5月前半の積立

5月前半の積立を本日行いました。
国内外の株式は4月末から急速に回復してきているので、ポートフォリオの中に占める国内外の株式クラスの割合が大分大きくなってきました。そのため株式クラスへの積立は今回はお休み。外国債券クラスへのみの積立です。今回購入したのは次の投信です。

年金積立インデックスファンド海外債券

今後も愚直に積み上げていこうと思います。


さて、GWの後半、私の実家へ帰省したり、お台場や銀座などに精力的に出かけていたりとネットへあまりアクセスしていなかった間に、幾つか新しい動きがありましたね。

一つ目が相互リンク先のNightWalkerさんが取り上げた、年金積立インデックスファンド新興国株式ファンドのマネックスでの取り扱い開始のアナウンスです。

マネックス証券さんも! 「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式(ヘッジなし)」と「年金積立 インデックスファンド海外新興国債券(ヘッジなし)」の取扱い開始

【投信】人気の“年金積立”シリーズに海外新興国(株式/債券)が仲間入り!

先に取扱を開始しているジョインベスト証券、フィディリティ証券では販売手数料1.05%です。それに対してマネックスはどう出るのか?というか、大胆にノーロードで勝負していただきたい!です。隠れコストは最初の決算まで明らかにはなりませんが、EEMへのリレー用として使える可能性があるだけにノーロードを強く願います。(詳細は16日に明らかになります)

二つ目は悲しいお知らせ。こちらもNightWalkerさんがエントリーされている、新生銀行、他行振込み手数料無料回数変更へというトピック。

新生パワーダイレクトにおける振込手数料実質無料回数の一部変更について

私は新生銀行をメインバンクとして利用しています。ただ、預金残高は今回の変更によって月1回無料になるところに入ってしまう程度にしか入れていません(要するに200万円以下です)。家賃なども新生銀行のネットバンキングから手動で振込んでいたので月1回になってしまった場合、投資用資金の振込みなどを無料で行うことができなくなってしまいます。これは一大事です!

さて、どうしよう?

1)生活防御資金として他の銀行や証券会社MRFに入っている分を新生銀行に移して残高を200万円以上にするか?
2)30万円分だけ新生銀行で投信を購入するか?
3)他のネットバンクへ切り替えるか?

新生銀行は本当に我が家のハブ銀行として機能しているので、3番の選択支は例えば新生プラチナにならないと振込みタダでできないよという事にならない限りはあまりに面倒すぎて気がすすみません。
1番は生活防御資金と普段の生活費との区別がつかなくなりそうで嫌ですし、預金金利はMRFなどの利率に比べて劣ってしまいます。
最もハードルが低く、不利にもならないのは2番ですかね。投信といっても円MMFも対象商品なようなので円MMF30万円購入で条件をクリアしようと思います。確か円MMFは30日以内の解約は手数料がかかりますのでMRFに比べ若干不利ではありますが、今回振向ける予定のお金は我が家が約1年半~2年生活できるだけ用意している生活防御資金の一部。30日以内に取り崩す事態はあまり考えられません。それであれば元本割れのリスク、利回りはMRFと同等と思われますので、2番という選択肢でまあいいかと。

関連記事


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

[2008/05/07 23:36] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(1)URLTOP▲

コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://pension.blog88.fc2.com/tb.php/76-fde02c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新生銀行の無料振込が月1回に

ニュースとしてはちょっと古いですが、新生銀行の無料振込が7月1日から月1回になるということです。 http://www.shinseibank.com/investors/common/news/pdf/pdf2008/080501ft_j.pdf この文書では、「新生銀行では、お客さまとのお取引の深さ(リレーションシップ)に...

2008/05/14(水)04:39│乙川乙彦の投資日記

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。