生命を考える

近頃読み終わった本です。

「今日我々のような真核細胞からできている多細胞生物がなぜにこんなにも進化・複雑化することができたのかはミトコンドリアがいたからである。」壮大な生命の神秘を様々な領域の研究成果を横断的にまとめ、ライフサイエンスを選考しない人にもわかり易くストーリーにした一冊です。



本書の内容を非常にかいつまんでみると、


・細胞の起源。(海底にあるブラックスモーカーと呼ばれる熱水噴出孔の周りに生じた鉄硫黄化合物の微小な泡が細胞の起源であるらしい。この泡の内外に水素イオンの勾配ができ、それによって生じる化学浸透圧を利用して細胞の活動に必要なエネルギーを産生する事ができるようになったらしい。)

・原核細胞である細菌が真核細胞のように複雑化できなかった訳。(限られた栄養源の中で他の細菌と競争して勝つためには細胞分裂を速くしなければならなかった。そのためにはDNAの複製をすばやく行う必要があり、不要なDNAはどんどん削っていくしかなかったから。)

・原核細胞がなぜミトコンドリアを取り込んで真核細胞の原型を作ったのか。(恐らくメタン生成菌とα-プロテオバクテリアの一種が共生をし、最終的にはα-プロテオバクテリアがメタン生成菌に取り込まれ、ミトコンドリアになった。)

・呼吸を司るミトコンドリアがどうやってエネルギーを産生するのか。(膜の内外の水素イオンの勾配による化学浸透圧を利用してエネルギーの元であるATPを作っている。そのATPはミトコンドリアの膜上の13の酵素で作られるが、13の酵素は全てミトコンドリアのDNAにコードされている。)

・受精卵から生体への分化や日々の組織の更新に重要な役割を果たしているプログラムされた細胞死(=アポトーシス(細胞の自殺のようなもの))がどうやって起こるのか。(ミトコンドリアから放出されるフリーラジカルによってコントロールされている。)

・有性生殖では、核のDNAは両親から受け継ぎ、ミトコンドリア(のDNA)はほとんどの場合において母親からのみ受け継ぐ。

なぜ有性生殖をするのか?歳をとるとなぜ老化に伴う変性疾患にかかるのか?にも言及していて、どちらにもミトコンドリアが重要な役割をしていると示唆されています。このほかにも書ききれないくらいたくさんの事柄について解説されています。

と書くと非常に難しい本のような気がしますが、多くの専門用語に脚注がついていて、また、いろいろな例えを出して解説しているので初心者でも理解できるように工夫されています。

ミトコンドリア。中学生の理科以来で懐かしい響きの方もいらっしゃるでしょう。そんなミトコンドリアが我々の進化、日々の生活、生死をも司っているようです。

本書の老年性変性疾患の解説の中で「変性疾患の起き易さはミトコンドリアに溜まったDNAの変異が原因であり、その変異が閾値を越えると病気が発症しやすくなる。ミトコンドリアのDNAにかんしてどの程度変異が溜まっているのかを検査してくれるサービスがある。変異が少なく、変性疾患が起き難い体質の人は長生きのリスクを考え資金計画を十分に行うべきかもしれない」と言う趣旨のくだりがあり、資産設計に関してそんなアプローチも将来的にはメジャーになってきたりしてなどと思ってしまいました。

また、「フリーラジカル(≒活性酸素)を消去するようなアプローチで老化を防ごうと言う考えから、抗酸化剤のサプリメントが流行っているが、このアプローチでは老化は防げない。」と言うことも書かれています。

本書を通じて、我々はどこから来たのか?生命とは何なのか?なぜ進化できたのか?このような進化は例えば他の星でも起きうることなのか?などいろいろ考えさせられました。(といっても難しすぎて答えは出ませんが・・・)

関連記事


人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




[2008/06/16 20:18] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。