Welcome to my blog

その他

中学受験のよもや話~お金の話

0 0
投資系のブログなので、中学受験にどれくらいかかったかもしっかり記しておかなければならないですね。

4dde8a4631b11c279a9138a8a1909453_s.jpg

我が家は4年生の2月から塾に入って受験勉強を始めましたので、最近の主流の3年生の2月から受験勉強を始めたご家庭と比べると少し少ないかもしれませんが、みなさんのマネープランの参考にしてください。

という事で娘の中学受験にかかった費用大公開です!
5年生次学習塾代(本科授業、春期・夏期・冬期講習、特別講習、模擬試験代含む):約84万円
6年生次学習塾代(上記に加え志望校別特別講習代):約120万円

受験料(7校分):18万円
入学金(合格した3校の内2校について入学金納付):80万円:

という感じです。

合計すると約302万円。その内、進学する学校の入学金は中学1年生次の教育費という事になろうと思いますので、実質は約262万円です。結構かかりましたね。

平成26年度文科省の子供の学習費調査によると、公立小学校の5年、6年生の平均学習費はそれぞれ32.7万円、41.5万円となっています。
それと比べると我が家は受験関連費用だけでも5年生で約51万円、6年生で約137万円多く費用がかかった感じです。

特に読めないのが入学金。

まあ、沢山収めなければならない=しっかり合格をもらってきたという事で嬉しい事ではあるのですが、金額が金額だけに結構家計のダメージは大きいです。

志望校に絶対受かるという自信があるお子様の場合や、結果的に1校しか受からなかった場合は1校分だけでよいのですが、うちの娘のようにぎりぎりのところを狙っていって滑り止めも受験したりした場合は、滑り止めとして合格した学校にも納入しておかなければなりませんし、受験スケジュールによってはもっと多くの学校に納入するケースも増えてしまうケースもあると思います。学校によっては納入を他校の合否がわかるまで遅らせてくれる学校もありますが、それでも1部の手付金は払わなければなりません。

我が家もキャッシュフロー表を作成する際は文科省の統計調査結果をとりあえず利用する事が多いですが、私立中への進学を考えている場合は4~6年次は統計に比べてはるかに多い教育費がかかってしまう事を計算に入れておかないと、マネープランが大きく狂ってしまうような事態に陥る出費だろうと思います。

なお、日能研4年生クラスは大体年間で40万円くらいかかるという数字が入塾説明会の際に出されていたのを記憶していますので、4年生クラスから入った場合はプラス40万円程度多くかかる事になります。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply