「ETF投資戦略」を読みました

ラス・ケステリッチ著 バークレーズ・グローバル・インベスターズ(株)証券営業部監訳の「ETF投資戦略」を以前、楽天証券、ブラックロック協賛:『世界のETF市場とiシェアーズ(r)のこれから』のお土産でいただきましたので読んでみました。

参考記事
楽天証券、ブラックロック協賛:『世界のETF市場とiシェアーズ(r)のこれから』



「ETF投資戦略」というタイトルですが、約230ページの約2/5に当たる前半約90ページが長期分散投資の重要性や勝つアクティブファンドを見つけられるか?、コストが投資リターンに及ぼす影響などについて割かれています。後半は主に米国でのお話になりますが、米国でどのようなETFにアクセスでき、どのようなエクスポージャーをどのように取れるのかということについて解説されています。

>>続きを読む

[2010/10/03 12:14] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

竹川美奈子著「投資信託にだまされるな!」

竹川美奈子さんの「投資信託にだまされるな!本当に正しい投信の使い方 2010年最新投信対応版」を読みました。



本書は、2007年に買ってはいけない投信(≒主に金融機関の窓口で勧められるもの)の見分け方を広告例を通じて示し、また正しい投信の選び方、利用法を示した、当時としてはセンセーショナルな買い手側の立場に立った投資本として出版された「投資信託にだまされるな!」の改訂版です。

お金のことを考え始め、投資の世界の入り口付近にいらっしゃる方向けの良書です。

また、3年前から良質なインデックスファンドやETFがそろってきているものの、依然として金融機関の窓販で勧められる投信は、所謂”買ってはいけない”投信が多い状況は変わっておらず、今まさに金融機関から金融商品を勧められているあなたにも是非読んでいただきたい一冊です。

>>続きを読む

[2010/09/16 22:07] 書籍紹介コメント(4)トラックバック(0)URLTOP▲

日経 田村氏 小説「月の虹」

日経 田村氏が小説をだされました。(ご献本いただきました。ありがとうございました。)

タイトルは「月の虹」。



「月の虹」・・・どこかで聞いたような・・・?

>>続きを読む

[2010/09/11 23:16] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

長期分散投資の真実(3)

日経新聞電子版・ライフ面に田村正之さんのマネーエッセイの連載3回目が掲載されています。

今回は「金融危機と若手医師の夢 長期分散投資の真実(3)」として、ある若手医師のケースを題材に、分散の効果について前回までと同様にイボットソンのデータを使いながら解説してくださっています。

分散の効果に関しては、データを使って解説してくださっている通りだと思います。
金融危機で一時的に各資産クラスの相関は高まりましたが、分散の効果は死んではいなかったと思いますし、今後も生き続ける可能性が非常に高いと思っています。

>>続きを読む

[2010/04/12 17:55] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

田村さんのマネーエッセイ二回目が掲載されています

先日のエントリーで紹介しました日経電子版・ライフ-家計欄に掲載されている「点検個人マネー・長期分散投資の真実」の続編がアップされています。

「オンリー・イエスタディ」、米大恐慌の時代 長期分散投資の真実2(上)

本エッセイでは、1929年に起こった米国の大恐慌をサンプルに、配当再投資によって得られる複利効果、分散の効果、ドルコスト平均法の効果をイボットソンのデータを用いて検証しています。

大恐慌時は、これら3つが非常に効果的に効いていて、早期に元本回復できています。
過去によって未来を予測することは危険ではありますが、私はこれらの効果は今後も生き続けるのではないかと思っています。

本記事と同様の内容は、田村正之さんの著書「しぶとい分散投資術」でも紹介されています。
ご興味のある方はこちらもご覧になってみてください。

電子版だと興味のある方しか読んでくれなさそうなのが残念です。
こういう良記事が電子版だけでなく、紙面の方にも掲載されるともう少し資産クラスの分散を意識した投資家が増えてきてくれそうなのに、ちょっと勿体無いかなと思いますね~。

[2010/04/02 06:38] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

マルキール氏とエリス氏の共著がダウンロードできます

先日はライフネット生命の岩瀬大輔さんの著書「生命保険のからくり」が無料でダウンロード出来るようになり、国内の各方面で話題になりましたが、米国では昨年末に上梓されたバートン・マルキール氏とチャールズ・エリス氏の共著「The Elements of Investing」が無料でダウンロード出来るようになっています。

<3/26 6:19追記>
コメント欄、矢向さんからの情報です。
現時点で、人気が出てきたのでダウンロードを中止しているようです。今後再開するかは不明です。


An acclaimed new book is yours for free (Vanguard.com)

私も読みましたが、本書は投資の初心者向けに書かれたもので、投資におけるいろはを事細かにいろいろな実例を交えながら解説されています。

投資に興味がある方、英語に興味がある方はダウンロードして読んでみてはいかがでしょうか?

[2010/03/24 06:06] 書籍紹介コメント(4)トラックバック(0)URLTOP▲

インフルエンザパンデミック

新型インフルエンザが流行しています。

人類がいまだかつて感染したことのないインフルエンザウィルスということで、メディアは大きく取り上げ騒いでいますが、その情報は玉石混交。有益な情報から、間違った認識を植えつける情報まで様々です。
テレビだけでなく書店にも新型インフルエンザの恐ろしさを煽る書籍が並んでいます。

また、「新型インフルエンザは弱毒性=季節性インフルエンザと同等」という誤った認識が広がるにつれ、一時のメディアの盛り上がりも下火になると途端に情報量は少なくなり、それと共に視聴者の関心も薄れてしまっている感すらあります。

そんななか、一冊の新書を見つけました。

河岡義裕・堀本研子著「インフルエンザ パンデミック 新型ウィルスの謎に迫る(ブルーバックス)」です。




>>続きを読む

[2009/09/28 08:05] 書籍紹介コメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

老荘に学ぶリラックス投資術

7月中旬の梅屋敷の会でご一緒させて頂いたI-Oウェルス・アドバイザーズの岡本氏より新刊「老荘に学ぶリラックス投資術」を頂戴しましたので、ありがたく読ませていただきました。



投資と老子、荘子の思想???

と一見結びつきはないように思える組み合わせですが、読み進めていくと現在のようなマーケットが無かった遥か昔に老荘が説いていた思想と、インデックス投資との共通点に納得してしまいました。

本書は投資をする前に、投資をどう捉えるべきか?投資とどう接するべきか?という心の準備をするのに切り口として面白い本だなあと思います。

>>続きを読む

[2009/09/04 05:31] 書籍紹介コメント(0)トラックバック(0)URLTOP▲

クルーグマン「危機突破の経済学」

2008年ノーベル経済学賞を受賞した、ポール・クルーグマンの「危機突破の経済学」を読みました。



本書は、リーマン・ブラザーズ破綻が起きた数ヶ月後の2008年末から2009年3月にかけて行われた4回の取材をまとめたもののようです。

サブタイトルの『日本は「失われた10年」の教訓を活かせるか』とあるように、前半を日本に割き、日本がバブル崩壊以降何をしてしまったのか、何をしてこなかったのかについて、クルーグマン教授の以前からの考えを改めて述べ、そしてこの金融危機でなぜ日本が最も深刻な被害を被っているのかについての分析が述べられています。

>>続きを読む

[2009/08/23 06:34] 書籍紹介コメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

竹川美奈子著「たりないお金 20代、30代のための人生設計入門」、カン・チュンド著「忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」

ファイナンシャル・ジャーナリスト、竹川美奈子著「たりないお金 20代、30代のための人生設計入門」を読みました。



冒頭、『けっして脅かしているわけではありません。』と言いながら、『いまの20代や30代のみなさんは、親世代と同じように、住宅、車、保険、そして教育の支出を積み重ねていくと、将来たいへんなことになってしまいます。』と脅されてしまいます^^;

この様に脅されると、不安を駆り立てられ、無闇に節約をしたり無闇にリスクをとって増やそうとしてしまうケースが多くなったり、お金を貯める、殖やすこと自体が目的になってしまったりします。

しかし本書では過剰な節約や投資をするのではなく、住宅、車、保険、教育といった人生の大きな支出に対する構造改革を行うことで、いまと未来へのお金の振り分け方を明確にし、それを通じて正しいお金との付き合い方を著者のすっきりした語り口で明確に解説してくださっています。

>>続きを読む

[2009/08/20 08:02] 書籍紹介コメント(2)トラックバック(0)URLTOP▲

«  | HOME |  »


月別アーカイブ

ブログ内検索

アクセスカウンター(since 2007/1/15)


※オンマウスで過去1週間のアクセス数を表示します

プロフィール

yb

Author:yb
44歳既婚・子1の個人投資家。共働き。インデックス運用を中心とした”受身な”投資でファイナンシャルインディペンデンス、早期リタイヤを目論んでいます。
Macをこよなく愛し、年に2,3回物欲がふつふつと沸いてくるが妻に制されています・・・(涙)
ハーバード大留学するも、英語があまり上達せず焦っています・・・。

Twitterでものんびりつぶやき中!
http://twitter.com/yb_passive

・メディア掲載履歴
「日経マネー 2014年7月号」(「1億円さん」に聞く 私はこうしてお金を殖やした) (2014/5)
「日本経済新聞 2013年3月6日付」(マネー&インベストメント面)(2013/3)
「BIG tomorrow 6月号」(お金に困らない生き方・稼ぎ方)(2011/4)
「日経マネー 2011年4月号」(幸せなお金持ちの習慣) (2011/2)
「内藤忍 お金の話をしませんか?」(日経マネームック)(2010/9)
「日本経済新聞 2010年2月15日付」(27面家計欄)(2010/2)
「日経マネー2009年10月号」(内藤忍さんコラム)(2009/8)
「しぶとい分散投資術」田村正之著(2009/2)
「日経ヴェリタス第43号(2009年1月4日発行)」(54面スマートライフ)(2009/1)
「日経マネー 2009年1月号」(自分年金1億円マニュアル)(2008/11)
「日経マネー 2008年4月号」(サラリーマン 資産倍増計画) (2008/2)
「日経マネー 2007年12月号」(定年までに1億円!使っても減らない資産の作り方) (2007/10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ybへの連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ証券会社

マネックス証券

STAMシリーズ、eMAXISシリーズなど良質なインデックスファンドを取り扱っています。
3大ネット証券で海外赴任者に口座を継続させてくれるのはマネックスだけです。

楽天証券

メインビークルとして活躍しそうなiShares S&P500 Index Fund (IVV), iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA), iShares MSCI Emerging Markets Index Fund (EEM), iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)をはじめ、超低コストな海外ETFの取扱は大手ネット証券ではNo.1! 日本の海外ETFにおけるリーダー的証券会社です。

SBI証券

なんといってもネット証券最大手!売買手数料が業界最低水準!
2007/06より海外ETFの取扱開始。FX経由で米国ETF購入用ドル資金を用意する事ができ、為替手数料は最低水準です!主要海外ETFは揃っています。

セゾン投信株式会社

市場ポートフォリオを低廉な信託報酬で提供するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは毎月5,000円から積立可能!

ybの愛読投資本

ご注意事項

・当ブログにおける情報を元に投資判断を行い、それにより損失が発生しても管理人は責任を一切負えませんので予めご了承願います。投資判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

・当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。万が一アフィリエイトプログラムを通じて購入された商品によって損害が生じたとしても、管理人は一切責任を負えませんのでご了承願います。

・基本的にはコメント、トラックバックは全て掲載する方針ですが、公序良俗に反する、もしくは当ブログにそぐわない、または宣伝目的のみのコメント、トラックバックは管理人の判断で削除する場合がございます。予めご了承ください。