれています。

この状況に対して、経済評論家の山崎元さんは「ドルコスト平均法は有利でも不利でもない投資法」とした上、「有利でないものを有利であると過大評価すると弊害の可能性を見落とすことがある」として、「機会損失の発生」「支払い手数料の増加」「ひとつの対象に対する集中投資によるリスクの増加」を弊害として挙げています。

先日のVanguardのリリースを拾うついでにVanguardのアドバイザー向けのサイトを見ていたら、ドルコスト平均法についてのスタディをまとめた論文が掲載されていました。

Dollar-Cost Averaging just means taking risk later (Vanguard.com)

このスタディでは、米国、英国及び豪州の過去のデータを用い、100万通貨単位(ドル、ポンド、豪ドル)を、一括投資し10年間毎月リバランスを行いながら保有た場合と、6,12,18,24及び32ヶ月間に分けてドルコスト平均法で積立て、その後積立開始から10年間の期間毎月リバランスを行いながら保有した場合を比較しています。
このスタディのモデルは、例えば今ある程度預金を持っている人が投資を始めたいけど、一括投資したほうがいいのか、ドルコストである程度分散したほうがいいのか、もしくはボーナスを貰った人がどう資金を入れていくといいのかというモデルに近いですね。

詳細は元論文を参照していただきたいと思いますが、要点をまとめると、

・どの市場のデータを用いた場合も、全期間のうち3分の2の期間で一括投資群がドルコスト平均法群よりもリターンが高かった。
・リターンの差は平均して2.3%(年率0.227%)であった。
・幾つかのポートフォリオでシャープ・レシオが計算されているが、いずれのポートフォリオでも一括投資のほうがシャープ・レシオが高い。(つまり少ないリスクで高いリターンが得られている)
・米国市場を使った12ヶ月の投資期間の比較で、ポートフォリオが毀損したのは全1,021サンプル中、一括投資群が全体の22.4%、ドルコスト平均法群は17.6%。
・毀損額の平均は一括投資群で84,001ドル、ドルコスト平均法群で56,947ドル。

ということです。

もちろんこれは過去のデータを用いた研究で、将来も同様の結果になる保証はどこにもありませんが、過去のデータを見る限り、ドルコスト平均法を採用すると3分の2の確率で機会損失をする可能性がある。しかし、運悪く下落相場に当ってしまうと、一括投資の場合の損失はドルコスト平均法に比べて1.5倍程度大きくなる可能性ある、ということでしょうか。

毀損額の84,001ドルに対して56,947ドルをどう見るか。投資額は1,000,000ドルなので、率にすると8.4%に対して5.7%。

ドライに確率論で納得でき、また、今後もざっくり右肩上がりの相場を予想できるのなら、年率換算で0.227%ではありますが、有利であった一括投資。ダウンサイドのリスクを強く感じてしまう方には相場下落時の損失額を小さくできるドルコスト平均法が良いということですかね。

結局のところ、ドルコスト平均法は有利でも不利でもない方法というところに落ち着きそうではあります。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

2 Comments

There are no comments yet.

矢向  

2013-01-13 15:57

不利でも有利でもない、、、けれども、銀行引き落としであれば、その分だけ有利かもしれない(笑)

アメリカ市場で見るとほぼ右肩上がりですので、最初のうちに買ったほうがいいって考えもあるかもしれませんが、

方針として「給料から買い付ける」としていたらドルコスト平均法に当てはまってしまいますね。
保険の代わりに買っているにしても、ドルコスト平均法になってしまいますね。

というのが持論。(あ、保険は団信しか入っていません。)

EDIT  REPLY    

yb  

2013-01-15 01:36

>矢向さん

コメントありがとうございます。
そうですね、給料から毎月拠出するのであればドルコストで積立は仕方ありませんね。
今回のスタディは少し異なる点は、はじめの一定期間ドルコストし、その後リバランスしながら運用と一括投資して運用を比べている点かと思います。

その点で、今まとまったお金があるけど、どんなふうにポートフォリオに組み込んでいけばいいのかなあ?という疑問に対する、ひとつのシミュレーションになっているのではないかと思い、取り上げました。

私は現在では、ほぼ一辺倒な右肩上がりではなくても、分散されたポートフォリオをしっかりリバランスしながら運用するなら、一括投資でも不利ではないのかなと考えています。

今後ともよろしくお願いいたします。

EDIT  REPLY    

Leave a reply