FC2ブログ

Welcome to my blog

投資信託

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2018」は分散・低コストが鍵でした

0 0
foy2018ttle.gif


2019/1/13(日)に投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018の発表、授賞式が行われました。

地元品川区で今年も開催にもかかわらず当日は諸用あり参加することはできませんでしたが、ツイッターや公式ウェブサイトで式の様子を伺う事ができました。
受賞された運用会社様のコメントを読むと、なかなかに熱い言葉が述べられており、盛り上がったようですね。


FOY2018のランキング(1~10位)は次の通りでした。

第1位 eMAXIS Slim先進国株式インデックス
第2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
第3位 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
第4位 楽天・全米株式インデックスファンド
第5位 eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
第6位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
第7位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
第8位 eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
第9位 楽天・全世界株式インデックスファンド
第10位 eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

ニッセイ外国株式は2017年に大きなトラッキングエラーを発生させてしまい、FOY2017ではやや評価を落としてしまっていましたが(それでも2位でしたが・・)、FOY2018では昨年と同じく2位ながらも得票数は大きく回復させてきています。

ニッセイの本ファンドシリーズでコンセプトとして掲げている、「運用資産残高に応じて信託報酬を下げていく」ことをしっかり実践されていることが根強い支持されている理由と思います。

上位10ファンド中5個を占めたのがeMAXIS Slimシリーズ。こちらは信託報酬で業界最低を追随していくというわかりやすいコンセプトと安心感から幅広い支持を受けているように思います。

また、全世界株式に一本で投資できる低コスト商品として、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)、バンガード・トータル・ストックETF(VT)、楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)の3本が10位以内に入っています。

FOY2018の結果を見てみると、低コストを前面に出したインデックスファンドもしくは広い投資対象に1本で投資できるインデックスファンドの評価が高いことがわかり、投資の原則ともいえる、「分散」・「低コスト」商品がよいと評価されているのだと思います。

一般消費者に比べて少しは勉強熱心なブロガーというアーリーアダプターが選んだこのランキング、マーケティング的にはもう少し投資信託市場がマチュアな状況になったときの先行的な指標になるんですかね。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply