Welcome to my blog

資産運用

ニッセイAMが展開するインデックスファンドシリーズ7商品の信託報酬を引き下げ。その時投資戦略はどうする?

0 0
以前の日経田村氏の記事に書かれていたように、ニッセイAMが展開するインデックスファンドシリーズ7商品の信託報酬を引き下げました。

個人型DCに割安投信続々、数百万円お得も(日本経済新聞)

<購入・換金手数料なし>シリーズ7商品の 信託報酬率引下げ(投資信託約款変更)について

引き下げ前後の信託報酬率は以下の通りです。
ニッセイTOPIXインデックスファンド 0.290% → 0.180%
ニッセイJPX日経400インデックスファンド 0.310% → 0.195%
ニッセイ国内債券インデックスファンド 0.150% → 0.145%
ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.240% → 0.200%
ニッセイ外国債券インデックスファンド 0.200% → 0.170%
ニッセイJリートインデックスファンド 0.335% → 0.250%
ニッセイグローバルリートインデックスファンド 0.450% →0.270%

変更はTOPIXインデックスファンドが11月18日、その他が22日からということです。

ニッセイAMのコストに対するこだわり、シビレます。

さて、これだけインデックスファンドの信託報酬率が下がってくると、考えなければいけないのが投資戦略です。

投資戦略と言っても、信託報酬率が下がったからと言ってすぐニッセイに乗り換えなきゃとかそういうことではありません。考え直さなければならないのは、ETFへのリレーと言う戦略が今でも有効かということです。

日本株式クラスの場合、私がリレー先にしているのは(1306)TOPIX連動型上場投資信託です。信託報酬率は0.11%。ニッセイTOPIXとの差は僅か0.07%です。1,000万円投資して年間7,000円の差。

リレー時のコスト(売買手数料やリレー時の税コストやリレーしたことによる将来発生する税コスト)や分配金の事を考えると日本株式クラスについてはリレーをする必要はなくなってきているような気がします。

外国株式クラスの場合、リレー先はVanguard Total World Stock ETF (VT)です。経費率は0.14%。こちらはいわゆる国内のファンドの隠れコストも含む経費率ということですし、投資対象国が異なるので単純比較はできませんが、ニッセイ外国株式との差は0.06%です。

外国株式クラスについては海外ETFにリレーする際は、為替手数料などもかかってきますし、売買手数料も日本株に比べるとまだだいぶ高いです。新興国株式クラスがまだそれほど信託報酬率が低くないので一概には言えませんが、リレーの必要性は小さくなっている気がします。

本当に積み立てたらほったらかしができる状況が近づいているのですね。(もちろんリバランスは必要ですがね)
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply