確定拠出年金限度額引上げ

本年から確定拠出年金の拠出限度額が引き上げられ、私の勤務先の企業年金体系ですと、25,500円から27,500円になりました。

私の場合、会社からの拠出分は変わらないので、拠出限度額が引き上げられた分(2,000円)はマッチング拠出分を増額し対応しました。
マッチング拠出分は所得控除になり、税制面で有利になりますので、制度はフルに活用しています。

>>続きを読む

[2014/10/15 19:22] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

そろそろ??

eb332076d766c2e817285f0a6d4860b9.jpg
さてさて、NYも最高値を更新、日経平均も年初来高値を更新、円安も進行しているので、リバランスの必要性の有無を見極めるためにポートフォリオのチェックを行いました。

>>続きを読む

[2014/09/20 01:39] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

2014年夏の家計状況

さて、今日はアメリカ合衆国の独立記念日。
2年前はチャールズリバー沿いのHatchShellで毎年行われるBostonPopsのコンサートを聴いていたのを思い出します。

そして今日は勤務先の夏のボーナス支給日でした。
我が家ではボーナス支給日後に資産のチェックを実施しています。

我が家の資産は昨年の夏に比べて16.2%、昨年末に比べて6.2%増えました。

昨今の株式の上昇と予想以上にもらえたボーナス、そして6月まで取られていなかった住民税の影響が大きいかなと思います。

内訳は次のとおりでした。

>>続きを読む

[2014/07/05 00:09] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

インデックス投資は楽チン投資法

米国から帰国して1年2ヶ月が経ちました。帰国直後に新しいスタートアッププロジェクトを任され、プロジェクトを軌道に乗せるために昨年一年はもがいて来ました。

さらにこの4月からは部下に外国人が加わり、英語でのチームマネージメントをせざるを得ず、時間の余裕はあったものの、心の余裕がなく、ブログの更新もかなりの間滞っておりました。

>>続きを読む

[2014/06/09 19:03] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

リバランス実施しました

本日、リバランスを実施しました。

通常ですと年始のリバランスは臨時資金注入のノーセルリバランスで事足りてしまいますが、今回は株式が値を上げていることもあり、ノーセルではあまりリバランスにならないことが判った為、増税前に売る必要があるものは売ったと言うわけです。

>>続きを読む

[2013/12/20 16:49] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

7月の積み立てと今後

本日、7月の積立を行いました。

今回が月次の積み立てという意識を持って行った帰国後最初の積み立てでした。
というのも、5月から口座の休眠が解かれ、売買ができるようになりましたが、6月まではそれまでやむを得ず放置していたポートフォリオのメンテナンス(リバランスやリアロケーション)という意識が強く、それらの売買と一緒に4月から6月までの積み立て分も扱っていたからです。

今月は留学前のように手動で積み立てようと思っていたのですが、なかなか忙しくて時間がとれず、結果7月最終日に積み立てることになってしまいました。

まあ、月内ではそこそこ良いところで積み立てることができたのかなとも思いますが、時間が取れずに積み立てを忘れてしまうのは避けたいところです。

避けるためには・・・

>>続きを読む

[2013/07/31 22:24] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

リレー投資のコストインパクトの一例

インデックスファンドからVTへリレーを行ったという記事を書きました。

今回のリレーは結構大規模で、外国株式クラスの保有残高の30%近くがリレーされた感じです。これくらいの規模でリレーを行った場合、税金と為替手数料、売買手数料などでどれくらいコストがかかってしまうのでしょうか?

リレー元にどれくらいの含み益があるのかなどによってもコストインパクトは大きく変わってしまいそうですので、意味があるのか無いのか微妙なところではありますが、今回、リレーしなかった場合の仮想のポートフォリオとリレー後のポートフォリオを比較して、その前後のポートフォリオ全体の金額からコストを実測してみました。

結果、今回のリレーに伴うコストのインパクトは、ポートフォリオ全体に対して

>>続きを読む

[2013/06/16 18:35] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

リレー投資!

前回のエントリーでリアロケーションを行ったと書きました。
その際に外国株式クラスのリレー投資も行いました。

(iSharesの東証上場がアナウンスされた今となってはなんだかなーというエントリーですがご笑納下さい)

今回は、SMTグローバル株式インデックスファンドとeMAXIS新興国株式インデックスファンドからVT(Vanguard World Total Stock Index ETF)へとリレーを行いました。

今まではVTIとEFA、VWOを使っていたわけですが、今回VTへと変更したのは先般の指数変更に伴うごたごたの際にVTの魅力がひとつ追加されたと感じていたためです。やっぱりこれ一本で済んでしまうのは、色々と楽チンです。

>>続きを読む

[2013/06/15 20:29] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

嬉し悲しき元本回復

本年度のインデックス投資ナイトが開催された週末、私のポートフォリオは元本回復しました。

もちろん何が起きるかわからないので、来週には再度マイナス圏へ沈むかもしれませんが、一応事実としてご報告差し上げておきます。

元本を割り込んだのは2008年第1四半期でしたので、実に5年ぶり。
含み損は、率として2009年第1四半期に最大となり−32.6%を記録。額面としては2011年第3四半期に最大となり、年間支出の約4年分を記録しました。

まあ、よく戻したものです。酷い下げ相場を乗り越えられたのも、下落時に不安になりながらも資産運用に理解を示してくれた妻や、投資ブログ仲間のおかげと思っております。

さて、元本回復したのは良いのですが、安堵感を持っている反面、非常に悲しくもあります。

なぜか?それは、

>>続きを読む

[2013/01/14 00:14] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

我が家の家計管理はこうしてます

我が家は夫婦ふたりともめんどくさがり屋なので、細かいことはなかなか出来ません。そんな二人ですが、家計管理についてはざっくりとではありますが、次のような考えで運営しています。

それは、


>>続きを読む

[2013/01/05 00:02] 資産運用の実践コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

広告

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。