Welcome to my blog

資産運用

WisdomTree・マネックス証券で取り扱い開始

0 0
マネックス証券が2013年7月30日(火)からWisdomTree ETFシリーズ6銘柄の取扱いを開始しています。

マネックス証券サイト

WisdomTreeといえば、TOPIXやS&P500といった時価総額平均型指数とは異なる、配当性向やPERといったファンダメンタルを加味した独自指数、ファンダメンタルインデックスによる運用を行うという特徴を持つ運用会社です。
「株式投資の未来」のジェレミー・シーゲル氏がアドバイザーとして立ち上げた会社としても有名ですね。

取り扱い銘柄は以下のとおりです。
・【ELD】ウィズダムツリーRエマージング・マーケッツ・ローカル・デット・ファンド
 アクティブ運用(0.55%)
・【DXJ】ウィズダムツリーRジャパン・ヘッジド・エクイティ・ファンド
 ウィズダムツリー・ジャパン・ヘッジド・エクイティ・インデックス連動(0.48%)
・【DHS】ウィズダムツリーRエクイティ・インカム・ファンド
 ウィズダムツリー・エクイティ・インカム・インデックス連動(0.38%)
・【HEDJ】ウィズダムツリーRヨーロッパ・ヘッジド・エクイティ・ファンド
 ウィズダムツリー・ヨーロッパ・ヘッジド・エクイティ・インデックス連動(0.58%)
・【EPI】ウィズダムツリーRインド・アーニングス・ファンド
 ウィズダムツリー・インド・アーニングス・インデックス連動(0.83%)
・【DEM】ウィズダムツリーRエマージング・マーケッツ・エクイティ・インカム・ファンド
 ウィズダムツリー・エマージング・マーケッツ・エクイティ・インカム・インデックス連動(0.63%)

日本株式で運用するDXJは、私がまだ米国に住んでいた2013年頭、日本株がアベノミクス相場で盛り上がっていた際に米国でも非常に多く宣伝を打っていて、また売買高も多かったようです。
でもちょっとこのETF、為替ヘッジしてあると思うのですが、円建ての原資産へ投資し為替(ドル円)をヘッジした商品を、日本の投資家が為替リスクを取って買うというのは、日本株にヘッジコストだけを上乗せされて買っているというこのなので、なんだかな〜という気がします。

まあ、ファンダメンタルインデックスというプロパティをコストを払って買っていると考えられる人はいいのかもしれませんね。

今回のサテライト的な商品だけでなく、今後のコア的な商品への広がりを期待という感じですかね。

なお、8月5日からiSharesのコアインデックスシリーズの新興国株式クラス商品、IEMGも取り扱い開始しています。こちらのほうがインパクト大きいかな〜?
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply