Welcome to my blog

資産運用

こんな所にも海外赴任の影響が

5 0
楽天証券が外国株式もNISA(少額投資非課税制度)で取り扱える旨を決算発表会で公表し、一部の方々の間で話題になっていますが、そもそも私には2014年度はNISA口座を開設する資格がないような気がしています。

”口座を開設する年の1月1日時点で20歳以上の居住者もしくは日本に恒久的施設を有する非居住者”

これが口座開設に関する条件のひとつです。

2014年1月1日から制度がスタートしますが、口座を開設するのは今年、2013年です。

2013年の1月1日に僕は日本に
いなかったじゃん!orz

恒久的施設も持ってないじゃん!

ということで、皆様より1年遅れのスタートとなります。

まあ、その分住民税が取られないけどねっ(って強がってみたり・・・)
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

5 Comments

There are no comments yet.

小屋  

2013-05-11 08:49

来年口座開設して、来年投資しても同じなので良いと思いますよ。

EDIT  REPLY    
お気の毒です

アフロ  

2013-05-13 09:59

NISAが各ブログで話題になって来ましたね。
当ブログでも話題に上げていたりします。
口座開設できないのはお気の毒ですが、長期投資家にしてみれば長く続ける事が大事です。
そういう意味では「長く続けられる(解約せずに済む)」と前向きに考えましょう。

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2013-05-27 13:16

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
基準日に海外に居住している

Kawai  

2013-09-04 23:45

どうぞ、ご安心を。基準日以降に国内に転入した方でも制度を使えますよ。(転入したときの国内住所を示す書類等を...)

EDIT  REPLY    

-  

2013-09-23 20:46

帰国して最初の住民票で良いようです。

参考
http://faq.rakuten-sec.co.jp/faq_detail.html?id=2841008

むしろ,再度非居住者になったときにどうなるかの方が心配です。
これだけ海外赴任が一般的になった今の時代に,証券会社は本当に海外赴任者に冷たいですからね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply