FC2ブログ

Welcome to my blog

その他お金

日本からBank of America口座解約〜後日談

0 0
以前のエントリーで書きましたBank of Americaの口座閉鎖の件、紆余曲折ありながら、先日無事に三井住友信託銀行プレスティア(旧シティバンク銀行)の米ドル普通口座に入金ができました。

79e6697e8059e264bef0148b1ae22c80_s.jpg

小切手が送られてきたところまでの経緯はこちらのエントリーの通りです。

日本からBank of America口座解約

さて、いざプレスティアに小切手の入金しようと思い、フルマラソン明けで元々有給休暇をとっていた月曜日に小切手を持って窓口へ。

プレスティアになってから窓口に赴くのは初めてでしたが、シティバンク時代と変わらず受付で要件を伝え、適切な窓口に案内されるというスタイルです。

書類に記載をして小切手と共に担当者に渡し、これでOKと思って手続きを待っていると、担当者が神妙な面持ちでこちらを向き、「このままでは受け付けられない」と。

理由は「Bank of Americaの口座はJoint Accountといって夫婦共同の名義になっていたので、小切手も夫婦共同名義になっていたため、私単独の申請では受け付けられず、妻の同意も必要なため」とのとこ。

日本の金融機関だったら受け付けそうな気もしますが、確かに共同名義の資産が片方の意思だけで勝手に引き出されてしまう可能性がありますものね。小切手が不正に換金されないためのシステムがちゃんと入っているということです。

結局その日は同意書の用紙だけ貰ってすごすごと帰宅し、妻に同意書への記入と小切手への裏書をお願いし、返送いたしました。

待つこと約1ヶ月・・・

昨日無事に入金されたことを確認しました!よかったよかった。

結局口座閉鎖に伴って支払った手数料は、プレスティアの米ドル小切手の取立て手数料の2,000円のみでした。

最初はInternational Wire Transfer(手数料40 USD)にするか、Transferwiseで円転して入金するか(手数料数ドル)にするかいろいろ迷いました。

手数料的にはTransferwiseが安いものの、米ドルを使う機会もありそうですし、そもそも閉鎖時の口座の残高はその度に換金手数料取られるなら米ドルのまま持っていたほうがよいと思う程度の金額だったので、よい選択ができたかなと思っています。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply