FC2ブログ

Welcome to my blog

ポートフォリオ

2016年末のポートフォリオ

1 0
もう今年も終わってしまいますね。今年は予想外のことがいろいろ起き、マーケットも予想外に動きましたね。世の中もマーケットも予測は難しいもの。だからこその分散です。

そんな分散が大切な私の年末時点でのポートフォリオは次ぎの通りです。


目標アセットアロケーションは以下のグラフのとおりなので、それほどズレてはいない感じですね。




このまま分散を大切に継続していきたいと思います。

次にリターンです。リターンは以下の通りでした。

直近3ヶ月:+9.0%
直近1ヶ年:+1.6%
直近3ヶ年:+11.1%
直近5ヶ年:+54.3%
運用開始来:+33.8%

この3ヶ月は特にいいパフォーマンスでしたね。とは言え、いいときがあれば悪いときがきます。堅実に継続することが大切ですね。

最後に、年末なので保有商品の紹介です。

<日本株式クラス>
SMT TOPIXインデックスファンド
ニッセイ TOPIXインデックスファンド
(1306)TOPIX連動型上場投資信託

<日本債券クラス>
個人向け国債(10年変動)

<外国株式クラス>
SMTグローバル株式インデックス
ニッセイ外国株式インデックス
SMT新興国株式インデックス

IVV
VTI
EFA
VGK
VWO
VT
(DC)外国株式インデックス
(DC)DIAM外国株式インデックス

<外国債券クラス>
米ドルMMF
豪ドルMMF

<オルタナ>
SMT Jリートインデックス
ニッセイJリートインデックス
SMTグローバルリートインデックス
ニッセイグローバルリートインデックス

ピンク字の商品に積み立てを行っています。

今後も愚直にコツコツと継続していきます。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

1 Comments

There are no comments yet.
国内債券アセットクラス

thom32578  

2017-01-23 21:54

有益な情報有難うございます。当方も、安全資産として個人向け国債(変動10)を保有していますが、リスク資産としての国内債券アセットクラスをどうするか、今悩んでいます。世界経済インデックスファンドの資産配分割合に準拠して、自分でアセットクラス別のインデックスファンドを選んでポートフォリオを組んでいますが、最後までスッキリしないのが、国内債券アセットクラスです。
(1)NOMURA-BPI総合タイプインデックスファンド:金利上昇幅1%で債券下落率8%、など現状では一段高は望みにくい。
(2)先進国債券(為替ヘッジ付き):現在ヘッジコストが1.8%超となっている。
(3)DLIBJ公社債オープン:シャープのCBなどで一度苦い経験あり。
(4)バンクローン債、ハイイールド債、CB債:国内ものでは適当な投資信託がない。
(5)国内物価連動国債ファンド:リスク資産運用対象外のものは個人向け国債(変動10年)に割り当てているので、リスク資産の国内債券アセットクラスには国内インフレ連動債ファンドを想定しているが、一定規模以上は投資したくない。
(6)国内債券アセットクラスを特に立てない:国内低ボラ高配当株ファンド、サムライバリュー、国内中小型株、国内リートへの投資も考えられるが、何かスッキリしない。
(7)マルチアセットアロケーションファンド:クアトロ、スマートラップジャパン等が代替としてあるが、やはりコストが気になる。
(8)国内債券アセットクラスとして複数の投資信託を組み合わせる:できればシンプルで単純な投資方法が良い。
・・・以上、自分でいろいろ考えてみましたが、堂々巡りするばかりです。

EDIT  REPLY    

Leave a reply